注目のTale一覧

過去にメインページで特集された全てのtaleの一覧です。
注目の翻訳Taleはこちら
(SCP-ENの翻訳版はこちら)

95. 旅立ち: by Hukazawa_MoaiHukazawa_Moai

  • 俺は"旅人"になる。

94. UIUファイル: 20██-██████: by hannyaharahannyahara

  • SCPって何のことだ?

93. SCP-7308-1: by meshiochislashmeshiochislash

  • SCP-7308は我々の世界に何も残してはいません。

92. クラッシュカイザー: by O-92_MalletO-92_Mallet

  • 『日の本の新たなる神、アハシマを崇めよ』

91. テクニカラー: by soilencesoilence

  • この、「美しい」と思う感情は、あの「色」によるものであると。

90. チェスボード・キラー: by aisurakutoaisurakuto

  • 「チェス盤のマスの数だけ人を殺さねばならないと思った」

89. 閉じゆく野: by ukarayakaraukarayakara

  • 散乱する塗料。足音。振るう筆。落ちる眼球。

88. 「分かってます。それでもいい」: by ykamikuraykamikura

  • かくて、冬美を起用した対MC&D追跡作戦、コードネーム〈ミッション・ブルーホープ〉は始まった。

87. 一筋の気流: by azuki0912azuki0912

  • はやくはやくはやくはやく――もっと、スピードを、

86. 半収容: by ripeya-ripeya-

  • 公式レポートにはあげられず、簡易的な書類と定期的な検査で済ませられる異常存在。

85. 相見えるは緋色の鳥: by ksk-accelksk-accel

  • 「お前に逢うのは初めてだな、緋色の鳥」

84. ノスタルジィ: by 1NAR11NAR1

  • じゆうちょう、と銘打たれたノートの表紙の余白に不格好な、記号化された自画像が描かれている。手に取ってページを開くのに迷いはなかった。

83. 私は博士: by hal_akihal_aki

  • ああ、きっと楽しいだろうなあ。

82. ボブルの嘘っぱち: by suramusisuramusi

  • 突然だけど、ボクはキミたちとお別れしなくちゃならないんだ。

81. Safe Euclid Keter ████████: by lockerlocker

  • GOC日本支部ですか? 私、神山と申す者ですが・・・

80. ベクソンから来た男: by hey_kounoikehey_kounoike

  • 馳戸はそっとウィンドウを閉じ、OSを終了した。

79. 決戦。鰻。: by MitanMitan

  • ッッッ!!!!!!』

78. 泣いて馬謖を斬る: by crow_109crow_109

  • もう全部終わったんだ

77. 罪と罰: by lockerlocker

  • 我々が犯した罪とは何なのだろう?

76. 黒縁眼鏡に魅せられて: by AKQJ10AKQJ10

  • 僕はまだ、彼女にお別れの言葉を告げてない。僕はまだ、彼女に思いの丈を伝えていない。僕はまだ──
page 1 of 212next »

60. 押収文章1129-JP-B(あるいはトンガラシ翁の日記) by Tenten_518Tenten_518

  • 沢山のアヒージョが見てる。

59. "たのしいざいだんlol" by shinjimaoshinjimao

  • 「あれ?」
    育良はもう一度首を傾げた。

58. Why Shy by hal_akihal_aki

  • 北緯31度9分10秒。西経99度27分52秒。

57. 「完成」 20██/█/█ by TVfishTVfish

  • 自分は生身の彼女に会いたかったんだ。会って、「あの子」たちを見てもらって、どう思うか聞いてみたかった。

56. 赤白青を微分せよ by O-92_MalletO-92_Mallet

  • まわるまわるよ 世界はまわる

55. 人でなしどもの願い事 by crow_109crow_109

  • 「よお、ミスター。ご機嫌いかが?」

54. 未完成の絵 by Amateria68Amateria68

  • 完成された芸術とは何か。

53. 若き新人への講義 by ak1-yorunagaak1-yorunaga

  • それでは皆さん、改めて財団へようこそ。

52. 暗闇に目を凝らす by hirose3019hirose3019

  • たとえ、その灯火が持ち手を焼こうとも。

51. せめてもの救いと希望、そして夜空 by Nimono-oishiNimono-oishi

  • ――世界は、僕は案外、美しいものだったのかもしれない。




特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。