日辻養の提言
rating: +51+x
blank.png

アイテム番号: SCP-001-JP

オブジェクトクラス: SC-Relinquished1

特別収容プロトコル: SCP-001-JPの完全な確保および収容を行うには、大規模なCK-クラス再構築シナリオに相当する変化を基底現実に生じさせる必要があります。そのため、通常の確保原則と収容原則に基づくSCP-001-JPの完全な確保および収容は、正常性維持の観点から現実的に不可能であることが倫理委員会によって決議されました(倫理委員会決議-81A-3B6D1)。SCP-001-JPはSC-Relinquishedに分類され、以下の基準が適用されます。

固有確保基準: SCP-001-JPに関連するアノマリーのうち、収容対象となるものを財団が確実に掌握できるよう、常設001-JP対応チームは全球レベルの監視確保体制を整備します。また、この状態を維持するため、渉外部門はSCP-001-JPに対しイ号介入措置を継続します。

固有収容基準: 倫理委員会は、年次001-JP影響評価に基づき年間収容計画を策定します。監督評議会と理事会は、001-JP合同委員会を毎月一回以上開催し、SCP-001-JPの収容状態について評価を行います。

以下は収容の対象です。

  1. 異常性に関係するSCP-001-JPの情報
  2. 本報告書および付属文書において指定されたサブオブジェクト(OBJ系列)のうち、特別な収容措置を必要とするもの

以下は収容の対象外です。

  1. 年間収容計画によって収容対象から除外されたもの
  2. 異常性に関係しないSCP-001-JPの情報
  3. 本報告書および付属文書において指定されたサブオブジェクトのうち、特別な収容措置を必要としないもの

説明: SCP-001-JPは、異常性を持った自然環境と社会環境からなる大規模異常複合体(large-scale anomaly complex)であり、他のヒト(Homo sapiens)コミュニティと同様の社会を構築しています。これに加え、SCP-001-JPは基底現実に浸透しており、一部の独立性の高い社会を除いて人類社会の大半がSCP-001-JPとの関係を持っています。一方で、SCP-001-JPの異常性は一般に明らかになっていません。

SCP-001-JPの異常性を構成する主な要素のなかで特に注意が必要とされているものは以下の三つであり、この三つのいずれかに関連したアノマリー件数の合計は、SCP-001-JPの異常性のうちおよそ30%を占めると推定されています。

  1. 大倉・ハドルストン型実体
  2. ダエーワ
  3. テネムニタ人

1: 大倉・ハドルストン型実体

大倉・ハドルストン型実体は、SCP-001-JP人口の大半を占める異常ヒト亜種のほぼ全ての個体に寄生し、その異常性を顕在化させない異常性を持ちます。およそ13000年前から異常ヒト亜種集団であるG-λに寄生していました。

2: ダエーワ

ダエーワは、保持している異常性の違いから主にα-ダエーワとβ-ダエーワの二種に分類されています。どちらも非異常ヒト(Homo sapiens sapiens)と異なり種々の異常性を保持していますが、α-ダエーワは分かりやすい異常性を持つ一方でβ-ダエーワは単純な実験で確認することのできる異常性を持ちません。これらの亜種の判別には異常性を決定するシステムであるOBJ-0E2が使用されています。α-ダエーワの個体はβ-ダエーワに比べて非常に少数であり、OBJ-0E3として登録されています。

3: テネムニタ人

テネムニタは、サミオマリエの祖先である先古サミオマリエ人を中心として成立した広大な多種族海洋帝国です。テネムニタが崩壊する際に多くの遺産が放棄され、サミオマリエ種族の中心地がより南へと移動したため、多くの技術や文化が失われました。テネムニタの記録を辛うじて継承した人々の間では、「忘れられた帝国」と呼称されています。


常設001-JP対応チーム連絡事項

当チームの担当職員は、SCP-001-JPの収容経緯を適切に把握することが求められています。文書hAに十分目を通しておいてください。特に、初回認証の際は必ず文書hAを確認してください。

文書hAを確認するには、以下の画面で再度認証を行なってください。



SCiPNET LOGIN

name
affiliation

認証
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。