朝鮮
rating: +14+x
blank.png

ウンミはまだベッドにいたいと静かに願いながら、あくびを抑えて歩いた。偉大な指導者(第二の偉大な指導者は、古い指導者が永遠に生き続けると確信していたことを考えると奇妙でした)は寛大にも学校教育を提供してくれた。彼女は彼が一日のうちでもっと適当な時間にそれを提供してくれることを望んだだけだった。たぶん正午だろうか。若い女性(女の子ではない、お母さんが何を言っても)が美容のために眠るのに十分な時間。

少なくとも朝食だけは美味しかった。ご飯とスープとキムチ。空腹で学校に行くことほど悪いことはない。彼女はただ食べ過ぎていないことを願った。彼女の母親の料理はおいしかったが、彼女の父親はだれも家に大食漢はいらないと言い張った。彼はそう言うときににっこり笑ったかもしれないが、それでも心配だった。


「調子はどう、ジョー?」
ベスは仕切りにもたれかかりながらコーヒーをすすり、大きなスクリーンの動きを見た。彼らのオフィスは一つの部屋だったかもしれないが、各セクションの間に置かれた小さな金属のパーティションのおかげで、より整頓された感じがする……もう少し雑然としていても。

「まあまあ、R-445がずっとイカレなきゃいいんですが。パッチを当てるためにロシア人を何週間も盗聴しなきゃいけなかったのに、このクソは20分ごとに落ちやがります」

「彼らによると、私たちが餌を買ったとき、私たちはメンテナンスを買ったのよ。彼らはそれを手放したがっていたに違いないわ」
彼女は従業員のフラストレーションにニヤリと笑った。彼女は彼に古いロシアの衛星は必要ないと言ったが、彼は絶対的な填補を主張した。

「何を作ったかに関係なく落ちてくるならいいんですが」
ジョーは鼻を鳴らし、眼鏡がモニターの光にきらめいた。
「今は少なくともK-332は大丈夫ですよ」

「何ですって、平壌はあなたを入れたの? 変ね」
北朝鮮の人々が秘密にしていることは悪名高く、気象衛星にまでそれが適用されていた。彼らは何週間もかけて38度線以上の線を取ろうとしたが、結局それは失敗だった。総合的な気象予報システムを構築するというセルマンシステムの目標は、今のところ北朝鮮抜きで実現しなければならないだろう。

「セルマン夫人を知っているなら……」
彼は上司ににやりと笑った。
「そうじゃなかった。侵入した。彼らは古代のシステムを使っています」

ベスは少なからずぞっとしていた。
「ジョー! 国際的な事件を起こしたいの?」
もちろん、彼女はジョーがこのプロジェクトに取りつかれていることを知っており、それが彼をプロジェクトに参加させた理由だった。しかし、電子諜報活動は、他のすべての国が目をつけていたものを、可能な限り素早く引き出すことができるような、最悪の問題だった。

「ああ、聞いて───」
ジョーのふざけた口調は、普段は面白いが、突然彼女の神経に障った。

「いいえ、すぐに切り替えて接続を切って。私たちはそのデータを削除しなくちゃ、それで、彼らが私たちがいることに気付いていないことを願いましょう」
と彼女は額をこすりながらうなった。
「どうやって謝るか真剣に考えておいて」

ジョーは静かに不機嫌そうに画面を切り替えた……彼の声が突然乾いてくる前に。
「ねえ、ボス」

「一体何───」

「これを見てください」
目を上げ、口を開いて彼をしかりつけようとして、ベスの舌は静かになった。朝鮮半島では、大規模な気圧の渦が発生したばかりだった。最も過酷なハリケーンや台風でさえ、そよ風のように見えるほどだ。

「なんてこと───」


ウンミの、絶えず変化する体重についての空想は風によって中断された。道路を歩く彼女の周りで吹き荒れ、建物によって強くなり、服を引き裂き、彼女の体を引っ張った。彼女は力ずくで自分が数インチ引きずられるのを感じた。驚いて金切り声を上げながら、彼女は近くの路地にたどり着き、空を見上げた。頭上の雲は渦巻く怒りに満ちた固まりだった。

何があったの? 街での生活の中で、彼女はこれほどの天気を見たことがなかった。彼女は悲鳴を聞いて前に叫んで、また一陣の風が吹き荒れた。風は建物に勢いよく吹きつけ、彼女は強風に飛ばされるのを恐れて、路地の脇にしがみついた。


「何が起きてるの───、一体どうして誰も国連に連絡してないの?! それがわかったらすぐに救助隊が来ることを確認しないと!」
ベスは必死で韓国政府と連絡を取ろうとしていた。その一方で、黙示録的な嵐は、まるで攻撃の準備をしているかのように国の上空を漂っていた。

「どこから来たのかわかりません! ここ数週間のデータでは、このような事態は出ていな───」

「見続けて! 嵐はどこからともなくやってくるわけじゃない───……ああもう!」
巨大な嵐が静止し……国中に落ち着こうとする中、ベスは自分の電話が感覚を失った指から落ちるのを感じた。


ウンミの手は緊張で麻痺し、建物のコンクリートの端を指から出血するほど強く握りしめていた。涙が彼女の頬を伝って流れ落ち、風が強くなるにつれて空中に吹き飛ばされ、何かの巨大な獣のようにうなったり吠えたりしていた。彼女が目にした他の数人の歩行者は叫んだり叫んだりしていた。一人の男が突進して通りを横切ろうとしたが、風で飛ばされた。

そして、彼女の手の中のうずく力は弱り、彼女がつかんでいた建物が単にシースルーになったように見え、そして消えていった。風がウンミを迎え、他の建物も消えていくのが見えた。彼女の下の地面もまた無意味になり、視界から消えていった。彼女のショックの叫び声は短命だった。何百万トンもの質量が突然失われて真空状態になり、彼女と平壌市民は突然、激しく地面に引きずり込まれた。ウンミは、速度変化の圧力下で首を折られてあっさりと殺された。


「……救助活動の5日目、海からより多くの遺体が回収されています。当初の推定では、死者数は100万人台でしたが、それは常に増加しています。国連は、最近の北朝鮮事件に関する声明を発表し、それが 『自然の行為』であると主張しました。最近の日本国会からの機密文書のリークは『財団』と呼ばれるものからの窃盗を指摘しており、別の話を示唆しています……」

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。