準要注意団体-ZH

要注意団体-ZH|準要注意団体-ZH

準要注意団体-ZH


ファイル概要: 要注意団体-ZHと比べ、以下にリストアップされた潜在的超常組織の資料は不正確かつ僅少です。リストへの掲載を希望する際は、こちらをクリックしてください。


青色倶楽部

概要: 青色倶楽部はある匿名の企業家によって設立された組織です。拠点は台湾に置かれており、会員は世界各地に分布しています。会員の収集・鑑賞欲を満たすため、倶楽部はさまざまな芸術・工芸品を購入/制作し、競りにかけたり収蔵したりしています。これらの中には異常な物品が含まれることもあります。

青色倶楽部は確固とした体制と運営方針を保持しており、組織構成には明確な階級制度の存在が確認されています。また、会員は異常な収蔵物を利用して、奇跡能力の増強/行使を図っているとみられます。

財団は青色倶楽部と提携関係を結んでおり、収蔵できない異常物は財団に送られ、こちらで収容されることになっています。同時に、倶楽部は財団にスタッフを派遣し、収容作業の補助にあたっています。このほか、倶楽部からは定期的に多額の金銭援助を受けており、繁中支部の資金源の一つとなっています。

倶楽部の目的はMC&Dに類似する一方、異常でない物品も対象とする点、いくら金を積まれても、芸術品を会員以外に触れさせることが無い点に違いがあります。

関連作品:
SCP-ZH-127
SCP-ZH-687
SCP-ZH-748

新四山小学校

概要: オリジナルの四山小学校は1951年、香港・茶果嶺において開設されました。しかしその後、同校は生徒不足に悩まされ、80年代に閉校しています。1993年、教職員やOBの一部が新茶嶺において新四山小学校を建設。伝統的なカリキュラムに加え、視覚芸術科・情報技術科・総合学習科には超自然的な知識を取り入れており、香港で初めて超自然教材を使用した小学校となりました。

一方、注目すべきことに、新茶嶺の教育機関は大抵、異常/超自然との結びつきが極めて強いにもかかわらず、教育局1の学習指導要領を依然として踏襲・延伸させたカリキュラムを使用しています。

新四山小学校のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

ロフィア工芸社

xkNlNyc.jpg

概要: ロフィア工芸社は異常な芸術品の販売を中心事業としている企業で、作品の制作や転売を資金源にしています。社内では作品から人事異動、業務に至るまで、厳格な管理制度が敷かれており、外部にはロフィア工芸社と名乗り、顧客であっても注文の形でしか連絡を取ることができません。財団が収容しているオブジェクトは数件のみであり、同社に対する理解は深くありません。

ロフィア工芸社は顧客の反応や作品の状態を非常に気にかけています。財団もオブジェクトを収容していることから、不定期に同社より情報を受け取ることがあります。今の所、同社の所在地を逆探知することはできていません。一部の要注意団体は同社の顧客となっており、多数の取引を行っています。

関連作品:
SCP-ZH-041
SCP-ZH-405
SCP-ZH-510
梦艺天道行(TV345/7YUT8/5GDL6)
木易藏书阁目录 伪-六二一《鬱金香》

ロフィアのタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

遠己生医集団

概要: 遠己生医集団は台湾の著名な民間医療・バイオテクノロジー企業で、創立から30年以上の歴史を有しています。高雄市、嘉義市、新竹市、新北市新庄区などに医療施設を設置しているほか、バイオメディカル製品の研究開発・販売事業を展開しています。全体的には"まとも"な組織と言えるでしょう。

しかしながら、2019年以降、多くのSCiPが同グループとの繋がりを指摘されるようになりました。幹部層はサーキック・カルトとの接触が疑われており、SK-BIOに似たバイオテクノロジーを開発に導入していると推測されます。一方で、少数のプロジェクトを除き、事業の大部分は未だ正常の範囲内にあります。また、事務員やスタッフの多くも超常コミュニティの存在を知り得ていません。

当該企業は台湾において高い社会的影響力を保持していることから、根絶は不可能かつ不必要だとみなされています。財団や他の超常組織に対しては殆ど無認知とみられており、財団は現在、グループ幹部の監視や内部データベース・病院への潜入にリソースを充てています。詳細に関しては、財団バイオ医学会にお問い合わせください。

関連作品:
SCP-ZH-610
SCP-ZH-194
SCP-ZH-010

截門

概要: 截門せつもんは鄭氏政権2期に設立された組織です。今の所、既知のメンバーはすべて神格実体であり、未確認のネクサス──"碧遊"を中心に活動していることが分かっています。外部では潜伏かつ目立たずに行動しているため、当初はその存在が疑問視されていました。しかしその後、情報収集部門が関連情報を入手し、綿密な調査を実施。各方面からの証拠を照らし合わせた末に、当組織の存在が証明されました。

情報によると、組織内では合議制が採られており、下層メンバーの選んだ長老による議会が内政を決定・遂行しているとされます。また、外部では隠密に長けた一部メンバーが社会より切り離された神格存在を勧誘しているほか、他の組織から支援を受けていることも確認されています。

截門の活動は近年、徐々に盛り上がりを見せており、過激化のリスクに留意する必要があります。

関連作品:
惊蛰

茶嶺常備隊

概要: 茶嶺常備隊は第二次世界大戦期、香港の異常空間・新茶嶺で活躍した超常武装組織です。全盛期には60人前後のメンバーを擁していました。当組織は異常空間の特性や小型のアノマリーを活用し、日本軍に対して遊撃戦を展開すると共に、占領期新茶嶺における治安活動を引き受けていました。終戦後、当組織は解散し、メンバーの大半は新茶嶺内の他の組織に吸収されました。

現在、元メンバーが持つ情報は超常史研究において重大な価値を有することが分かっています。新茶嶺とヴェール下での和平を確立して以来、財団は常備隊の関係者を取材して回り、得られた情報をアーカイブしています。

関連作品:
对欲肉教的人类学进路03-案例研究03:香港新茶岭的卢亭人
香港特区异常选区资料库:新茶岭选区
両儀通 異常空間覚書帳目録 第〇二二番

三垣

FQABfJU.png

概要: 三垣は繁中地区においてO5議会に相当する存在です。当組織に関する情報にはさまざまな矛盾がみられ、確信できる特徴は以下の3点に留まっています。①ZH支部の関連区域でのみ活動している。②ZH区域において、三垣は際立って高い権力と地位を有し、時にはO5にも匹敵する。③三垣が編成する部隊には古星官(古代中国人が作ったアステリズム)の名称が含まれる。これ以外の情報は錯綜しており、大量の衝突と矛盾が存在します。

関連作品:
[[族繁不及备载

ポリジー雑貨株式会社

aa.png

概要: ポリジーは中小規模の異常なOEM3メーカーであり、異常性を持った日用雑貨を中心に生産しています。中国本土、香港および台湾での事業展開と工場操業が確認されており、近年では東南アジア一帯にも漸次的に進出しています。また2008年、ポリジーはアメリカのスリーポートランドに上場し、欧米への販路拡大を始めています。

一方で、昨今の競争激化に伴い、ポリジーの経営には徐々に問題が表出。今後の方向性について、社内の意見は分かれに分かれています。

OEMメーカーという性質上、ポリジーの関わった製品の特定は非常に困難です。財団や他の組織に対し、社員は敵意を持っていないことが確認されているものの、上記の関係は今後、社内改革によって変化が生じるとみられ、接触する際は依然として特段の警戒が求められます。

関連作品:
卡嚓……卡嚓……
成為一個工廠領工
訂單編號:P-5363

満州国異常弁公室

概述: 満州国異常弁公室は1932年から1945年までの間、満洲国に存在した要注意団体です。弁公室が所属する政権「満州国」について、中華民国および中華人民共和国は承認しておらず、このため両国からは「偽満異常局」「偽満洲異常処」とも呼ばれています。

弁公室は理屈上、「満州国政権管轄地域における異常事件の調査、追跡および収容」を趣旨として設立されたもので、最高指揮権は満州国皇帝・愛新覚羅溥儀にありました。しかし、多くの情報や内部資料、人員構成から判断するに、実権は日本陸軍の要注意団体「負号部隊」が握っていたとみられ、真の目的は満州領内の軍事転用できる/実験に使える資源を奪取することにありました。また、当組織は日本の多くの異常工業組織や技術研究組織と協力関係を結んでいました。

1939年、弁公室は満洲の国防を一段と自力更生させるべく、吉林省に「満州国異常省学校」を設立し、人員の現地育成を行うようになります。

ソ連の東北三省への侵入に伴って、弁公室は1945年8月25日、完全に崩壊しました。関連するアノマリーや資料、人員は中国本土や日本などに散らばり、他の要注意団体に吸収されています。

関連作品:
《王道異土-偽滿洲國異常辦公室特展》場刊
満州国異常弁公室隊歌

天已堂

wZDEd9c.png

概述: 天已堂は1980年代の末頃に成立した組織です。彼らは元々、大規模なマフィアに所属する、超常関連の物品や知識を専門に研究・運用するグループでした。1990年代に入ると、親組織を離れて独立し、今では台湾の本省人系黒幇4に変貌しています。既知の構成員は数千人に上り、いくつかの部会5を台湾全土に遍く設置しています。部会同士に主従関係は無く、地位は対等で、担当する職務・事業にもはっきりとした区別が存在します。今のところ、一部の部会は他の準要注意団体「有村組」との間に一定の友好関係を築いていることが判明しています。

台湾を起源としているものの、既知の構成員は主要な活動エリアを香港および中国沿岸の細々とした都市にまで拡大させており、日本やアメリカ等においても少数ながら活動の痕跡が見つかっています。

天已堂の内部には超常的な人型実体が少数存在していますが、財団の初期資料によると、構成員の多くは大抵、アノマリーに対する理解が不足しており、自力で超常物品を製造する能力も無いとされています。

関連作品:
訂單編號:P-5363
蛛網國際安保報告書 CI-S-057:霓虹兔電子遊樂場
異常蕈類資料單-漁民香菇
年獸爭奪戰

和朝義

received_621641688763969.png

概述: 和朝義は香港を中心に活動する異常な三合会6です。現在、その勢力は他国の華人社会にまで広がりを見せ始めています。

組織の歴史は清末まで遡ることができます。当時、香港植民地にて工会7が成立し、工会を土台とする大型の三合会「和字頭」が生まれました。その後、和字頭の枝組織として派生したのが和朝義です。このため、和朝義の内部では伝統的な三合会の組織構造が依然として保たれています。しかしながら、大部分の枝組織と同様に、和朝義も60年代には相対的な独立状態になっていました。

和朝義は勢力のさらなる拡大を求めていることから、異常物品の使用や製造、異常な人型実体の勧誘に積極的です。とりわけ、香港各地の「童党」8を支配し、構成員の主要な勧誘ルートとして利用しているのは特筆すべき点です。

目下入手した資料によると、和朝義と世界各地の華人居住地における異常事件には比較的明確な繋がりが見受けられます。高度な伝統を保ち、秘密主義的な構造を採っていることから、当組織の勢力は徐々に縮小しています。それでも、ヴェールと各地の治安に対しては、今もなお明らかな脅威であり続けています。

関連作品:
遠東零號專隊卷宗:E-0249
SCP-ZH-031
異常蕈類資料單-漁民香菇
忠臣最後的歸宿
反異常有組織罪案特殊行動報告:代號「反黑」

中華人民共和国国家安全部異常十九局

概述: 中華人民共和国に所属する政府系の超常組織であり、国安十九局・異常十九局と通称されます。当組織は自国の国益のため、アノマリー関連の研究と応用を目的に活動しています。多くの資料によると、十九局は近年、超常兵器の開発およびスパイ工作等、ヴェール協定に抵触するような活動を複数主導しているとされ、これには中華民国の主権を超常的手段で侵害しようとする事例も数多く含まれています。財団中国支部には十九局の浸透と統制の形跡がみられることから、情報データの管理には特段の注意が必要です。

関連作品:
SCP-ZH-451 反對者與蠕蟲
中國國安部,不應存在的十九局

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。