フリーダムクーの提言
rating: +8+x

あなたは俯き、再び手中のナビゲーターを見た。サイトーCN-89を示す光点は、あなたから数キロメートル離れた場所で薄暗く点滅している。スクリーンの微かな光は薄暗い空模様の中にほぼ融け込んでしまった。

さほど離れていない場所の茂みが、騒々しく音を立てて動いた。あなたはすぐさま銃を構え、緊張と共に周囲を見渡した 。 - この辺りには何らかの異常存在や、あるいは敵対するGOIのエージェントがいるはずもないが、しかし山奥に位置するサイトの危険性は、確実にそれらに全く劣らない - ひ弱な人間にとっては。飢えて腹を鳴らした狼や凶暴な熊は、無防備なあなたを死地に追いやるだろう。

幸いにも、すぐに音はしなくなった。もしかしたら、ただの好奇心旺盛なウサギだったのかもしれない。あなたは息を長く吐き出し、傍らに見つけた平らな岩に腰を下ろして、一息つくことにした。

頭上では黒色の太陽が周囲の空を薄暗く照らしており、光輪は太陽の表面を静かに覆っている。この世界では、これは日食の時にだけ見られる光景だ。東方遙か遠くの天幕は重苦しい鉛色を現し始め、黒い太陽は西方に傾いている。あなたは、間もなく夜が訪れることを知った。天が黒くなる前に、サイト-CN-89に到着しなければならない。

時間はあまり残されていない。

あなたはサイト-CN-89へ踏み入った。あなたは眼前の荒涼とした光景に驚きを禁じ得ない…通行証カードも無いのにサイトのゲートは開かれ、セメントの壁には墨が筆で“纵有千古,横有八荒,此乃放逐之地1”と書き殴られている。左側にはまた“你为什么要欺骗我们2?”の“欺骗”二字の下に隠すように、ナイフで深々と“回家”3と刻まれている。

二歩歩いて、唐突にあなたは何かに躓いたことに気付いた。それは手首の位置で切断された右腕だった。その薬指にはダイヤモンドの指輪がはまり、無造作に道端へ投げ捨てられている。そこで、血肉は腐敗しておらず、サイトの職員はどうしてそれを回収するか火葬するかせず、往来で踏みつけられるままにしているのか判らない。ひょっとしたら外に出るのを嫌がっているのか、他の理由があるのだろうか。あなたは無視することに決めた。

あなたは建物に入り、階段に沿って上へ進む。この場所は観測と研究のためのサイトであるため、収容ユニットは設置されていない。奇妙なことは、あなたがこのサイトの通路を進んでも、誰一人職員を見かけないことだ。

F5エリア中央通路を通りサイト管理監室へ向かう。あなたは扉をノックしたが、この動作は徒労に終わった。扉はあなたの一押しで軽々と開いたためだ。すでに主人が替わっているが、ここはかつてクーの執務室で、入るとすぐに高さ四メートルの大型水槽が目に飛び込んできた。彼女は以前“スカーレット”と名付けた一匹のレモンザメを、鮫と鮫を名付けた主人が突然死ぬまで飼っていた。

当然、現在はその水槽は空になっている。新任のサイト管理官は生臭いのを好まないためだ。あなたは手帳でこのことを読んだ。あなたの右側には、一台のパソコンがある。スクリーンセイバーは微弱ながら白黒に点滅し、訪問者へパスワードの入力を指示している。

あなたは、パソコンの前に座った。




警告!


当該ドキュメントの取得にはレベル4/001クリアランスが必要です。クリアランスを取得していない、あるいは財団設備登録のなされていないアクセスは全て侵入と見なされ、即刻Red-Killerレベル致死性ミームが展開されます。



あなたは警告されています、そしてこれは最終警告です。





パスワード入力 ________________________________
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。