偉大なる緑の神のカルトについての報告
rating: +8+x

警告:

新たな考古学的発見や、偉大なる緑の神のカルトの現代的形態についての新たな情報により、以下の情報は将来的に更新される可能性があります。

偉大なる緑の神のカルトは、エジプトに起源を持つ異常な宗教です。発生した時期は不確定ですが、最古の痕跡は中王国時代の第12王朝1にまで遡ります。この宗教は、"偉大なる緑の神"として知られている神格を崇拝しており、それが実体として存在するのかどうかは未だに論争の的となっています。このカルトは、古代エジプト王国の南、ヌビアとの国境近くにある小さな都市2に本拠地を置いていたと考えられています。2000年程前に滅びたとされていましたが、最近、特に南米で再興を見せており、過激な自然保護主義者やエコテロリストの活動と結びついた小規模な集団が増加しています。

多神教であったエジプトの他地域とは異なり、この都市では、石造りの神殿ではなく、小さな森林やオアシスで自然の神を崇拝していました。このカルトは、エジプトの有力な祭司階級と頻繁に対立していたにもかかわらず、少なくとも800年間発展を続けていました。

宗教的な理由、あるいは宗教的だと推測される理由で、このカルトに対する組織的な迫害が存在したことを示す証拠が存在します。前項でも少し触れられたように、彼らが祭司階級への貢物を拒否したことが、このカルトが非合法化された原因であり、全ての歴史的記録からの意図的な抹消の対象となった可能性があります。これが、偉大なる緑の神のカルトの歴史と文化に関する我々の知識に存在する多くの欠落と、この要注意団体の年代的な発展について、財団の歴史家によって提唱されている矛盾した理論の原因と言えます。

文化と宗教的慣習

このカルトは当初、ヘケトやメヌ3のような豊穣と自然の神を習合的に崇拝し、勃起した男根を持つ緑の肉の男をその象徴としました。それが後に植物の神、森林、オアシス、葦、睡蓮の主としての独自のアイデンティティを獲得しました。

彼らの宗教的慣習について残されている数少ない文書には、メカニトの背教者の書等の間接的な情報源からの言及が含まれており、植物性の肉は動物性の肉よりも純粋であり、それゆえに価値が高いと信じられていたことがわかります。彼らは肉や卵を食べることを禁じられた厳格な菜食主義者であり、また、植物性の素材を使用することも禁じられていました。このカルトの発見された古文書が、全て粘土板か羊皮紙の巻物である理由は、それで説明できます。

彼らは夜間にオアシスや海岸の小さな森林で儀式を行っていました4。 儀式は、「緑の男」と呼ばれる役職の人々(その名に反し、女性もこの役職につくことができました)によって先導され、彼らは司祭、薬草学者、地域社会の指導者として奉仕していました。これらの儀式には、子供や年長者を含む全ての信者が参加し、謙虚さの印として全裸になることを必要としたようです。 彼らの儀式はまた、「ビジョン」を体験するために、「生命の果実」と呼ばれる果実を摂食する事を構成要素として含みます。ナグ・ハマディ文書から回収された2つのパピルスによると、年齢や血縁関係の制限無しの集団乱交への参加も要素に含まれているとされていますが、これらはおそらくエジプトの初期キリスト教徒らによる、非難の為の虚偽の侮辱的な記述です。

nenufar1.jpg

SCP-ES-041-1の実例。カルトにおいて聖なる木とされている。

信者は死後、ミイラ化されるのではなく、表土に埋葬して肥料とすることで「兄弟樹と姉妹草」とされました。SCP-ES-041のような異常な植物の種子を摂取することでこのプロセスを加速させる事もありました。当時の支配層の迫害を受けて信仰を隠そうとした時には、エジプトの伝統的な葬儀と偽ミイラ5の作成も行われました。

しばしばこのカルトに関連したシンボルとして見られるものに、口や腹から6枚の葉を持つ茎が伸びており、スイレンの花を咲かせている、横たわっているミイラの図像があります。その後、それを簡略化したもの(茎に6枚の葉をつけ、スイレンの花を咲かせているもの)が登場し、現在ではこれが最も一般的に使用されます。このシンボルの正確な意味 - 自分たちの神を表現しているのか、或いは信者達が互いを識別するために利用しているのか - は不明です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。