ヒト教育開発研究機構(IMBW)
rating: +11+x
blank.png
IMBWPI.png

機構ロゴ(3タイプの内の1つ)

ヒト教育開発機構(略称: "IMBW")は、確保したデータによればトランスヒューマニズムを目的とした実験と計画を実施する研究機関です。機構は以下のような多数の科学分野で尽力しています。

  • 遺伝子操作
  • 外科的介入
  • サイバネティクスによる強化
  • 薬学
  • 心理的影響と条件付け
  • 教養と教育
  • 超生物学
  • 奇跡論

多数の証拠から、機構はさらに別の、その大部分が異常に関連した科学分野にも尽力しているとも考えられています。それに加え、多岐にわたる肉体的・精神的能力を高めた後に日常生活やニュースチャンネルを介して異常が発生していないかを監視するため、完全に無知な一般人に対して人体実験を行うことがあることも判明しています。しかし実験の大半は拉致された人間や買われた人間を対象としており、IMBWでは主にホームレスや孤児、不法移民、戦争難民を用いています。その被害者ほとんどの安否は不明ですが、常に新たな被験者を求めていることから実験の大半は死に至るものであると推測されています。

現在の調査結果では、機構は効果を使用する、あるいは研究するために特定の異常物品や実体を探し求めており、その目的のために訓練と拡張を受けた人員や小規模な軍隊を有していることが示唆されています。人型異常の特異性を普通の人間へ移植する様子も既に観測されています。

IMBWは数名の経済的特権を持つ人々や機関からの援助に加え、数名の超富裕層、マーシャル・カーター&ダーク株式会社ラプターテック・インダストリーズの援助を受けていることも判明しています。その見返りにIMBWは資金提供者から委託された製品の製造やプロセスの実行をし、それと同時に独自の研究や計画を行っています。また、様々な方法で特定の身体的・精神的能力を高めるため、あるいは異常な能力を得るために顧客自身が施術を受けることもよくあります。

現在のIMBWはPoIであるアレクサンダー・フォス教授によって率いられています。フォス教授はトランスヒューマニズムの手法を開発するために自らに多数の実験や強化を施してきたことで知られる人型異常です。

機構、特にフォス教授は人類の保護を目的とした財団による異常の探知・保管・保護の取り組みに称賛を送っています。しかし一方で人間や社会の進歩のために異常を利用していないことを非難しています。機構側から歩み寄りの提案が幾つかなされていますが、中でも財団の潜入エージェント数名がIMBWに発見され、実験に利用された事例があることから、財団はIMBWを敵対組織に分類しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。