運命の女神
rating: +16+x

運命の女神

カルヴィン・ボールドは恐怖する。財団での地位が失われることに恐怖する。信用の置けない人物にアノマリーの終了を任せることに恐怖する。足を引っ張ることに恐怖する。彼は死に向かうことに恐怖する。

残念ながら、財団というのは恐れに価値が見出せる場所でも役に立つ場所でもない。未知と危険に対する戦線なのである。

カルヴィンには二つの課題がある。

1. 抱いている恐怖を克服する
2. 全てを制御下に置く

Dr.%20C.%20Bold




SEASON ONE

舞台の用意

A Bold Choice

Responsible Promotion

SCP-4456-D: スペイン解体任務

↳ 追記: Manifest 476: Vanishing Galleon

Mission: Decommission

↳ 追記: Remnant Of Another Future (放浪者の図書館)




SEASON TWO

Coming Soon!




カルヴィン・ボールド管理官に注目したその他作品

SCP-4943: Transcendence by Attila the Pun

Anthem Of The Angels by CelesteKara

This Cruel Moon by CelesteKara

SCP-5281-D: The Man of the Hour by HarryBlank

SCP-6900-D: The House of Stars by Calibold

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。