財団・GOC大失敗 南ポーランドが崩壊
rating: +54+x
blank.png

この記事は恋昏崎新聞1998年7月14日朝刊の電子アーカイブ版です

記事内の内容は広告を除いて最新の物ではありません。あらかじめご了承下さい。  恋昏崎ニュースエージェンシー


最新
国内
国際
経済
芸能
スポーツ
生活
科学
神秘
宗教
burned-down-house-ruins.jpg
財団・GOC大失敗 南ポーランドが崩壊
1998/7/14 12:10
撮影: Zdzisław Karpiński
ポーランド, オポチュノ

財団・GOC大失敗 南ポーランドが崩壊 恋昏崎新聞社

 7月12日13時(現地時間)ごろから始まった南ポーランドでの異常事態は、巨大実体の討伐によりひとまずの収束へ向かおうとしている。しかしこの事件によって財団やGOCによるヴェール計画は破綻し、南ポーランドは壊滅的被害を負った。歴史上最悪の夜となったこの事件について取材を進めるうち、正常性維持機関のずさんな対応が明らかになってきた。



【新着記事】
大春日井くぎゅう氏死去 「夜想曲の怪獣」など
インターネット接続不良相次ぐ サイバー攻撃の応酬で
敖光落合が動物型通話端末の発売を決定
オーストラリア軍がカンガルーを攻撃も大敗北 第二のエミュー戦争との声も
太平洋戦争の開戦から1世紀 米津元帥氏らが恋昏崎で慰霊祭

【あなたにオススメ】
プロメテウスグループは正常性維持機関の傀儡企業
【連載】Natsudorism─回帰主義の幻想─(4)ポーランドの破壊とボチアン・ビアウィ
SCP財団のカナヘビ管理官が逮捕 全裸で大阪スカイエリアを徘徊した容疑で
今、グルメが熱い! 恋昏崎観光ガイド
第一級異災被災地域で異探家チームが超巨大実体を討伐


あわせて読みたい

恋昏崎新聞1998年7月14日朝刊社説



広告

iwakagami_cm.png

奇跡論的防犯グッズ
洗練された防犯グッズで身を護ろう
イワカガミ奇跡工芸

neverending-dawn.png

大春日井くぎゅう『終わりなき夜明け』
鬼才大春日井くぎゅうが送り出す新作
跋渉館

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。