エージェント・逆光のワークベンチ

追って、信じて

叫んて、逃げて

空言つきの海、暗闇くもの上

我、なり

幾層の悲しみを突き抜け

『アトランティス』より


Hey_backlight.png

エージェント・逆光の絵(二ッソロゴ著者:SOYA-001SOYA-001

氏名: 曹██
コードネーム: “逆光”(フィールドワークの際には“S.H.”と略される偽名を用いる傾向)
SCiPNETユーザーネーム: CN53_GYAKKOU
生年月日: 1992年7月1日
身長: 184cm
セキュリティクリアランスレベル: 3(翻訳作業において一時的に高いクリアランスを取得することができます)
所属: サイト-CN-53
職務: エージェント、GoI-8101「日本生類創研」の動向調査
専門: 生物学、心理学
性格: 真面目、執着、強情。好きなことだけをするタイプ。
平時は気怠げな態度を見せるが、興味のある事物に対しては110%のやる気を示す。
好きなもの: 音楽、読書、散歩
嫌いなもの: 葡萄(干し葡萄を除く)、急進主義

概况: エージェント・逆光は██大学の生物科学科を卒業し、財団に加入する前は故郷である███省██県██鎮の中学校教師を務めていました。財団へは当初、研究員として加入するつもりでしたが、人員が充足しているとの回答を受けたために、フィールドエージェントとして加入することになりました。なお、外部には教師として偽装しています。

実は、面接に行くようにという財団からのメールでした……当時、私はすでに卒業していました。 彼らがどうやって私を見つけたのか?分かりません。

情報交換のために日本を訪れた際、日本生類創研が製造した異常物品・SCP-1176-JPの情報に間接的に触れたことで、日生研に興味を持つようになり、同組織の調査を始めました。現在、彼はワークベンチの近くに巨大なホワイトボードを設置しており、同組織の情報を整理しています。

ニッソは面白い組織だ……無責任な奴は嫌いだが、こういう千差万別な団体はなかなか興味深い。
中国に支社が無いか調べてみたいものだ……

エージェント・逆光の調査内容は基本的に日本生類創研が中心であり、同組織に関するあらゆるオブジェクトを調査範囲に収めようとする傾向にあります。しかしながら、彼が他の支部オブジェクトを調査したケースはまばらにしか報告されていません。

これは息抜きを挟んでいるだけだ……甘いアメを毎日舐めても、うんざりするだろうからね。
本当に何もやることが無ければ、休暇の申請を考えるよ。

様々な事に造詣があるようで、しばしば特定の分野に対して知っているかのような素振りを見せます。しかし、本人は全く熟知していないと主張しており、これらの知識は「自分の趣味に基づくもの」だとしています。特定の事物について、彼は確かに表面的な知識しか持っていないようです。

でも、いくらかのものに関しては、浅い理解ではありません。

外観的特徴: エージェント・逆光は中肉中背で黒髪、青色の瞳を持った男性です。メガネをかけており、普段は「無色」(黒白グレー)の衣服を着用しています。

彼は話す必要がないと思うときは話しませんし、以前の経験について決して言及しません。

サイトで毎日のトレーニング、銃器の修理、報告書の作成と翻訳に加えて、教育計画の作成など、教師としての仕事も行います。非番時にサイトで音楽を好んで聴いており、しばしばイヤホンやヘッドホンを身に着けています。

また、彼が猫派であることは明らかです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。