IOCが組織委の要望を却下 揺れる東京五輪
rating: +67+x
blank.png
最新
国内
国際
経済
芸能
スポーツ
生活
科学
神秘
宗教
top3.jpg
IOCが組織委の要望を却下 揺れる東京五輪
3/4 20:22
撮影: 恋昏崎新聞社

IOCが東京都側の要望却下 恋昏崎新聞社

rio.jpg

▲今月無事閉会したリオ五輪
東京2020への期待が高まる。 

 今月7日に東京オリンピック大会組織委員会(以下、組織委)と、日本オリンピック委員会(以下、JOC)が連名で提出した「スシブレードを正式競技として追加する旨」を含める要望書について、国際オリンピック委員会(以下、IOC)は全面的に却下する内容を組織委・JOCの両団体に通告した。
 
 今月無事に閉会したリオ五輪。閉会式で好評を博したパフォーマンス「Rio to Tokyo」により東京2020への期待が高まる中、新競技を巡る両組織の関係に亀裂が生じている。




header.jpg
hirosue.jpg
▲広末 孝行 明大政治経済学部卒、東弊重工本社総務部で10年勤続後退社し、恋昏崎新聞社へ入社。将来の夢はヘリコプター購入。

 良くも悪くも新都知事の今後が気になる展開です。新都知事についてですが、大女将時代や衆議院議員時代などでいろいろ呼び方がある方ですので、この場では我々が最も親しみのあるマダム寿司時代の名称"マドンナリリー"で呼ばせて頂こうと思います。

 スシブレードを巡って組織委・JOCとIOC(世界オカルト連合)が対峙している展開であり、一見するとスシブレードを正式種目に追加する動きは絶望的にも見えますが、マドンナリリー氏にも確かな勝機があります。この問題の今後を握るマドンナリリー氏は衆議院議員時代に環境大臣や防衛大臣を歴任した政界の大物であり、IOCも容易には排除出来ません。IOCが武力行使という手札を切らずに、要望書の拒否を通告したという理性的な流れの裏には、マドンナリリー氏という存在が大きく関係しているはずです。

 マドンナリリー氏は衆議院議員時代より「女性の社会進出」という点において大きな存在感を持っていた人物です。 女性初の日本ウエイトリフティング協会会長、女性初の防衛大臣、女性初の自民党総務会長、そして今回の女性初の東京都知事、女性の社会進出の旗振り役のような人物であり、スシブレードにおいても女性板前の先駆け的人物です。今回の正式種目追加のネックとなった女性差別問題に何らかのアクションを起こせる有力な人物であり、マドンナリリー氏の都知事としての手腕によっては、IOCが拒否したくても拒否できない状況を作り出せるかもしれません。1人のスシブレーダーとしてマドンナリリー氏を応援したいと思います。【広末 孝行】
 


広告

kou2.jpg

審査は完全に運、即日融資。
元リュミエール騎士団の相談員が融資の相談を賜ります。
恋昏崎神託銀行

kou1.jpg

本家本元 ミイラと言ったら本家アヌビス水産
伝統の製法で作られた良質ミイラ 確かな品質を貴方に
本家アヌビス水産

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。