暴食は不可能である
rating: +9+x

カーテン。照明、スポットライト。

拍手、そして静寂。カーテンが上がる。

プロメテウス研究所ブランドの時間加速錨チャンバー。

女性の身体、裸体、魂の欠落、複製。パフォーマンスは破壊的なものになるだろう。

女。

彼女はマイクを手に取る。

マズローは人間欲求の階層構造の頂点に、水、暖かさ、休息と共に空腹を置いた。己の飢えを満たす必要性は非常に根源的な本能であり、我々の精神に深く根付いているので、無視することはできない。飢えは正直な人間に盗ませ、物乞いを当然の行いとさせ、罪へと駆り立てる。平たく言うと、人間の精神は長期間にわたって腹を減らしていることを許さない

控えめな笑い声が群衆の間に流れる。

アナーティストはうっすらと笑う。

先進国の市民である諸君や私にとって、これは然したる問題ではなく、恐らく今後も決して問題にならないだろう。食事は非常に豊富にある、満足できなければ廃棄すればいい。誰が一番多くの量を食べられるか競う大食いコンテストさえ、我々は開催している。私たちが当たり前と考えるものは、恵まれない場所の人々にとっては贅沢だ。

昨年、タイは過去100年間で最も壊滅的な地震の被害を受けた。国際連合は最善の努力を尽くして災害に見舞われた人々への食糧供給を試みているが、彼らのリソースにも限りがある。何と残酷な話だろうか — 芸術のためなら飢えてもいい私は意のままに身体を取り換える贅沢を楽しめる一方で、彼らは月にせいぜい1回しか食事ができないのだ!

居心地の悪い沈黙。

富裕層は自らの特権を理解していて、それを指摘されるのを好まない。

さて、何も食べずに数時間過ごすのは特に問題ではない。1日でもこれといった影響は無い。しかし1週間ならどうだろうか? 10年? 1000年?

息を呑む音、呟き、衝撃を受けた囁きが彼女の大胆さを迎える。

彼女は服を脱ぎ、チャンバーに歩み寄って1000年にセットする。

狭い。窮屈だ。彼女のヴィンテージはどんな風味がするだろうか?

助手がステージに駆け上がり、アナーティストが入ったチャンバーを密封する。






そして始まった。










身をよじる。

萎びてゆく

呻く。


しかし死なない。



生きている。

死んだように見える



彼女は殻だ

弱々しく、脆い



幽かな、蒼褪めた影




生きてはいない、生存している。



生に捕われて。





































2368年度 スリーポート・ギャラリア展覧会

表彰状

賞: デサイ賞

受賞者: ヴァレリー・シンクレア

目的: 人体を芸術のキャンバスとして利用し、媒体をその真髄まで探求するアナーティストを記念するため。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。