ちょっとした休暇
rating: +4+x
blank.png

静かな日曜昼下がり、窓際の椅子に座り、新しく仕入れた小説を読みながら紅茶を飲むひと時。

落ち着いた気分にはなれるけど、時々昔を思い出してしまう。

仕事が忙しくなるにつれ、仲の良かった友人達とも疎遠になってしまった。以前は仕事が終われば飲みに出かけたり、朝から晩まで釣りだとかゲームだとか……いいや、しょうがない。大人ってのはそういうもんだ。父さんだって土日は昼過ぎまで寝て、いつも僕が起こしていた。今思い返せば、家族のために朝から晩までせわしなく働いて、体力が無くなるのも納得だ。

まあ今の僕に養うような家族はいないけどさ。職場柄出会いもないし。朝早く家を出て忙しく働いて……誰もいない家に帰ってくる。悲しいよ。ああ。



……?

玄関のチャイム?

荷物も何も頼んでないぞ。誰だアポなしで来たのは。

家族なんてそれこそあり得ない。父さんも母さんも兄さんも妹も、僕が15の時に亡くなったぞ?

重い腰を持ち上げ玄関に向かい、開けるとそこにいたのは

なんだこれ。

え?

なにこれ?

うねうねと動く何かが……いやほんとなんと形容すればいいのかわからない"それ"が、玄関の前に立っていた。立っているという表現も怪しい。

動く"それ"の陰から一人、高校生ぐらいの子が顔を出した。



『だから……えっと……以上です。』

「うん。二人……二人でいいよね?ひとまず。旅をしているとこまではわかったよ。」
「問題はどうやって旅の途中で僕の家を見つけたかってことさ。まあ見つけられないような場所にあるのに。」

"それ"が初めて口を開いた。


「わからないもの、さがすの、すきだから」
「わたしは、こういう、ぬけみち、しってる」
「だから、みつけた」
「あなた、おもしろい、ひと、こんなとこに、いえなんて」



「……誉め言葉として受け取っておくよ。それはどうも。」

しかし、居場所が他のやつにバレたとなると……引っ越ししなくちゃいけないか……気に入ってたんだけどな、ここ……こんなやつがまだ他にも存在すると仮定すれば、もっと深い、帰るのすら面倒になるような、そんなとこに家を建てたほういいんだろうか。

『あの……そろそろ、帰ったほういいんじゃないかな……』

彼女は横の"それ"に話しかける。出した紅茶はすっかり冷めていた。彼女の問いかけに"それ"は答える。


「んん」
「でも、わたしは、きょうみ、ある」
「あなたと、いっしょで、すこし、ほかと、ちがう」
「だから、もうすこし、しっておきたい」

「ええと?つまり?なんだ、僕の体の中身でも見たいってのか、そいつは勘弁だ。」
「そんな経験二度としてたまるか。」


「えっと、ちがう」
「すこし、はなし、ずれる、」
「ほんとは、あのこ、もう、いなくなるとこ、だった」
「かなしい、わたししってる、わたしも、わたしいなくなった、しってる、それはかなしいこと」
「だから、いっしょに、きた」

『半ば無理やりだけどね……ただ、今は消えたくない。』
『優しかったあの人たちには申し訳ない気持ちもあるけど。少し遅めの反抗期。色々できるなら、知れるなら、やってみたい。それだけ。』


「あなた、もう、からだ、ない」

「……どこでそれを?」


「あのこ、いっしょにきた、くるまえ、とちゅうで、よんだ」
「しりたいから、あそこ、たまにいく」
「なんこか、しっぱいして、いなくなったけど」

「……新手の収容用ウェブクローラーとかではないんだな?」


「うん」
「いろいろ、しりたいから、いっしょにきて」
「あなた、ほかのひとたち、いろいろ、しる」
「わたしも、いろいろ、わかる」
「いっしょにいく、うぃんうぃんの、かんけい」

『話し相手は多いほうがいいです。』
『この子、難しい話ばっかりだし。』

「うーん……」






少し考えて、行くことにした。その前に、この家を空っぽにするわけにはいかない。コピーする。

「じゃあ、ここは"僕"に任せよう。僕は少しだけ休暇をもらう。いいかい?」
「君は少し働きすぎだ。自分でも引くぐらい。行ってきな。」



「OK、じゃあ行こうか。支度するから少し待ってて。」




二人と並びながら、最後に家族と旅行に行った時のことをふと思い出す。
今のこの一瞬ぐらい、何もかも忘れて、楽しかったあの頃みたいに笑おう。
二人と兄妹を重ね合わせながら、彼はそう考える。

少し妙な組み合わせで、旅は始まった。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。