GoI-1995-DE「驚異の小部屋」
rating: +7+x
blank.png

「私は願いを叶えられる。でも、全ての願いが現実となるべきではないわ」

- ミラビリス女史


団体番号.: GoI-1995-DE 「驚異の小部屋」
構成員: 現在約6名と推定
資力: 年間約1万5千ユーロ、異常な能力、空間的異常
ステータス: 活動中
説明: この組織は異常な人物による小規模な団体であり、異常を販売する事業を保有しています。この"驚異の小部屋"という名で経営されている団体は、早くとも2000年5月1日から存在しています。ここの製品は童話やその他神話から着想を得ているようです。活動は欧州で記録されており、その大半はドイツ語圏です。この団体がこれまでの領域外でも時折活動しているという他支部からの報告も増えてきています。SCP財団は唯一知られている店舗を襲撃することで、その構成員か少なくとも情報を得ようとしました。店舗が既に発見できなくなってしまうため、この試みは毎回達成できませんでした。また、団体の構成員がどこにいるかの証拠がなかったため、作業場を介して構成員に辿り着くことは不可能でした。顧客と選択された人物のみがアクセスすることができる理由の説明として、超ミーム1の影響が予測されています。
特別要注意人物:
PoI-1989-DE ミラビリス女史は現在証拠に基づき指導者であると考えられており、SCP-124-DE-1の発見を通じて1995年に初めてSCP財団と接触しました。現時点で彼女の目的は不明です。彼女は幾度か間接的・直接的に財団と接触しました。その際彼女は特定の話題に関する意見を書面や電話を使って述べました。彼女は他の要注意団体に関して率直に述べ、部分的に協力するのを厭いません。
他の人物: 幾つかの事件の間に、特異性や異常な性質を持つ5名の人物がさらにこの要注意団体の構成員として認識されました。彼らが潜在的な危険をもたらす可能性があるかについての情報は現在不十分です。しかしながら、この団体は他のGoIの構造に関する知識を保有しているようです。これは一部の人物がこれらの団体の元構成員であると特定されているためと思われます。
結論:
追って通知があるまでは、GoI-1995-DEは脅威レベルカルメン-2に格下げされ、これらの追跡は現在最優先事項ではなくなりました。この団体の構成員として特定されている人物との全ての接触は目下記録されるべきです。可能ならばMTF38-レナが介入するのに十分な時間が取れるように、この人物を拘束するか発見したオブジェクトを確保するべきです。
— O4-8
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。