Gpエクスプレス・ロジスティクス株式会社ハブ
rating: +28+x
So-hard-to-use.png

Gpエクスプレス、迅速、安全、安心。



理念

Gpエクスプレス・ロジスティクス株式会社(以下: Gpエクスプレス)は2014年10月に設立されました。弊社はマーシャル・カーター&ダーク株式会社の物流部門を前身としており、現在は親会社を離れ、Gpという商標とGpエクスプレスという社名をもって、単独でロジスティクス経営を展開しています。中国や香港、インド、ロシア、日本に支社を持つほか、35000を超える配送拠点を設置しています。
Gpエクスプレスは迅速、安全、安心という理念に基づいた経営を続けており、お客様に高品質でコストパフォーマンスに優れた配送サービスを提供しております。世界をリードする、総合的なロジスティクス・カンパニーを目指して、弊社は尽力していく所存です。

テクノロジー分野の新時代において、Gpエクスプレスは科学技術を根幹として、ロジスティクス業界の発展を牽引しています。
現在、弊社は生物や化学、物理、異常物品の配送サービスを扱うと同時に、世界で最大の輸送技術研究団体に成長しました。数兆ドルを超える投資を行っており、パラテクノロジーを中心に、奇跡や超常技術による輸送を発展させています。運送設備は数百種類を取り揃えており、お客様によるオーダーメイドも承っています。

私はGpエクスプレス・ロジスティクスの総裁、スケイヴン・イディアルと申します。皆様方に対しまして、心よりご挨拶申し上げます。

%E7%AD%BE%E5%90%8D.png

Gpエクスプレス・ロジスティクス(略称: Gpエクスプレス)はマーシャル・カーター&ダーク株式会社より独立した要注意団体で、かつてはMC&D物流部門でした。GpエクスプレスはMC&Dに所属していないことに注意してください。現在、MC&DはGpエクスプレスの得意先の一つとして、長期ロジスティクス提携協定に署名しています。

Gpエクスプレスの総裁であるスケイヴン・イディアルは2001年、MC&Dに入社。当時は荷物の発送管理を職務としていました。

スケイヴン・イディアルがMC&D物流部門を立ち上げた理由は、MC&Dが当時、委託していた運送会社の過失で荷物を失い、財団に収容される事態となり、莫大な損失を被ったことにあります。MC&Dの3幹部による資金援助を受けたイディアルは、後のGpエクスプレスとなるMC&D物流部門を設立。MC&Dの資源を利用した輸送技術の研究に乗り出しました。

スケイヴン・イディアルはその性格と強い野心から、迅速、安全、安心という理念の遵守を第一に心がけました。職員は命を引き換えにしてでも荷物の安全を保つことが求められ、給与や福利厚生、装備は自然と充実したものになりました。やがて、物流部門はMC&Dにとって不可欠な存在となっていきました。

その後、MC&D物流部門は肥大化し、MC&D単体では膨れ上がった研究費用を賄いきれなくなりました。これを受け、MC&D物流部門の分離について議論されるようになり、最終的にスケイヴン・イディアルは協定に署名。MC&D物流部門はGpエクスプレス・ロジスティクス株式会社と名付けられ、MC&Dが最大の株主となりました。イディアルはGpエクスプレスの総裁へと昇進し、ロジスティクス・サービスを外部に向けて開放しました。

Gpエクスプレスはその後、世界中の様々な異常組織に受け入れられ、大量の注文を獲得。活動範囲は以前よりもずっと広がりました。資金が増えたことで、研究の立て直しも加速。アノマリーの収容・輸送プロトコルを持続的に発展させていき、財団と肩を並べるまでに成長しました。スケイヴン・イディアルは亜空間転送装置の研究を一番の野望としており、こうした研究はその後、奇跡分野へと発展していきました。現在はまだ試作段階ですが、既に業務へ投入できる水準となっています。


版権所有 GpExpress ©2014-2018

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。