«H»
評価: +14+x
Khab_N_small.jpg

"Hopetown Theme"
by John Lyetacker

世界は終焉を迎えた。だが今なお、人類はそれに気づいていない。

説明

カノンハブ «H» が描き出すのは、とある世界の物語。ここではアノマリーの増加が指数関数的に進展している。そのため21世紀にはアノマリー自然発生件数が特異点に到達し、数年で異常領域が地球の大部分を侵食してしまった。

しかしながら、財団は己が為すべき務めを継続することに成功した。異常領域は収容下に置かれ、大衆の目から隠蔽された。その件数が増えすぎた時、財団は高正常性領域 —— すなわち、異常現象発生が突出して少なかった土地に注力するようになった。

財団はわかっていた。彼らには長くは高正常性領域を保護していられないことを。その懸念が確信に変わったのは2029年、SCP-001-Hホ ー プ タ ウ ンが異常現象のない最後の地となった時だった。それでも今なお財団は、己が為すべき活動を果たすべく備えている。ホープタウンの住民たちに、自身を取り巻く環境の正常性を信じさせるために。

資料・記事

SCP-H

SCP-001-H — 最大正常性領域
著者: cleveremptYcleveremptY

財団にはわからない。何を以って己の務めを止めるべきなのか。

SCP-002-H世界が闇となる刻
著者: ArbelictArbelict

カノン «ホープタウン1» でのCK-クラス: 現実改変事象と、局地的に発生したLK-クラス: 支配シフト事象。

SCP-003-H — 正常性こそ至上なれ
著者: ArbelictArbelictcleveremptYcleveremptYKardalakKardalakJohn LyetackerJohn Lyetacker。その他Blackbird5154Blackbird5154Agent LloydAgent Lloydの支援を経て執筆。

カノン «ホープタウン» におけるCK-クラス: 現実改変事象を描く。最も正常にして、一切の異常形質が封殺される州についてのお話。

SCP-004-Hコード: ボルドーレッドバ ル ド ヴ ィ ・ コ ー ト
著者: EvgeniyMartEvgeniyMart

南方異常領域を終了しますか?

Tale

καλοψίαカ ロ プ シ ヤ
著者: Mr Self DestructMr Self Destruct

καλοψίαカ ロ プ シ ヤとは、色覚過剰を伴う感覚過敏。この際、物体がその本来のありさまよりも遥かに『美しく』見える。」

頭に空いた穴
著者: cleveremptYcleveremptY

異常なる世界はやがて現実をも疑わせる。

彩り無き彩色画
著者: cleveremptYcleveremptY

時には妥協することも止むなしだ。あらゆる意味で最も正常な町での生活を綴るTale。

著者向け情報

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。