ORUCA運用開始から1年半 ICカード申請者数が目標を達成
評価: +30+x
blank.png

最新
国内
国際
経済
芸能
スポーツ
生活
科学
神秘
宗教
B06BFDE1-4E7D-4F62-91E5-4BDAC6128C75.jpeg
ORUCA運用開始から1年半 ICカード申請者数が目標を達成
201█/5/18 12:41
撮影: 恋昏崎新聞社

ORUCA運用開始から1年半 ICカード申請者数が目標を達成 恋昏崎新聞社(新八大路市)

新八大路市への新たな入境手段として導入された「ORUCA(おるか)システム」の利用申請者は、市の発表によれば、人数は非公表ながら運用開始から1年半で目標を達成した。『広報しんはちおおじ』5月号によれば、その成果は朝の入出境口の混雑の緩和という形で表れており、担当者は「僅か1年半での目標達成は予想を上回る」とし、「交通の利便性と市内治安の維持のバランスを取ることで、市民生活や企業活動を支援していく」所存であると発言している。先月には、遠野妖怪保護区区役所の対外担当と観光担当が新八大路市を訪れ、市の担当者や開発主体である理外学研究所とイワカガミ奇跡工芸社の技術者の説明を受けるなど、市外への導入の兆しを見せている。

 「新八大路市」 しんはちおおじ

日本政府特事関連の出先機関やJAGPATO加盟組織の拠点を有する、多摩地域から進入可能な超常都市。日本政府の施政権が及ぶ。陸軍・異調施設跡地にある現代的な新市街と、丘陵地帯・山間の千人町(学術機関群と旧市街)から構成される。

q9mNP✱✱✱✱

15日前

認知抵抗や奇跡術の素養がある稀有なひとが見れば、同じアイマスクをした人々があちこちにいる奇妙な光景が広がっているってことにならないか。来週あたり、前途明るい学生共を凝視して遅刻させに、多摩モノレールに乗りに行こうか。
78
23

q774lvipdk

12日前

ヲチでは局所的に話題になったらしいぞ。時刻表に無い上、中が良く見えない不思議な路線バスに、一時アイマスクの売り上げが高まったドラッグストア。オレが見に行った時にはもうなかったから、飽きたか、対策されたか、検閲部隊に一掃されたか…。
1011
01

hutunohito55

4日前

条約に則るとのたまいながらも、素知らぬ顔のままヴェールの下で悪逆非道を重ねる「認可企業」のなんと多いことか。そんな奸賊を衆人の前に引きずり出してきたことに感謝するどころか、奸計に嵌めるとは許されない。市当局も糾弾するべき。
3031
1718

fkeQ5✱✱✱✱

4日前

流石に子供を利用するのは信じられない。恋昏崎は超常組織からの児童の保護を掲げているのに、この新聞社は自らの手先のように扱っている。役所やほかの住人はなぜ傍観しているのか。
1011
45

gpvvc✱✱✱✱

3日前

保遍都短大は根性がないな。まあもとはといえば伊呂波学大から逃げた腰抜けどもの集まりか。というか、編集部、もう実名報道されてるからって名前出すなよ…。
67
01

z4Lms✱✱✱✱

3日前

やれ子供だ学生だと言っても、もう名前も出る二十歳だろ。一昔前の呪術社会ならとっくに一人前の年齢だし、現代でも成人だ。自分のケツは自分で拭くことだよ。
23
78

ShinshigaiOL

3日前

新八大路市議会や日本政府は「風説書」や「観測気球」などとして恋新を"活用"してきた節があるが、流石に危険地帯に突き進む学生を黙って見送った今回の事案は看過しがたいらしい。地雷原に鉢逢坂に利家塚に異調の隠れ遺跡に某宗教団体に噂の研究室に非公然拠点と、確かにろくでもないところばかり。市議会議事録でもお怒りの様子の女傑・継枝先生と恋新との大バトル、期待しています。
2930
23

cv7bb✱✱✱✱

2日前

「ぶちあげたのはいいものの、大して益がないからその内フェードアウトする」に、どうせ使いに行けない、とよほ商品券500円分を賭けるぜ。しかしかわいそうな学生さんだ。恋昏崎には素晴らしい支援団体が他にあるのに。
1516
78

SRC717

2日前

どこまで信じるかは読む人次第ですが、まあ不法侵入に限らず色々やっちまった(あるいはやらされてしまった、か)みたいですね。
ちなみに、大学の広報部の発表はこれね。八大路のイントラネットに入れないと読めないのは要注意。
rkos://shojnet.hoheto-td.ac/news/201X/06/71725/
1011
89




 本年5月の事件に関連する学生懲戒処分について - 保遍都短期大学(rkos://shojnet.hoheto-td.ac)

広報室 201█年6月16日掲載

 本学は、本日付けで、1人の学生に対し無期限の「停学」の懲戒処分を行いました。

 既に本学は新八大路市警察からの指導を受け、この学生が関心団体「恋昏崎新聞社」と雇用関係を持った事実から、平成██年5月25日に既に本学から「訓告」の懲戒処分を行っていました。しかし新たにこの学生が学生の身分を悪用し、住居侵入罪、器物損壊罪、不正競争防止法、また新八大路市制定の複数の条例の違反で逮捕・起訴されたことを受け、本学は「停学」の懲戒処分を決定しました。

 本学として、「学生の懲戒処分に関する規定」に基づく、厳正な審査・手続きの結果、以上の行動・行為は、同規定第5条に定める行動・行為に該当することを認め、学則第4章第3節にて定める懲戒処分を実施しました。

 本学は、同様の事例が二度と発生しないよう、学生教育の改善に努める所存です。

201█年6月16日
保遍都短期大学学長 耳本 美之

評価: +30+x
blank.png
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。