特別保安局ハブ
rating: +10+x

起源とフランコ政権の独裁政治

特別保安局(Comisaría Especial de Seguridad / CES)は1938年に国家サンディカリスト攻勢議会(las Juntas de Ofensiva Nacional Sindicalista / JONS)の専門機関から生じ、防衛最高司令部情報課の秘密機関"セカンド・ビス"として設立されました。その後、1939年の秋には、公式な存在となり、常に強い国家カトリック的思想傾向の下、異常と未知に対し軍部として活動するようになりました。

当初、保安局は、外部の助けを借りずGRU"P"部局の助言や訓練を受けた共和党側の人物の行動に対応するために結成されたものでした。その後、徐々にスペインの他の地域にも活動範囲を広げ、後には西サハラや赤道ギニアにも職員を派遣するようになりました。

berlin.jpg

セラーノ・スニェルは他のスペイン政府関係者と、ハインリヒ・ヒムラーを伴ってベルリンを訪問した。

スペイン内戦終結後、保安局は困難な3つの任務を負っていました。まず、南米や中米のような地域において、比較的少数であるものの多様な性質のアノマリーから、残留しているスペイン人を保護すること。陸海空の軍隊にとって利用価値があり、"純粋"であると思われるアノマリー1を特定すること。海外の要注意団体の脅威に対する継続的な警戒を維持すること。ここには、GRU"P"部局のような政府系の団体、SAPHIRのような反宗教団体や、境界線イニシアチブの宗派のような保安局の国家カトリック思想に反対する超宗教団体、財団のような正常性維持機関が含まれます。

azul.jpg

かつて保安局の職員から助言を受けた、青師団の有志達。

1940年代は、スペインの他の組織にとってそうだったように、保安局にとっても厳しい時代でした。保安局は異常に関する知識が浅く、装備も時代遅れで、第二次世界大戦後に残った政治ブロックに対しても無力であったため、保有するアノマリーの調査に専念し、マキ2が作成/使用したアノマリーによる脅威の可能性が疑われた場合にのみ派遣されるという、地道な活動を余儀なくされていました。

1950年代は保安局の活動の最盛期でした。飢餓が蔓延していましたが、政府と将来"マナによる慈善財団"と呼ばれることになる組織の共同活動はオーキリオ・ソーシャル3に統合され、飢餓の緩和に繋がりました。冷戦による漸進的な世界開放とその地理的位置から、アメリカ等の国々はスペインを、GRU"P"部局やソビエト連邦に対し、反共産主義的な立場と経験を持つ戦略的同盟国だと考えていました。

経済においては、貧困状態が蔓延していたにもかかわらず、保安局は威信を得ていました。孤立主義の終焉の立役者とされ、軍事予算の大部分が保安局に配分されました。これにより、業務範囲が拡大し、隔離されているものの危険なアノマリーも扱い始めました。

しかし、スペインが孤立主義から脱却すると、要注意団体や財団の注意を再び引くことになりました。ペンタグラムと保安局の合意によりトレホンとサラゴサに空軍基地が建設されたにもかかわらず、保安局は孤立した場所に司令部を建設し、テルエル等の地方の土地の地形を改造することを主張しました。将来境界線イニシアチブの1宗派となる集団が、保安局とSCP-ES-101に興味を示し始めましたが、平和的に拒絶されました。さらに、ビダソア渓谷周辺で押収された映画のオブジェクトを巡って、フランスの反宗教団体が文化戦争を起こす可能性があるという噂が流れていました。

一方で、これらの本部の所在地について、フランコ独裁による「沈黙の掟」の強制と、一般市民らの外国人恐怖症によって、財団の潜入の試みは失敗に終わりました。

1960年代は、近代世界への開放による保安局の文化的変化の始まりの時代でした。当時新興であった境界線イニシアチブとの関係は円滑化し、キリスト教徒の職員の移行が可能になりました。ペンタグラムとの関係は強化され、保安局の若い職員らの間で文化的な変化がありました。これは1977年の解散まで続く少数派の分裂の原因となりました。

bomb.jpg

H82RIの特異兵器を回収し、USS Petrelに搭載。

1966/1/17、B-52戦略爆撃機とKC-135タンカー機が給油作戦中に衝突し、特異兵器2個と非異常熱核爆弾2個が落下し、乗員7名が死亡するという事故が発生しました。特異兵器と非異常熱核爆弾は、地中海または陸地に落下し、破損しました。

ペンタグラムと保安局は、後者の了承の下、該当地域の安全と福祉のために、異常物質を中心に除染作業を行いました。マヌエル・フラガ情報観光大臣と在スペイン米国大使の入浴映像を放送する他、ペンタグラム、アンジー・ビドル・デューク氏と連携してNO-DO4やTVE テレビチャンネルを用いた大規模な情報隠蔽活動が展開されました。

フランコ政権の最後の年には、シモン・サエス・ロコが率いる保安局で最も開放的な派閥と、ルイス・カレロ・ブランコが率いる保守的な派閥との間での分裂が明確になりました。彼らはペンタグラムのスペイン領への影響力を制限することで合意したものの、保安局自体の存続については深い意見の相違がありました。サエス・ロコは、財団との関係を確立し、将来的には完全に吸収される事を計画しており、余剰資金を他の州の施設に配分すべきだと考えていましたが、カレロ・ブランコは、将来のスペイン国王ドン・フアン・カルロス1世の下での、保安局の中央集権化を望んでいました。

しかしながら後者の派閥は1973/12/20に発生したテロリスト集団ETAによるカレロ・ブランコの暗殺、緑の行進、フランシスコ・フランコの死に伴う社会全体の混乱のために弱体化し、そのような諜報機関の解体を条件とする、バルナール=サエズ協定への署名に繋がりました。

移行後

段階的に、保安局の職員は、財団の組織構造へと上手く統合されました。当初は本部での活動を許可されていましたが、1980年代には、財団による吸収に反対した保安局とフランコ独裁政権の残党と疑われる人物による一連の攻撃が行われ、保安局出身の財団職員は国際エリア-08への異動を余儀なくされました。その後、国際エリア-08から収容困難なアノマリーを持つ本部への道路が開通し、中・低レベル収容度のオブジェクトは、それぞれの異常性に応じ、国際エリア-08のサイト-34とサイト-313へと運ばれました。

現在、要注意団体 特別保安局(GoI-134-A)5の構成員の所在、目的とその為の手段及び人員については不明です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。