ログ-1251-01
rating: +3+x

ログ-1251-01

以下はエージェント████████のフィールドノートからの抜粋から成ります。████/██/██にエージェント████████は、SCP-1251に割り当てられたチームを監督する業務に任命されました。SCP-1251はイギリスの道路網で継続的な収容下にあった自律現象です。エージェント████████の転属の顛末は異議申し立ての対象であり、現在セクター-25の懲戒委員会によって審議中です。但し、インシデント████-████-1の直後にそれが行われ、エージェント████████が第一収容監督だったことは注目に値します。

当初SCP-1251のあった場所は、恒久的に道路網から除かれ、他の局所的現象が起きている場所と同様の方法で、財団施設に転用される可能性がありました。そのため、SCP-1251の初期回収手続においては、完全な収容が達成されるまでは、道路維持管理チームの支援の下、5人の職員が現場に留まる必要がありました。一時的な住居は作業用テントの形で提供され、職員は収容エリアで眠り、食べることを余儀なくされました。食料の購入とサイト1251-1に電力の供給をする計画に予算が割り当てられました。しかし、SCP-1251が移動するという性質が見つかったことで、照明、暖房、娯楽についての計画が十分に実行されることなどなく、その場しのぎの状態が続くことになりました。さらに、当初サイト1251-1に割り当てられた予算は、管理ミスにより繰り越されませんでした。収容チームのために始まった非公式の「救済基金」が███博士によってセクター-25に設立されましたが、不適切であるとして管理部門によって没収されました。収容手段の見直しの後、専用車両、発電機、テレビ、電子レンジ、暖房装置が付いた移動式の収容ユニットが設置されるようになりました。そして食料と娯楽のための恒久的な予算が設立されるようになりました。


████/07/██: 本日現場に到着し、収容方法の脆弱性にショックを受けた。初めにチームに割り当てられたクレジットカードや口座は空にされていたため、職員たちは食料を買うのに自身の金をあてている。████████への訴えはどうやら無視されたままのようだ。チームのメンバーには、1251の任務は期間限定であると思い込んでいる者もいるようで、家族のもとにいつ帰ることができるのか私に尋ねてきた。このような状況にもかかわらず、チームが依然として収容に熱心であり、限られた資金で収容できているという奇跡に近いことが続いている。


████/09/██: このところ寒くなってきている。私はセクター-25に連絡を取ろうとしたが、SCP-1251が動いても、ローカルのメールアドレスと電話コードは更新されていないようだ。私はいくつかの小さなガスヒーターを個人的に購入して配布した。周辺の交差点を監視するために使用されていたリモートカメラのいくつかは故障しており、民生品と交換する必要があった。これもチームの自己負担で購入した。私は、1251の収容方法が改訂されることを強く要請する。改訂後の収容方法は一時的なものではなく、またそのようなものとみなされるべきではない。


████/09/██: 1251は追いはぎの死体やら何やらでできているとチームが知る必要はない。もう十分に悪い夢を見ている。


████/10/██: 私たちは目下、6週間ほぼ止むことのない雨を経験している。この天候によってセクター25から職員との最後の通信回線が途絶えているせいで、機器は依然として危機的な状態で、検査も中断されたままだ。


████/11/██: テントBがなくなった。1251の引きつける効果の及ぶ半径は場所の間でわずかに変わる。ばねばかりの1つにあった欠陥のせいで、テントは設営の間にどっかにいってしまった。エージェント█████と████████は今朝起きて、彼らのテントが見たところ吹き飛ばされていたことに気づいた。現在は交差点の標識に巻き付いている。使えなくなっているだろうが、1251が移動したら回収するつもりだ。


████/11/██: 私たちはテイクアウトを5ヶ月間食べ続けている。


████/11/██: エージェント█████は地元の住人と遭遇した。その住人は通常の道路サービスはいつ再開されるのか教えろと要求してきた。セクター-25との交信はいまだにほぼ途絶えていたため、この道路が、表向きには水道本管の緊急修理のため閉鎖されたことに気付かず、そのように伝える代わりに光ファイバーケーブルを敷設中に障害が発生したのだと質問者に伝えた。この食い違いはすぐに取り上げられ、居住者との酷い言い争いが起きた。続いて、私たちの目的が犯罪行為であると確信した警官との言い争いが起きた。幸い警官の直属の上司である████████警部長は財団に関係があり、この状況は公安部の調査であると説明ができたのだと判断した。私は中尉に1251の収容サイトの物資不足は急を要していると伝えるように頼んだ。


████/11/██: 士気が驚くほど低い。こんな状況が続けば、私たちはここを放棄することになるだろう。


████/12/██: メリーファッキンクリスマス。


████/01/██: 今日エージェント█████は出発した。彼はセクター25に戻り、ここの状況に注意を向けるため、収容違反が起きていると報告するつもりだと言った。1私は████████警部長と連絡を取ろうとした。警察本部は、これまでに彼がそこで働いたという記録はないと言った。正式な引き抜きかあるいは記憶処理を使用したことによる再割り当て、どこかで誰かの記憶書き換えが発生したか - そんなの誰が分かるというんだ?


████/01/██: █████からの返事はない。エージェント███████が高い活性状態の1251に入ることによる自殺について開け広げに話し合っているのを耳にした。2


████/01/██: 俺は財団のエージェントなのか?財団は存在するのか?俺はどっかの道路を維持するためのサイトに所属するただの頭の狂った労働者だと考えるのは、理に適ってないか?黄色いテープの外側に世界は存在するのか?俺は大丈夫だ。大丈夫。


████/02/██: 昨夜、雨が止む夢を見た。寝袋から出て、周りをさまよった。空はすっかり闇に包まれていて、月はないし、星もなかった。ただ、地面はひどく明るく照らされていた。俺は1251の影響範囲に歩いて入った。それは俺には触れなかった。俺は「重力じゃない!加速だ!」と叫んだ。すべてがとても理にかなってる。


████/02/██: 分かんないけど、これ誰が書いたんだ。俺じゃない。俺の字じゃない。誰かこのログに書きやがったな。3


████/02/██: 1251が今日███████を食べた。彼が叫んでいるのを聞いて寝袋から出た。 どこにも月を見ることができなかった。 彼はラウンドアバウトの入り口に立っていた。「全部嘘なんだ。財団なんてなかったんだ。」と彼は言い、中へ歩いていった。1251は高い活性状態ではなかったはずだが、それでもやはり、それは彼を中に吸い込み、彼を埋めた。それからそれは動いた。そいつは今2つに増えている!2つの1251がうろついている。全くなんてことだ。科学者が電灯も暖房も何もかもきちんと動いている白い世界から戻ってきたならば、1251のうち1つの下にある硬い帽子を被った死体を見て叫ぶことだろう。あれが移動の意味だ。モールス符号だ。1時間ごとは短点、1日ごとは長点。黒い土の下で狂ってしまって、███████が今や出来るのは、月に1文字出すことだけだ。彼は「重力じゃない!加速だ!」と言っているようだ。4


████/02/██: やつらは私のテントの外にいる。私を殺さなければならないだろう。5

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。