要注意団体-PT

要注意団体-PT


財団だけが超常現象や形而上学に興味を持ち、投資しているのではありません。他にも、様々な理由でパラテクノロジーを所有したり、使用したり、開発しているグループがいくつかあります。

以下のアーカイブには、特にポルトガル支部の管轄領域で活動している著名な幾つかの要注意団体が記録されています。



ブラジル超常現象監督局

~ SBP ~

活動状況: 活動停止。

説明: ブラジル超常現象監督局は、ブラジル軍事政権によって設立された政府の軍事・諜報機関でしたが、1992年に発生した事件により壊滅的な打撃を受け消滅しました。数十年間の対立を経て、構成員らはポルトガル支部に吸収されています。

軍事政権下のブラジルにおいて監督局は政治的・軍事的な作戦を通じた領土内でのヘゲモニー活動を通じて、しばしば財団(及びその他要注意団体)に損害を与えていました。

監督局はブラジルの技術、特に軍需産業の技術開発を重視しており、異常現象の研究や封じ込め、破壊、開発、生産を行っていました。その管理は、国防省、共和国大統領、ブラジル軍の上層部が行っていました。

監督局は国家機密であるため、監督局の存在を証明する証拠を持っている組織や個人はごく少数にすぎず、監督局がどのような組織かを説明できる人物はさらに少ないです。

分野: 軍事、科学、技術

組織: 大統領と防衛省によって任命された総監が組織の管理運営を管理し、それぞれの部門の管理者を任命していました。これらの管理者は、プロジェクト等の調整を行いました。

これらのグループにはリーダーが存在し、進捗などを部門長に直接報告していました。研究やプロジェクトは、関連する政府や軍の関係者から依頼されたり、特定のケースでは科学者自身から依頼されたりしていました。

軍上層部によって指名された司令官は監督署の軍事資産の管理と作戦行動に責任を持っていました。監督署内でもブラジル軍の構造は維持されていました。

財団との関係: 敵対的。

タグ: あなたの記事にこのGolが登場する場合はブラジル超常現象監督局タグを付与してください。

関与:



異常科学アカデミー

~ ACA ~

活動状況: 活動停止。

説明: 異常科学アカデミーは、ポルトガルの統治下にある地域、ポルトガルが影響力を保持している地域で、超常現象に関連した科学的研究を行う独立した学術機関です。

アカデミーは何世紀にもわたって存在しており、2つのポルトガルの組織(1つはポルトガル王室に関連する組織、もう1つはアントニオ・サラザール1のエスタド・ノヴォ2に関連する組織)とエヴォラ大学のものを継承してきました。アカデミーは何度も再編成され、現在の時代に合わせた近代化が行われてきました。

アカデミーは、「異常」と「普通」の二つの分野で構成される複数の学問分野を持つ学術機関であり、両方の分野がそれぞれ大学として機能しており、それぞれの大学でどちらかの技術や知識を開発することができます。

アカデミーは1992年にポルトガル支部と合併しました。

分野: 科学、教育、技術

組織: 理事会は、大学の運営を管理し、学長を任命して大学を主宰していました。教授は学長に任命されて研究チームを組織していました。

階層的な組織と一般的な機能性は、通常のアカデミーのそれと同一です。

財団との関係: 友好的。

タグ: あなたの記事にこのGolが登場する場合は異常科学アカデミータグを付与してください。

関与:



テクノタウマトルゴス

~ OTM ~

活動状況: 活動中。

説明: テクノタウマトルゴス(Technothaumaturges)は、工学や他の科学に関連した他の技術的な道具を組み合わせることで、パラテクノロジーを開発するために魔術を利用する個人で構成された社会組織です。

彼らが開発した技術は一般には公開されず、主に内部利用のみを目的としています。

この組織が第一次産業革命前後から存在していたとする証拠があります。

分野: 科学、工学、魔術、技術

組織: 管理者協議会は、運営やその他の活動を管理するために運営責任者を任命し、その責任者は責任を持つ活動を指揮します。

とはいえ、メンバーは自主的に活動することを選択することも可能です。

財団との関係: 友好的。一部の科学技術の魔術師構成員は財団での勤務経験があります。

タグ: あなたの記事にこのGolが登場する場合はテクノタウマトルゴスタグを付与してください。

関与:

  • [アクセス拒否]



塔とValor3の騎士団

~ AOTV ~

活動状況: 活動中。

説明: 塔とValorの騎士団は、一般の神学と独自の神学の両方の観点から、宗教的なカルトや文化に関連する遺物を集めようとする学術的・軍事的な組織です。

塔とValorの騎士団の政治的、社会的、文化的構造は、ポルトガルにおけるテンプル騎士団の歴史的ルーツに深く根付いています。

この組織には、「三徳の掟」と呼ばれる掟があります。 尊敬、粘り強さ、思いやりという三徳の掟は、彼らのライフスタイルと、"Valor "と呼ばれる異常物質の使用に関連する能力に本質的に関連しています。

この組織の構成員は学者、軍人、慈善家、政治家など様々ですが、それぞれのメンバーが騎士団にもたらす変化は何よりも高く評価されています。

分野: 軍事、学術、宗教

組織: 騎士団長と議長は"表彰者の評議会"によって選出されます。これらは組織を管理する権限を保有しています。 メンバーは、階層的なランクに振り分けられ、それぞれのランクごとに権限があります。

財団との関係: 中立

タグ: あなたの記事にこのGolが登場する場合は塔とValorの騎士団タグを付与してください。

関与:



レリカリオ

~ OR ~

活動状況: 活動中。

説明: レリカリオはメンバーの政治的・経済的な影響力を拡大するために、あるいはそれに使用するために、異常な物を収集する準軍事組織です。彼らは組織化された国際犯罪に関与しています。

分野: 不確定

組織: 不明

財団との関係: 敵対的

タグ: あなたの記事にこのGolが登場する場合はレリカリオタグを付与してください。

関与:



動植物狩猟クラブ

~ CCFF ~

活動状況: 活動中。

説明: 動植物狩猟クラブは、特異な能力を持った生物をスポーツのように狩猟することで、娯楽を求める富裕層の団体です。

このクラブの会員はパラテクノロジーを使用した武器を保有していますが、数も高度に破壊的な資産も持っていません。

クラブは"レリカリオ"の敵であると宣言しています。

分野: 不確定

組織: 選出されたハントマスターと一般会員を持つギルドに似た組織で、実力主義を採用しています。

財団との関係: 中立。財団とCCFFは過去に協力したことがあります。 思想的な違いはありますが、CCFFはポルトガル支部の任務を妨害したり、敵対視したりしたことはありません。

タグ: あなたの記事にこのGolが登場する場合は動植物狩猟クラブタグを付与してください。

関与:



有限会社アノニマス・アイズ

~ OA ~

活動状況: 活動中。

説明: アノニマス・アイズは、異常事態に直接関連する情報を収集することを専門とする民間の諜報企業です。 その唯一の目的は、報告書、書類、ソフト、建物の設計図などのデータの取得と業者への販売です。 同社は利益のみを重視しており、サービスの価格は情報の取得難易度とその機密性で計算されています。

しかしながら、OAは業務上、異常なものや現象を取得・保有・利用しているわけではありません。 正確な数を予測するのに十分なデータはありませんが、教会、組織、大企業など、世界中に相当数の顧客を抱えていることが判明しています。

分野: 諜報

組織: 既存の有限会社と同一のシステムを採用しています。

財団との関係: 業務上、概ね敵対的ですが、中立を保っている場合もあります。

タグ: あなたの記事にこのGolが登場する場合はアノニマス・アイズタグを付与してください。

関与:


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。