マンハッタン次元崩落 GOC介入目前か
rating: +59+x
blank.png

この記事は恋昏崎新聞2001年9月13日夕刊の電子アーカイブ版です

記事内の内容は広告を除いて最新の物ではありません。あらかじめご了承下さい。  恋昏崎ニュースエージェンシー


最新.png
写真11.jpg
別次元の摩天楼 GOC介入か 恋昏崎新聞社

 9月11日に発生したマンハッタン次元崩落同時多発テロ事件、通称9.11事件が現在世界の注目を集めている。財団は昨日午後の声明で、テロの実行犯は指定過激派団体カオス・インサージェンシーである可能性が高いと発表した。混迷化する事件の概況を恋昏崎新聞社ニューヨーク支局特派員が報告する。


広末シャープ2.jpg
 
広末娘3.jpg

 この記事は私の父であり、恋昏崎ニュースエージェンシーの前身である恋昏崎新聞社の編集長を長年務めた広末孝行によって書かれた物です。当時彼はプロメテウスラボによるカック灰の公開実験を取材するために、特派員としてニューヨーク支局へ渡っていました。結果として彼の9.11事件に深く切り込んだ報道は恋昏崎新聞社の注目度を上げ、出版部数が歴代最高となったいわゆる黄金期を築くことになるのですが、当時の私は妹とともに父の帰りをただただ待つことしかできず、歯がゆい思いをしていたのを覚えています。

 さて、記事の内容を見ていると、やはりこの事件の背景にあるのは財団を筆頭とするメキシコ湾体制の癒着であるように思えます。この事件以後、プロメテウスグループは0712事件に続いて再び復興需要によって大きく業績を伸ばし、名実ともに世界産業の覇権を握ることとなりました。もしこの事件が財団とプロメテウスによって引き起こされたマッチポンプだとしたら・・・・・・全てに説明がつくのではないでしょうか。この事件を切っ掛けに財団とGOCは反目し、メキシコ湾体制は崩壊することとなりますが、それすらも権力を一極集中させるための策略では無いかと感じます。到底許すことはできない陰謀です。財団は近年医療企業連合"Yakushi"などの設立にも関与しており、我々はこれからもその驕り高ぶりを徹底的に追及していく所存です。 【広末・ゴールウェイ・サマンサ】
 


最近、当社の記事の無断転載が増加しています。当社の記事は全て転載禁止です。読者の皆様も無断記事転載の撲滅にご協力くださいますようお願いします。

今月から、広告が多すぎるとのご要望に応えたプレミアム購読者機能を追加致しました。プレミアム購読者は広告が表示されなくなるだけでなく、最新記事をメール通知、ユーザー同士でのお気に入り記事共有、編集部のスペシャルメッセージを聞けるなど特別な機能が利用可能です。(月額1,050円)今後とも恋昏崎ニュースエージェンシーをごひいき頂けるようよろしくお願い申し上げます。

編集部一同


広告

闇寿司.sushi

全品1ドル均一
今月の新ネタ: カイジュウキャビア軍艦 モォ~スフィア(株)のマインド・ミルク™炙り 西行ラーメン
闇寿司 スリー・ポートランド前店

シガスタン名物.jpg

放出大特価 100g1000ソム
知る人ぞ知るシガスタンの高級食材 あのオーミの骨馬がこのお値段
闘永舎 食肉卸売部門

広告4.jpg

待望のアディタイト語・ベクソン語・第五世界言語実装!
一丸情報様の五協力により100^55555種類の言語に対応した軽量・軽快翻訳デバイス。我々と星々は煙る。
トリスメギストス★トランスレーション&トランスポーテーション(株)

海面.jpg

幻島連盟非公認 1週間で全島弾丸ツアー
全て非公認!観光資源根こそぎ奪ってまたいつか!
如来観光(有) 協賛 艦隊司令部

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。