共異廻歴 ハブ
rating: +110+x
blank.png

共異廻歴 ハブ



footstep.jpg


『同盟』へようこそ。





作品一覧



視怪啓雲

探訪者: あなた
k-calk-cal Hasuma_SHasuma_S










集村:53 - 感記"聖地ラジャサハル"

探訪者: ミル・トラジャ
Pagema157Pagema157


集村:57 - 感宗記"顛墜"

探訪者: ミル・トラジャ、ヴァナー
AMADAIAMADAI Pagema157Pagema157 k-calk-cal




集村:76 - 酔記"盃の民"

探訪者: カルカロフ、リッチ
karkaroffkarkaroff






かつて、衆目を好む石像が居たのだという。余程の人好きだったのであろう、一度目を離すと抱きついてくるのだそうだ。


かつて、暴虐の限りを尽くした大トカゲが居たのだという。人々は恐れをなし、遂には猛毒の沼に沈めてしまったのだという。


かつて、人々を守るために世界を暗躍する組織があったという。それは多くの不思議を解明し、世を救っていたらしい。


かつて、人は栄えていたのだという。それはそれは昔の話で──



──「視怪啓雲」より

◇◇◇


"共異廻歴"とは、一度滅んだ世界に残された人々と異常の暮らしと、それに相対する"探訪者"の姿を描く物語です。

23世紀、世界は大きな戦禍に包まれました。それはヴェールの中と外で、さらには各地で同時多発的に発生したとされています。その結果、文明の多くは潰え、人々は辛うじて残された土地での生活を余儀なくされました。その上、彼らは怯えて暮らさなければなりませんでした。何故か?残されたものは彼らだけではなかったのです。

戦禍は異常を世界に解き放ちました。それは残された人々にとって最悪の脅威でした。しかし、それと同時に最良の隣人でもあったのです。荒廃し、孤立し、恐怖に囲まれた小さな世界の中で生きるために、彼らは異常の力と共に在ることを選びました。こうして各地に小さな世界が幾つも生まれていったのです。

時は過ぎ、かつての文化も文明もすっかり途絶えた頃、ある男が組織を作りました。彼は各地で協力者を集め、ある事を始めたのです。それが"各地の村を廻り、異常、もとい異類と共に過ごす人々の様子を記録すること"でした。彼は知ろうとしたのです。この世界で人々が生きるには何が最良なのかを。"収容"も"破壊"も間違いであった世界で何が正解なのかを。

"共異廻歴"とは、異類と共に生きる村々を廻歴し、人間の在り方を探す物語です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。