要注意団体-RU

要 注 意 団 体 - RU


ファイル概要: 財団だけが、超常現象、形而上学に興味を持ち、投資を行う団体ではありません。他にも、私利私欲のためか、あるいは人類を守るために、SCPオブジェクトを所有、使用、製作するグループが存在します。その一部はライバル組織であり、一部は財団からの分派であり、一部は財団が信頼する仲間です。いずれにせよ、財団が知る各団体に関する概要(と、それに対するスタンス)を作成し、配布する必要があると判断されました。


腐ち乱れる神の霊峰

概要:腐ち乱れる神の霊峰Gora Gnilogo Gospoda1』は、(90年代半ばから現代に到るまでの)過去数十年間にロシア連邦内で組織された複数のセクトの総称です。国外にこれらセクトの流れを汲む団体が存在するかについては確たる情報がなく、調査が進められています。サーキシズムとの一定の類縁性が幾度となく指摘されてはいますが、「腐ち乱れる神」系カルトとそれとの間にはごく僅かな表面的類似があるのみで、概念的には正反対であるとさえいえます。

一見すると『腐ち乱れる神の霊峰』は分散的かつ諸宗派に別れており、また各セクトごとにそれぞれ全く別々の信仰体系を実践しており、他宗派については教義も知らないことさえあるようです。しかしながらとある証拠から、秘密組織があるらしいことがわかっています。この組織は「喰われし輩の教皇庁Pontifikat Pozhrannykh2」と呼ばれ、このカルトにおける最高位の聖職者によって構成されており、全ての分派の活動の調整・指揮を執行しています。この「教皇庁」に関する確たる情報の収集が、優先課題のひとつとなっています。

『腐ち乱れる神の霊峰』のあまねく全ての分派には、相違点が複数ある一方で、多くの類似点があります。教義の中核をなすのは、ありとあらゆる形態のエントロピーに対する崇敬です。教義の核心たるエントロピーは多くの場合、「腐ち乱れる神」の姿、あるいは『変革を告げるものどもProvozvestniki Perevorota3』と呼ばれる低位の神格の姿で顕現します。後者は、腐敗・崩壊のプロセスの、ある特定の様態を象徴する神格です。時折、信徒らは破壊的現象に対する敬いを、自傷行為や、種々の病気への自発的な罹患(特にハンセン病への感染が好まれる)、腐った食物や有機性廃棄物の摂食という形で示します。その他の類似点としては、共通の宇宙進化論モデル4や美学を持っていることが確認できます。また、頭韻法5の多用も類似点のひとつで、名詞のほか、時には書き言葉や話し言葉にもそれが見受けられます。こうした特有の言葉遣いは、特有の宗教用語の形にまで発展することもあります。当団体特有の宗教的概念・用語(例えば、『ヤエズロイyaezloi』とは、「腐ち乱れる神」の意志にそぐうように対象を変容させる力のようなものを指す。『グルリオランgrlioran』とは、所謂よどみ領域6などからの、ヤエズロイの大量流入を指す。)の使用と前述した特殊な言葉遣いのせいで、セクトの宗教的文書や多くの信者らの話し言葉は、理解が困難なものとなっています。

『腐ち乱れる神の霊峰』は儀礼行為において異常なアーティファクトを積極的に使用します。その上そこで用いられている異常物の少なくとも一部は、外世界にその起源を有し、何らかの形で既知の物理法則から逸脱しています。「腐ち乱れる神」系カルトに関わるアーティファクトの多くが持つ特徴は、それが美的感覚や価値観尺度などといった心理に対して影響を及ぼすことにあります。これらのうち多くは使用に際して健康への悪影響がありますが、その一方で多幸感も生じさせ、依存症の原因となるおそれがあります。

『腐ち乱れる神の霊峰』に関連するオブジェクトとしては、SCP-1121-RUSCP-1195-RUSCP-1200-RUSCP-1243-RUが挙げられるほか、SCP-1299-RUとの関連も推定されています。この団体に関連する全文書は、こちらを参照してください。

[#tocトップへ戻る]

株式会社"ロゴス"

概要: 1990年代、GOCと財団との交渉の過程でプロジェクト"ロゴス"が始動しました。その目的は、心理学的あるいは社会的な影響があり、人類の生活形態や人の心を変質させかねない異常現象を専門的に取り扱う機関の設立にありました (規模の大きい現象が優先的に扱われます)。政府文書では、新設されたこの機関は株式会社"ロゴス"と呼ばれていました。

オカルト連合の勢力拡大に伴い、"ロゴス"は独自に、オブジェクトに関して財団の意に反する理念を示すようになりました。すなわち、破壊を第一義とするようになったのです。その後のこれら2つの組織の激しい対立のうちに、株式会社"ロゴス"はさほど関心が向けられなくなり、大して重要ではないプロジェクトと見なされるようになりました。実際、このプロジェクトは無益でした。財団や連合から独立した(少なくとも█年間にわたる)活動期間のうちに、"ロゴス"の関心事が全くもって変わってしまったからです。その最優先事項は、医療、IT、心理学分野において同社の科学技術を向上させることと、研鑽した技術を実用化することになりました。同社の主な資金源は、とある7大規模な合法の持株会社となりました。なおこの持株会社は合同会社"[データ削除済]"のコンピュータを生産しています。

株式会社"ロゴス"の詳細については、添付文書をご覧ください。

*更新:* 199█年██月██日、株式会社"ロゴス"との連絡が絶えました。すなわちスネジンスク8の特別科学コンプレックスや、コストロマ亜麻産業研究所9のITセンター、プーシチノ10の主要な医療ユニットとの交信が完全に断絶したということです。一方で同社のエージェントは政府と連絡を取り、機密情報へのアクセスやDクラス職員の提供を含む規約すべてを維持しています。同社の今後の動向は不明です。職員には、同社の代表者とコンタクトする際には警戒するよう命じられます。同社の制御を回復するべく計画が立案中です。

*更新:* 199█年██月██日、財団は同社所有施設への襲撃計画を実行しましたが、最後通牒およびセクター武装警備隊という形で、GOC側から抵抗を受けました。負傷者はありませんでしたが、任務は中止されました。

*更新:* 201█年██月██日、株式会社"ロゴス"経営本部施設が移転し、現在はモスクワ近郊の科学都市ナウコグラードスコルコヴォ11にあることが、財団の知るところとなりました。

株式会社"ロゴス"に関連するオブジェクトとしては、SCP-1187-RUSCP-1192-RUSCP-1196-RUが挙げられます。この団体に関連する全文書は、こちらを参照してください。

左利き

概要: "左利き"とは、未だ正体不明な発明家の偽名です。犯罪組織に対し、同氏自身が製作したらしい様々な異常機器や異常物質を提供しています。「左利き」が財団の存在を知っていることは断定できていますが、財団への敵対行為は今のところ一切ありません。とはいえ、「左利き」の身柄確保がSCP財団ロシア支部の優先課題のひとつであることに変わりはありません。

「左利き」に関連するオブジェクトとしては、SCP-1005-RUSCP-1011-RU-VSCP-1040-RUが挙げられます。この団体に関連する全文書は、こちらを参照してください。

"ミート・サーカス"

概要: "ミート・サーカス"なる団体については、過激な人体改造をしているということを除けば、ほとんどわかっていません。その結果出来上がった"作品"は、販売に回されているようです。"ミート・サーカス"の作品に共通する特徴は、組成不明の黒い金属でできた様々な器具が挿入されていることや、ローマ数字の形に彫られたタトゥーがあることです。

この団体による最初の活動の発生は2███年の機動部隊基地[データ削除済]に対する攻撃であると思われ、その最中、"ミート・サーカス"のメンバーにより多数の財団研究員および機動部隊エータ-█("スズメバチ")隊員らが誘拐されました。同年3月、サイト-█付近で同部隊の2名のエージェントの死体およびまだ生きているF████博士が発見されました。3名とも後頭部の髪が剃られ、ラテン文字の"F"のタトゥーが彫られていました。現在まで"ミート・サーカス"は幾度となく財団職員との衝突を引き起こしてきました。

"ミート・サーカス"に関連するオブジェクトとしては、SCP-1016-RUSCP-1081-RUSCP-1280-RUが挙げられます。この団体に関連する全文書は、こちらを参照してください。

"プログレス"研究所

画像差し止め中

概要: この団体は1920年代にはすでに成立しており、科学技術の実用化を目標としていました。その目標のもと、"プログレス"研究所はソ連の理想主義的科学者らを団結させ、ソ連人民や全世界の利益を目指して、研究開発に従事していました。同所はその活動により、最高の政治社会体制、すなわち真の社会主義の実現に向けて歩まんとしていました。『超人』の創造、宇宙探査、異世界へのポータルの開通、人類の脳の改良、『集合意識』や思考電子演算機の製作、地球外文明とのコンタクト、ユートピアモデルの構想、産業および農業における革新的技術、新たなる連絡・交通手段、未来型都市…。『プログレス』研究所所属の、純朴な理想主義者たちの活動の主たる方針には、そういったものが含まれていました。ただ研究所は非常に大きなネットワークを有していたにも関わらず、同所の成員数は████人を超えることはありませんでした。

"プログレス"研究所が長年運用されるうちに、ソビエト政権と研究所所員らとの間の対立のほどは常に深刻化していました。同所による幾多の発明品は機密指定され、民生に送り出されることはありませんでした。最終的には、ソビエトの現実に、そして在りし日の志が失われてしまったことに失望した『プログレス』研究所所長・コヴァレフ研究員が、オペレーション"ふくろねこ"を立案・実行しました。同作戦中に大部分の研究者が失踪し、同所のアーカイブや設備も消失あるいは破壊されました。

後年のKGBによる調査の結果、ソ連や旧ソ連構成国の一般の人々から、多数の異常機器や異常物品が押収されました。これらは『プログレス』研究所の手によりその失踪前に拡散されたもののようです。同所の所員は今も消息が掴めていません。しかし多数の証拠から、国際的な異常物市場や個人の所有物に、同所の新発明品が稀に流通していることが断定されています。この団体は今も活動を続けているようです。こうした異常物は地球の人々に対する『ささやかなプレゼント』なのだと考えられています。一方でこの団体自体はおそらく異次元に存在しており、そこで同所の初志を貫徹しようとしているようです。

この団体に関連する全文書は、こちらを参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。