財団 SCP-606-JP“拷問教会”の機密指定を解除
rating: +46+x
blank.png
最新
国内
国際
経済
芸能
スポーツ
生活
科学
神秘
宗教
shaking-hands-3091906_640.jpg
財団 SCP-606-JP“拷問教会”の機密指定を解除
2002/2/28 15:22
撮影: 恋昏崎ニュースエージェンシー

財団 SCP-606-JP“拷問教会”の機密指定を解除 恋昏崎ニュースエージェンシー

本日11:00頃、財団はSCP-606-JP(通称“拷問教会”)の機密指定を解除し、境界線イニシアチブリュミエール騎士団、ドイツ・オーストリア魔術師学会を研究パートナーとして受け入れると発表した。いずれもキリスト教や祓魔学に造詣が深い団体であり、特にリュミエール騎士団は「SCP-606-JPに良く似た聖遺物を所有しており、解明にお力添え出来ると思う」と自信を覗かせている。

実現のために活動してきたエージェント・ 蒼井あおいを救う会(以下救う会)代表の戸神 司とがみ つかさ氏は「恩師に再会できる日は近いと確信しております。ご支援頂いた皆さんに感謝到します」と喜びのコメントを寄せている。SCP-606-JPと救う会を巡る経緯を、戸神氏の証言を中心にまとめる。


header.jpg
hirosue.jpg
▲広末 孝行 明大政治経済学部卒、東弊重工本社総務部で10年勤続後退社し、恋昏崎ニュースエージェンシー(当時は恋昏崎新聞社)へ入社。好きなOO7シリーズは『カジノ・ロワイヤル』

通信を覗き、人々の記憶を弄り、異常性保持者を拉致する財団の手先。それが財団エージェントに対する私のイメージでした。しかし、ロウアー・マンハッタン病院でお会いした戸神氏は、ただただ恩師を救いたいと願う、どこまでも真っ直ぐな青年でした。

その気高さに触れて、私は固定観念を修正せざるを得ませんでした。財団職員もまた人間であり、財団の最大の被害者は他ならぬ彼ら自身なのではないかと。SCP-606-JPと似たような異常存在、エージェント・蒼井と同様の境遇に囚われている財団職員は、間違いなく他にも存在するでしょう。これを契機に、その全てが明るみに出ることを願って止みません。

共同研究を申し出た団体はいずれも、かつて財団からは要注意団体と呼ばれていました。境界線イニシアチブとリュミエール騎士団は中立の立場で、魔術師学会はどちらかと言えば財団に協力的だったにも関わらず、です。自分以外は全て敵、それが財団のスタンスだったのです。

自力では無理なら、他人の力を借りればいい。当たり前のように聞こえますが、自分が強いと自負している者にとっては、出づらい発想でしょう。しかし、ヴェールはもうありません。マンハッタンの危機で人々は団結を学びました。GOCとの決裂でメキシコ湾体制も揺らぐ今、財団は最早影の支配者ではいられないことを自覚すべきです。【広末 孝行】


広告

witch-3202467_640.jpg

ハーレット・クエストⅡ ~天球の幻影~
待望の続編登場! 新魔法システムで爽快度アップ!
プラグソフト

%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%973.jpg

お試し入信受付中 異世界跳躍を体験しよう!
今なら女神エルマの護符プレゼント!
エルマ外教 東京支部



 
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。