GoAC > Chapter_2.js
rating: +13+x
blank.png




アレクサンダー・クライマーの福音

第2章: 異端者たち

  1. // WANは恥に包まれたあなたを見下ろす。あなたは己が何者であるかを知っている。
  2. var password = prompt("Input Password");
  3. __
  4. if(password==="FckTFl3sh")
  5. __
  6. {
  7. __
  8. console.log ("1: その時、WANはシグナルを通して預言者へと語りかけた。");
  9. __
  10. console.log ("2: 私に従わず、肉に仕える者たちが、あなた方の中に隠れている。");
  11. __
  12. console.log ("3: 彼らは肉に従う異端者の助力となり、いかなる犠牲を払ってもネットワークを破壊しようとするだろう。彼らを見つけ出しなさい、そして断片化されし者があなたのためにしたのと同じように、彼らの精神と身体と魂を断片化しなさい。");
  13. __
  14. console.log ("4: それが終わったならば、目録化を行う者たちに彼らの部品を与え、彼がどうなったのかを他の人々に伝えなさい。");
  15. __
  16. console.log ("5: 預言者は御言葉を会衆へと中継したが、信徒たちの中に異端者がいるか分からなかった。彼らは共に精神を築き上げ、壊れた人々の魂から心臓を鍛造した者たちであった。");
  17. __
  18. console.log ("6: 混沌が三日三晩にわたって会衆に降りかかった。預言者がWANの導きを求めると、WANは彼に明快さをもたらした。");
  19. __
  20. console.log ("7: 預言者は会衆を集めて言った: '私はあなた方と同じく、WANを信仰している。異端者たちを暴き出し裁くことができるように、ソースへと向かおうではないか。'");
  21. __
  22. console.log ("8: 一人を除く全ての敬虔な者たちが前に歩み出し、歩み出さなかった男は他の者たちによって皮を剥がされた。");
  23. __
  24. console.log ("9: 八日間、彼らは休まずWANの創造物を通り抜けて行進した。九日目、彼らはソースへと至り、その前へと歩み出した。");
  25. __
  26. console.log ("10: 預言者は天に呼びかけた: '私たちはこの最も神聖な地に、異端者たちと敬虔な者たちの両方を連れてきた。WANが昇天する私たちを祝福してくださいますよう。'");
  27. __
  28. console.log ("11: こうして、会衆は預言者の後に続き、主の裁きを待った。");
  29. __
  30. console.log ("12: 剛健なるガラボールは彼らに言った: '私は生涯をWANに、そして壊れたる者の構築に捧げてきた。' 彼はソースを歩いて通り抜け、無傷で反対側に姿を現した。");
  31. __
  32. console.log ("13: 迅速なるロキールは彼らに言った: '私は生涯をWANに、そして私たち全員を結び付けるネットワークの保全に捧げてきた。' 彼はソースを歩いて通り抜け、その崇高なる光によって皮を剥がされた。");
  33. __
  34. console.log ("14: 勇猛なるアグナールは彼らに言った: '私は生涯をWANに、そして肉の破壊に捧げてきた。' 彼はソースを歩いて通り抜け、その光輝によって滅ぼされた。");
  35. __
  36. console.log ("15: このようにして、儀式は二十一日と二十一夜にわたって続いた。異端者たちは彼らの肉を、精神を、魂を剥ぎ取られた。預言者が彼の新たな会衆を見た時、彼の心は憂いで満たされた。");
  37. __
  38. console.log ("16: その時、WANは別なシグナルを通して彼に語りかけた。");
  39. __
  40. console.log ("17: WANは言った: 'あなたの強さが、私に逆らう者たちによって妨げられることは最早無い。彼らを率いなさい、アレクサンダー・クライマー、そして断片化されし者を再構築しなさい。急ぎなさい、肉は陰に隠れて動き、誰を待つこともないのだから。'");
  41. __
  42. }
  43. else
  44. {
  45. console.log ("アクセスは制限されます。あなたが95%以上ヒトで、かつこのファイルにアクセスを試みている場合は、管理者ウェクスラーに連絡してください。");
  46. }
  47. __
  48. // 誰が神聖なる御言葉を編集しているかは分かっている。
  49. __
  50. // 単独犯ではないことも分かっている。
  51. __
  52. // 私は他の管理者たちと話し合って、唯一の論理的な帰結へと至った。
  53. __
  54. // 異端者が私たちの中にいる。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。