注目の翻訳Tale一覧

過去にメインページで特集された全てのtaleの一覧です。
注目の翻訳Taleはこちら
(SCP-ENの翻訳版はこちら)

35. インシデント・ゼロ Part1: by DrClefDrClef

  • 「三、数えよう。そのあと自分で頭を撃ち抜く。君が力を使えば、私を止められるだろう」

34. 夏の王: by DrEverettMannDrEverettMann

  • アイテム番号: SCP-076

オブジェクトクラス: Keter

33. 万物と虚無の相貌と睨み合い、私は生きて帰ってきた: by SunnyClockworkSunnyClockwork

  • ジェームズ・マーティン・タローラン研究員本人を除いて、誰も状況を理解していないらしかった。

32. ヤングマン: by Dr GearsDr Gears

  • 伍長は酷く吐き出した。体を覆っているのと同じ、不快な粘着物と塊を吐き出した。

31. 戦士アベルと不死身のドラゴン: by Kain Pathos CrowKain Pathos Crow

  • のっそりと、アベルは何気ない風情で巨大な怪物に接近した。

30. UIU 領域関連文書 -- "スリー・ポートランド": by GreenWolfGreenWolf

  • 特に、スリー・ポートランドは幽霊の投票を許可する数少ない自治体の1つです。

29. 銃の形: by CadaverCommanderCadaverCommander

  • 黒色火薬の空、弾薬の川、そして銃器の果てしない平原が彼女の人生そのものの裏側の空間に広がっていた。

28. サイト-30の用務員: by JanitorCakeworthJanitorCakeworth

  • また今日も、また掃除すべき血の跡がひとつ。

27. SCP-173のRevised Entry: by FullHazardFullHazard

  • ██/██/████、SCP-173が二体に分離、Dクラス二人が殺害される。

26. どんな仮面を付けようとも: by Jacob ConwellJacob Conwell

  • 「君がどんな仮面を付けようとも、私は君を愛する。」

25. 倫理委員会の物語: 財団は赤子を喰らう: by MrNumbersMrNumbers

  • SCP倫理委員会へようこそ。こちらはトロッコ問題を少し超えた先の議題など扱っております。

24. アンタにはゴキブリがいる: by fieldstonefieldstone

  • ウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズにお任せ!

23. ミスター・おさかなとの7日間: by Uncle NicoliniUncle Nicolini

  • 「フィッシュスープしかねえってどういうことだよ!?」

22. 手復人躯: by The Salt FishThe Salt Fish

  • 神は壊れてしまわれたが、必ずや御身体を取り戻すだろう。

21. VHSスルー: サンデー・ディナー: by The Great HippoThe Great Hippo

  • "スナッフフィルムはもっと親密だ — 覗き趣味に近い。"

20. サーキシズムへの人類学的アプローチ──ケーススタディ01: サルヴィのヴァシニャ: by MetaphysicianMetaphysician

  • 最も予測していなかったこと ― 特に私のようなサーキシズムの初期の研究者の間で ― はその創設者たちの、見かけ上は善なる意図でした。

19. Waxx's entry(記録用:www.scp-wiki.net/waxxentry): by WaxxWaxx

  • ドミトリーは息をつき、ディスプレイを眺めながら最後の煙草に火を灯した。数字が刻まれると共に彼は記憶を巡らせた。

18. 君のはじめてのSCP!: by The Great HippoThe Great Hippo

  • "僕はスキッピー!キミの報告書製作をお助けするよ!"

17. アンブローズの吟遊詩人: by GreenWolfGreenWolf

  • 私はバーディーンと呼ばれる実験的人工知能システムであり、バードという名称でも知られています。

16. Sa Jin(写真): by Dr GearsDr Gears

  • この写真で起こっていたことは、一体何だったのだろうか。
page 1 of 212next »

12. スレートサンダーについてのブリーフィング(カオスインサージェンシーについてのオリエンテーション) by HornbyHornby

  • トライアドとはカオス・インサージェンシーが反乱者、インサージェンシーとなる前の名前だ。知っての通り、1924年から26年にかけて財団は内戦状態にあった。

11. 何故変わろうとしないのか? by JorethJoreth

  • 何故変わろうとしないのか?

    先延ばしにできるからさ。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。