人内魔境 ハブ
rating: +13+x
blank.png

我らはヒトであり続ける。

window.jpg

ここはほぼ全ての財団職員が何らかの異常性を獲得した世界。
獲得の経路、時期、程度は様々で、場合によっては収容される事も。

異常を収容する財団職員達が、オブジェクトで異常となるのは普通の事。
では、その職員達がほぼ全て異常な存在となったら?

財団はどう動いた?要注意団体達はどう動くのか?
未来の財団はどうなるのか?

ある者は人の生き方を失い、またある者は人のかたちを失い、それでもなお彼らはヒトhumankindとみなされ生きていく……

もし、財団職員がみんな異常性を持ったら?

財団職員には個性的なメンバーがたくさんいます。
不死、人外、異形、認識災害、ちょっと性格がずれている、などなど。
それでも、実際に財団を構成しているメンバーはそれだけではありません。人事ファイルや報告書にはない、モブと呼ばれるような職員がたくさんたくさんいます。財団は一握りのメンバーだけで構成されている訳ではないのです。

そんな職員達がみんな何かしらの異常性を持ったらどうなるでしょうか。
外部との交渉を行うエージェントが、正確な研究を行う研究者が、事務や清掃を行う一般職員が、子供達を守る託児所の職員が、財団を守るクリアランス上位の職員が、みんなみんな【アノマリー職員】となったら?

財団の制度も変わるでしょう。新しいルールが出来るでしょう。職員が収容され、オブジェクトが職員となるかもしれません。
周りの見方も変わるでしょう。周りから見た財団も、基底次元の財団とは変わってくるでしょう。

ここはそんな財団を描く場所です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。