超常現象記録-JP
rating: +141+x

前記:
これらの超常現象に関する記録は日本国内・国外での、財団が関わったおかしな出来事です。財団の隠蔽工作チームが送られ、市民からこれらの証拠を隠しました。
—エージェント・カナヘビ



ページがロックされている場合、他のユーザーが記録を作成中である可能性があります
しばらく待ってから再度試してください

ソート方法: 高評価順, 低評価順, 古い順, 新しい順, ランダム



クレジット

著者: NanashikunnNanashikunn

概要紹介: ██県██市の沖合にて旧日本海軍の艦艇役███隻が集結し、1時間後海中にゆっくりと沈んで行きました。自衛隊や在日米軍のレーダーには映っておらず、旧日本海軍の艦艇はどれも最終兵装の時であり、███隻中██隻は計画されただけの艦艇でした。
発生日時: 20██/██/██
追跡調査措置: ██市の海底を財団エージェントが調査しましたが旧日本海軍の艦艇は一隻も見つかっておらず、本来の場所から移動しているというような痕跡もありませんでした。██市の住民にはBクラス記憶処置が行われました。



クレジット

著者: AF_XLIAF_XLI

概要紹介: 背中にハクチョウ属(Cygnus)の翼が生えた人形実態が2体(以下EN-133-JP-A-1、EN-133-JP-A-2と表記)出現し、解読不可能の言語で会話を行いました。約6分間会話を続けた後、EN-133-JP-A-1が雑居ビルに設置されたカメラに向けて██県██市の座標が書かれた金属製の板を1分間掲げ、その後EN-133-JP-A-1とEN-133-JP-A-2は窓から外に飛翔しました。

EN-131-JPの発生中、以下EN-133-JP-Aより半径1km圏内の生物は発声を行いませんでした。影響下にあった人物にインタビューを行った結果、「何となく喋ってはいけない気がした。」との証言が取れています。
発生日時: 20██/██/██ 14:36:02〜14:48:14
場所: ██県██市 雑居ビル3階
追記: EN-133-JP-AのSCPオブジェクトへの再分類が検討されています。



クレジット

著者: stengan774stengan774

概要紹介: 日本国大阪府に所在する書店である紀伊國屋書店 梅田本店において、陳列されていたブリタニカ国際大百科事典(第3版)全20巻に100,000枚以上の新たなページが出現し、それに伴う物理的体積の急激な増加によって書棚など一部設備の破損・崩壊が引き起こされました。
発生日時: 2002/██/██
追跡調査措置: 新たに出現したページには、"アカフ遺跡"、"メイロヴァイム(都市)"、"ポネア多胞体"などの一般社会において未知の項目が多数確認されています。当現象の発生同年(2002年)が現在、紙媒体でのブリタニカ国際大百科事典が出版された最後の年であることとの明確な関連性は明らかになっていません。



クレジット

概要紹介: ██放送にて本来放送される番組ではなく、「レッサーパンダVSミナミコアリクイ」が生放送で放送されました。放送時、多数の財団職員も当該番組を視聴していましたが、違和感を覚えた職員はいませんでした。2匹は14:11まで互いに二足直立で威嚇を続けていましたが、乱入してきたアメリカザリガニの威嚇により2匹が逃走したことで番組が終了しました。
発生日時: 20██/██/██ 13:30~14:12
追跡調査措置: 瞬間視聴率は80%以上を記録したにも関わらず、追跡調査で当該番組について記憶している人間を発見することはできませんでした。本記録は記憶補強剤を服用していた職員複数人の報告によって確認されたものです。
放送後、██放送の株価が大幅に下落しましたが、当該現象との関連性は不明です。



クレジット

著者: PhylliidaePhylliidae

概要紹介: 中国のゴビ砂漠にて、観測地点からおよそ5km離れた位置に見える蜃気楼から突如、シロナガスクジラ(Balaenoptera musculus)に酷似した実体が飛び上がる様子を別のオブジェクトの調査にあたっていた財団エージェントが目撃しました。
発生日時: 2003/06/██
追跡調査措置: 目撃後すぐに当該エージェントが実体が出現したと思われる場所を調査したものの、特筆すべき痕跡は見つけられませんでした。



クレジット

著者: sendoh-orokasendoh-oroka

概要紹介: 日本支部での未解明領域記録の未整備。
発生日時: 1945/12/31 ~ 2021/02/12
場所: 財団81管区
追跡調査措置: 転眼式見未詳資料/目録編纂室:81管区室長代理により記録の編纂が行われた。
追記: どうして76年間誰もやってくれなかったんですか!おかけで徹夜続きですよ!! —転眼室長代理



クレジット

著者: GokipoGokipo

概要紹介: 突如として、一座標に同様の特徴を持つ建造物が283棟出現しました。建造物の特徴として、机が40台、黒板が1枚それぞれ備え付けられていました。
発生日時: 201█/██/██
場所: カンボジア・ウドーミアンチェイ州の小村
追跡調査措置: 建造物とそれに伴う瓦礫はすべて回収し、村民には記憶処理を施しました。また、出現時刻は東京都のボランティアグループ「██████」による集団自殺事件が発生したと思われる時刻と±10分の誤差で一致し、関連性が疑われています。



クレジット

概要紹介: 道路を歩行中だった男女4名の頭部が突如サイコロ状に27等分され、目まぐるしい速度で一列毎に回転し始めました。回転は約1分20秒後に静止し、被害者の頭部は切断された状態で周囲に散乱しました。また、回転の挙動は同時刻にネット上で配信を行っていた████氏が操作していたルービックキューブと連動していました。
発生日時: 2019年█月██日 23時13分
場所: 埼玉県██市█町
追跡調査措置: 回収された遺体とルービックキューブは特異な性質を示さず、目撃者も居なかった為、配信のアーカイブを削除し一般的なカバーストーリー流布処置が行われました。████氏はこの現象を認知しておらず、3年の経過観察の後に監視は打ち切られました。被害者、████氏、その関係者に一切の関連性は見つかりませんでした。



クレジット

著者: MistertakoMistertako

概要紹介: 「2030/12/01 12:00、この場所でくしゃみをする人物が現れる、備えよ」と刻印された、ベリリウム銅製の板が出現。金属板はゆっくりと回転しながらその場で浮遊し、1時間後に消失した。
場所: セクター-81██の中庭
追記: SCPオブジェクトまたは未解明領域記録への再分類が協議され続けている。



クレジット

著者: MistertakoMistertako

概要紹介: 当時無人だったエージェント・██の私室に1羽のダチョウ(Struthio camelus)が出現。エージェント・██が帰寮するとそちらに顔を向け「私に見覚えがあるだろう。ほほほ、驚いてくれたかな?」と発言して消失した。
発生日時: 2013/3/9
場所: セクター-81██
追記: 発話した際の音声はエージェント・██の父親の声紋に酷似していた。エージェント・██およびその父親はこの実体に関する記憶はないと証言している。



クレジット

著者: MistertakoMistertako

概要紹介: 日本語を話しキネトグリフを操るタスマニアデビル(Sarcophilus harrisii)と、全身が赤熱したナイフで構成された人型実体が出現し、戦闘を開始した。戦闘はおよそ5分の間行われ、タスマニアデビルが勝利した。両者は互いを讃えるようなボディランゲージを行い、付近のファミリーレストランで食事をとり、退店後に消失した。料金は人型実体が取り出した携帯端末を介して電子決済で支払われていた。
発生日時: 2000/██/█
場所: 秋田県 潟上市の路上
追跡調査措置: 目撃した民間人はこれらの出来事に違和感を抱いておらず、記録情報の削除以外に事後処理を必要としなかった。電子決済に使用された口座の確認を試みたが、存在しない口座からの入金であった。



クレジット

著者: MistertakoMistertako

概要紹介: その場に居合わせた男女20名の筋肉が突如異常に発達し、ボディビルディングにおいて使用されるポージングを行い始めた。被影響者は連続してポージングを行いながら周囲を歩行し、他の被影響者と筋肉を見せ合うなどの行動をとった。目撃した民間人にはフラッシュモブとして認識されていた他、被影響者の筋肉に感銘を受ける様子を見せた民間人は同様の影響を受け、最終的な被影響者数は47名に上った。異常性発現から20分後、被影響者全員が泣き始め、一様に「違う! これは神に賜った筋肉ではない!」と叫び、同時に消失した。
発生日時: 2020/10/29 17:37
場所: イオンモール秋田



クレジット

著者: MrDrYTisgodMrDrYTisgod

概要紹介: 2020年11月12日に放送された、CM「赤いきつね緑のたぬき」において、本来「赤いきつねと緑のたぬき」と言われるはずのところが「赤い右手と法の左手」と放送された。放送までの過程に一切の異常は見つかっていない。
発生日時: 2020年11月12日
追跡調査措置: [削除済]調査が行われたが、更なる情報は発見されていない。撮影元の東洋水産株式会社についても、異常や超常団体との関わりはなかった。



クレジット

著者: v vetmanv vetman

概要紹介: 深夜23時39分、財団サイト8196職員宿舎四階休眠エリア中央通路にて、頭部を欠損した人型実体が出現しました。実体は当時各職員が仮眠をとっていた部屋の扉を執拗に叩きながら断続的に叫び続け、結果的に仮眠室内からこれを観測した非戦闘職員により即時通報されました。

通報の42秒後、当該エリアにセキュリティチーム96-11(“腕相撲最強選手権”)所属警備員8名が到着、412仮眠室前にて扉に向かい、泣き叫ぶように日本語で何かを訴えていた人型実体を視認し、これをテザーガン、警棒、拳銃、徒手格闘を用いて鎮圧するフェーズに移行しました。実体は駆け寄った警備員の存在を認識した瞬間突如跪き、一言明瞭な声で「逃げろ」と叫び、即座に消失しました。

その後の調査により、当該実体が世界オカルト連合が運用する特殊兵装、“ホワイト・スーツ”に酷似する強化外骨格を装着していたことが、警備員による証言と監視カメラによる記録で発覚しています。
発生日時: 2021/10/21
場所: サイト8196職員宿舎四階休眠エリア
追跡調査措置: 81管区超常現象記録追跡調査委員会による臨時捜査チームが設立され、これを調査しています。



クレジット

著者: Ruka_NaruseRuka_Naruse

概要紹介: 本部・各国支部を問わず、報告書内に使用されている全て大半の画像データの右下部に、黒い円の中に"CC"という文字列が入っているマークが出現しました。マークは出現から24時間後に自動的に消滅しました。
発生日時: 201█/█/██
追跡調査措置: 財団本部の画像データのうち██%のデータにはマークが出現しませんでした。現在、マークが出現しなかったデータを回収し、異常性の是非を調査中です。
何か被害が出た訳でもないんだからそこまで神経質にならなくたって良いんじゃないか? - D・ホワイト上席研究員
いけません。そういった杜撰さは必ずどこかで皺寄せがやってくるものですから。 - 小野博士



クレジット

概要紹介: ロシア語版Wikipediaでその時点で生存していた全てのhomo sapiens sapiensに関する非常に正確な個別記事が生成されました。瞬間的に発生したにも関わらずWikipediaを保管するサーバーは如何なる負荷もストレージ消費も無かったことを留意してください。
発生日時: 2019/11/5 UTC 8:22:19
追跡調査措置: 発生から直ちに当該サイトへのアクセスを遮断。膨大な記録の回収の為200時間程の長期ブロックが行われた。

回収されたデジタルデータを解析した所、約150箇所程に記述の矛盾点が発見されたが、自然言語の記述能力の限界に起因するものなのか、または物理法則的に正常な作用なのかは不明



クレジット

著者: Touyou FunkyTouyou Funky

概要紹介: 静岡県██市██町内の食料品店██を中心とした半径1kmの領域において、解錠に4桁の番号を要する全ての南京錠及び電子ロックの解錠番号が未知の原理により瞬時に「6666」へと変化しました。
発生日時: 2020/2/23 13時頃
場所: 静岡県██市██町
追跡調査措置: 事案発生から2時間後に全ての番号は財団のエージェントにより変更されましたが、エージェントの到着までに少なくとも██件の自転車盗難が発生しました。



クレジット

著者: Utsuki_KUtsuki_K

概要紹介: NHK教育テレビジョン(現:NHK Eテレ)放送の教養番組「いないいないばあっ!」に登場する全ての人物(アクター含む)の台詞が焚火の燃焼音に、番組内の全ての使用楽曲が「金属同士が擦れ合うような」と形容される無機質な音に、それぞれ置換されました。
発生日時: 1997/██/██ 16:05~16:07
場所: 日本全域
追跡調査措置: カバーストーリー「放送事故」が適用されました。インシデント発生後、音声データ、放送局内部システム、通信回線が検査されましたが、いずれにも異常な点は確認されませんでした。



クレジット

著者: Utsuki_KUtsuki_K

概要紹介: 幼稚園児が██農園にて芋掘り遠足を行っていた際、畑の一角に大穴が空き、異常実体が出現しました。異常実体は長さ80cm程の薩摩芋にデフォルメされた顔や手足がついたような外見をしており、出現直後に園児ら4名に平手打ちを行いました。
異常実体は、薩摩芋が日本に伝来した経緯、薩摩芋に含まれる栄養素や用途についての解説を園児、保育士らに向けて行い、芋掘りの過程で園児らが地下茎を切断したことを強く叱責しました。その後、平手打ちを行ったことを謝罪しながら園児らの頭を撫で、大穴に潜るようにして消失しました。
発生日時: 2009年10月03日 10:30
場所: 群馬県██村 ██農園
追跡調査措置: 関係者全員に記憶処理が施されました。異常実体の追跡調査は現在も有効な成果を挙げていません。



クレジット

著者: Utsuki_KUtsuki_K

概要紹介: 中部山岳国立公園内の山小屋である横尾山荘にて、修験者風の装備を身に着けた人型実体3体が目撃されました。人型実体らは山荘オーナーに対して日本酒一升の購入を希望し、商品を受け取った後オーナーに十銭札(明治通宝)3枚を差し出しました。オーナーは利用可能な紙幣での支払いを求めましたが、人型実体らはそれを無視して山荘を退出し、背中から鳥類のものに類似した黒い翼を生やしてその場から飛び去りました。
発生日時: 2003年09月12日 およそ14時から14時20分にかけて
場所: 長野県松本市安曇上高地 横尾山荘
追跡調査措置: 目撃者63名は全員追跡、特定され、Aクラス記憶処理を施した上で解放しました。回収された十銭札に異常性は確認されませんでしたが、参考資料として保管されます。同施設は20██年まで監視されます。



クレジット

著者: SuamaXSuamaX

概要紹介: 財団のフロント企業である株式会社叢雲カタリストパートナーズの経理課に勤務していた38名が同時に嘔吐しました。吐瀉物を吐ききってからもえずき続け、約24分後に体表面がめくれるようにして消化管が口から露出しました。その後も嘔吐を続け、約3時間後に体表面が完全に消化管で覆われた状態を経由したのち、嘔吐開始から約7時間後に元の状態に戻りました。被害者に外傷は見られませんでしたが、全員が不快感と吐き気を報告しています。なお、当日は株式会社叢雲カタリストパートナーズの休日であり、38名を除き出社した人間はいませんでした。38名がどのように鍵を開けたのか、何故誰も異変に気付かなかったのかは不明です。
発生日時: 2019年5月5日
場所: 株式会社叢雲カタリストパートナーズ本社ビル2F



クレジット

著者: MisharyMishary

概要紹介: 乳白色の「胎児」と形用される人型実体の集団が、「しぃしぃ」「ひぃひぃ」「きぃきぃ」という音声を発しながら練り歩いていたとする情報が多数寄せられました。事象の発生範囲は当時豪雨が続いていた広範囲にわたっています。映像記録は全て財団によって回収され、「ストレスによる幻覚」のカバーストーリーが適用されました。
発生日時: 2017年7月5日-6日
場所: 福岡県南東部・大分県北西部の各地
追記: 2020年7月初頭の豪雨に際し、九州の北部を中心とする広い範囲で同様の事例が多数確認されました。回収された映像記録を用いた分析の結果、平均個体数が増加しており、集団内に一部「幼児」と形容されるような個体が含まれていることが明らかとなっています。



クレジット

著者: TsukajunTsukajun

概要紹介: ██████幼稚園の年長組である「ライオン組」の園児全員が2人に分裂し、その後全てのオリジナルが破裂しました。破裂した体内からは同体積の玩具、紙テープが出現しました。
発生日時: 2005年12月24日 14時23分
場所: 京都府██市██町██████幼稚園
追跡調査措置: 関係者全員にAクラス記憶処理を施し解放しました。分裂した園児に対して監視が行われていましたが異常性は確認されず、現在は中断されています。



クレジット

著者: mash_1133 does not match any existing user name
(旧ページより移転)

概要紹介: 大阪府にある太陽の塔の「黄金の顔」の瞳部から、1分にわたって██Nmの光が一点に向かって放たれました。ここ近辺にAクラス記憶処理剤が散布されました。
発生日時: 1980/3/15 23時59分
場所: 大阪府吹田市万博記念公園太陽の塔
追跡調査措置: 調査の結果、23時56分ごろから、太陽の塔が不可視の膜に覆われていたことが分かりました。この現象の原因とみられていますが、依然として正体はわかっていません。太陽の塔の監視は継続されます。



クレジット

著者: sendoh-orokasendoh-oroka
(旧ページより移転)

概要紹介: ███寺の阿弥陀仏の螺髪の1つ1つが膨張し同阿弥陀仏頭部に変化しました。同阿弥陀仏頭部の増殖は███寺本堂を埋め尽くすまで継続しましたが、突如全ての阿弥陀仏頭部が赤い液体を撒き散らして破裂し増殖を停止しました。
発生日時: 1969/01/04
場所: 京都府京都市██区███寺
追跡調査措置: 回収された液体を成分分析した結果、咀嚼された柘榴だと判明しました。



クレジット

著者: NenRikiNenRiki
(旧ページより移転)

概要紹介: 福井県南条郡███町を中心とした瞬間的に急激なヒューム値の変動が起こりました。この変動による地域への影響は不明です。しかし、住民への聞き取り調査により、発生日時に防災行政無線から「これはサワシロユキのテストです」と2回繰り返し放送されていたことが分かりました。放送を行った人物、およびサワシロユキなる人物を発見することは出来ませんでした。
発生日時: 2003年5月23日17時13分00秒
場所: 福井県南条郡███町
追跡調査措置: 発生から10年間、当該地域内10か所にヒューム値測定を含む複数の測定機器を設置し観察を行います。



クレジット

著者: O-92_MalletO-92_Mallet
(旧ページより移転)

概要紹介: 集合住宅である██████ビルの406号室より、「スマートフォンから大量の水が噴出している」という旨の通報が行われたことが確認されました。8分後に現場に到着した財団エージェントは、室内の床が水深5cm程度の黒く濁った海水で覆われていることを報告しました。水量の少なさに反し室内の全ての家具は圧壊しており、水深1,000m帯の深海に匹敵する水圧荷重が加えられたことを示唆しました。室内の壁は意味を持たない配列の英数字と記号を模した重油の染みで隙間なく被覆されていました。室内から回収されたスマートフォンは塩害によって機能を停止しており、復元されたWebブラウザ閲覧履歴はアダルトサイトから転送された███件の連続したリダイレクトページのURLで埋め尽くされていました。部屋の窓と換気口が開放されていたにも関わらず、室外には一切の異常な影響が認められませんでした。
発生日時: 2018/08/03 23:13
場所: 東京都████ ██████ビル
追跡調査措置: 406号室は一時的な収容下に置かれましたが、通信機器からの海水噴出現象について一切の再現性が得られなかったため、除染作業ののち収容から解放されました。閲覧履歴のリダイレクトを追跡した際に最終的に表示された1枚の画像は、嵐の海に浮かぶ一隻の救命ボートに乗った一人の男性を描写しています。画像の男性の容姿は406号室に居住していた行方不明の男性とは一致しません。



クレジット

著者: kainndokainndo
(旧ページより移転)

概要紹介: ██拘置所にて死刑が執行された際、その手段としてギロチンによる斬首刑が用いられた。使用されたギロチンの刃は著しく錆びており、刃の落下が途中で止まった。その為、担当官は5人がかりで刃を死刑囚の首に押し当て、50分以上かけてようやく切断出来た。当時この異常には、死刑囚本人以外の全職員が気付いていない様子であった。異常の認知は斬首刑の執行終了後から正常に行われ、担当官から財団への通報がなされた。
発生日時: ████/██/██
場所: ██拘置所
追跡調査措置: 現場に居た全ての職員から事情聴取をした後、記憶消去処置が施された。死刑囚の遺体は通常通り供養された。当該拘置所には2020年まで秘密裏に監視される。



クレジット

著者: iknowsupahackaiknowsupahacka
(旧ページより移転)

概要紹介: 映画監督、小説家として知られているジョン・セイルズがサイト-8181のエントランスに突如出現しました。重大なセキュリティ違反にも関わらず警備員による排除や勾留の試みは行われずに、セイルズ氏は付近にいた虎屋博士、近藤研究員に挨拶を交わした後、セキュリティクリアランスを無視するかのようにサイト内を進入し途中、当時のサイト管理者、A.カナヘビに謁見を交わしました。その後セイルズ氏は██████経由でサイトを退去し浅草、秋葉原に滞在し、最終的に東京大学へと向かい本郷キャンパスの図書館内で消滅しました。後に行われたセイルズ氏含めた接触者へのインタビューによると例外なく全員が非常に困惑と認知的不協和を訴えていました。
発生日時: 2019/██/██ 22:39から翌日の4:25まで
場所: サイト-8181を起点に非常に広範囲に渡る
追跡調査措置: ジョン・セイルズ氏の記憶処理は完了し、本現象に関係する映像記録は全て回収されました。



クレジット

著者: MonidrakeMonidrake
(旧ページより移転)

概要紹介: 午前2時5分、通路に設置された監視カメラ映像で、通行していたサラリーマン6名が突然カメラ上部に頭部のみが隠れるように引き上げられ、しばらくもがいた後に首吊りのような状態で揺れる様子が確認されました。被害者は15分後に画面上部に引き上げられるように消失しました。別の監視カメラ映像では5名が問題なく通行し、1名が突然床をすり抜けるように消失する様子が確認されました。
発生日時: 2019年3月24日02時05分〜02時20分
場所: 宮城県仙台市一番町
追跡調査措置: 消失した1名を除く5名は身元を特定され、監視カメラを含めて3ヶ月の監視が行われましたが特に異常は確認されませんでした。消失した1名の身元は現在も不明です。



クレジット

著者: magisamagisa
(旧ページより移転)

概要紹介: 財団に勤務している███医師を撮影したすべての写真に複数の黒い影が出現しているのが確認されました。 また、写真に耳を近づけたところ、複数の言語でのうめくような音声が確認されました。 なお███医師は現在倫理委員会とO5による弾劾審議が進行中である。
発生日時: 2███/ ██/ ██
場所: 幼少時のもの含め███医師の写真すべて。
追跡調査措置: ███医師の経歴を追い、すべての写真の回収及び目撃者のAクラス記憶処理が完了、心霊系オブジェクト担当により調査中。
音声は解析の結果東南アジア、アフリカ等の貧困地域で使われる言語での呪詛の言葉と███医師の本名および███医師が外部調査中使っていた複数の偽名だと判明しました- ██研究員



クレジット

著者: Ikkeby-VIkkeby-V
(旧ページより移転)

概要紹介: 国土交通省の航空路監視レーダー、航空自衛隊および在日米軍のレーダーサイトなどによって、高度約10,000 mを飛行する所属不明機が探知され、物体を投下した後に消滅しました。投下された物体は京浜工業地帯へ達するコースを取って降下していましたが、高度1,000 mに達したところであらゆる観測手段での感知が不可能となりました。財団の超々望遠カメラによる画像観測によって、投下された物体は頭長高12 mほどの人型機械であり、機体各所に「東弊警備保障」というマーキングが施されていることが確認されています。
発生日時: 20██/██/██ 17:06〜17:11
場所: 関東地方上空
追跡調査措置: 各官公庁内の情報操作および目撃者への記憶処理措置は正常通り行われました。また、同現象を観測していた世界オカルト連合極東部門との情報共有によって、人型機械が携行していた装置が、GOCがSCP-748排撃用に準備していた装備に近似するものであることが判明しており、SCP-748起源の情報で言及されている「トーキョー」との関連性が指摘されています。なお、同現象とGoI「東弊重工」との関連は不明です。



クレジット

著者: koke_zizoukoke_zizou
(旧ページより移転)

概要紹介: ██村において、04:18分から71分間「エリーゼのために」が全ての音響機器から再生されました。██村の音響機器には異常が見られず、「エリーゼのために」が録音されている記録媒体も存在しませんでした。
発生日時: 20██/██/██ 04:18~05:29
場所: ██県██村
追跡調査措置: ██村の村民にはクラスA記憶処理が施されました。調査により██村出身のピアニスト██氏(71)が同時刻に██赤十字病院で死亡している事が確認されました。██赤十字病院ではPHS着信音に「エリーゼのために」を使用していた事が判明しています。



クレジット

著者: furabbitfurabbit
(旧ページより移転)

概要紹介: JR███線・███駅23:39発の普通列車が運行中に線路上から外れ、太陽系外縁へ向かいました。車両は火星・ケレス・土星などに接近した後、海王星軌道近傍の一点を経由して地球へ帰還。真空および事実上の光速超過は車両や乗客に影響を及ぼさず、次の███駅着に遅れもありませんでした。
発生日時: 2018/10/04 23:41~23:44
場所: 長野県██市
追跡調査措置: 乗客および関係者にはクラスA記憶処理が施されました。地上からの観測に実効的なものは少なく、車両内からの記録についてもすべて編集が完了しています。



クレジット

著者: inemurikinemurik
(旧ページより移転)

概要紹介: ███幼稚園で、給食の時間に園児██名全員が咀嚼していた食物を一斉に吐き出しました。教諭によると、中にはその場で嘔吐したり、号泣する児童もいたということです。当日の給食の献立はカレーライスでしたが、吐き出されたものは全てピーマンや梅干し等、各児童の嫌いな食物であったことが確認されています。これらはカレーライスの材料には一切含まれていません。
発生日時: 2015/09/██
場所: 埼玉県██市
追跡調査措置: 関係者にクラスA記憶処理を実施し、カバーストーリー「異物混入」を適用しました。給食業者への立ち入り調査では、異物混入を示す証拠は得られませんでした。また、当該業者の給食を利用している他の幼稚園では同様の事象は発生していません。███幼稚園は2018/09/██まで監視下に置かれます。



クレジット

著者: inemurikinemurik
(旧ページより移転)

概要紹介: 複合レジャー施設「████公園」のペンギン舎にて開催されていたフンボルトペンギン(Spheniscus humboldti)の餌やり体験イベント中、参加者の██ ██氏(男性)が突然消失しました。近くにいた飼育員および複数の来園者が、「██氏がペンギンの臀部を撮影しようと接近したところ、総排泄孔へ吸い込まれるようにして消失した」という旨の証言を行っています。また、その瞬間の写真も撮影されていました。
発生日時: 2017/██/██
場所: 埼玉県██町
追跡調査措置: ██氏が来園していたことを示す写真等を全て削除の上、関係者にクラスA記憶処理を実施しました。関与が疑われるフンボルトペンギン(メス)は各種検査において一切異常はみられず、その後の健康状態も良好ですが、他のメスに執拗に接近を試み求愛行動をとるなど、当該現象前後で行動の変化が確認されています。



クレジット

著者: TF2045TF2045
(旧ページより移転)

概要紹介: 宿泊施設「████████」の宿泊客である██ █氏が、同施設の売店で商品を購入中、キヤノン株式会社が販売するインクカートリッジ(6種、合計34個)を嘔吐しました。防犯カメラの映像から、嘔吐時の██氏の口腔・口唇は大きく拡張されていたことが判明していますが、嘔吐終了後の██氏の身体に異常は見られませんでした。██氏がチェックアウト後に、当現象で発生したものと同一のインクカートリッジの購入を予定していたことは特筆すべきです。
発生日時: 兵庫県淡路市
場所: 2015/7/28
追跡調査措置: 関係者にはAクラス記憶処理が施され、監視カメラの映像は差し替えられました。回収されたインクカートリッジに異常性は確認されませんでした。



クレジット

著者: KoupreysShinboneKoupreysShinbone
(旧ページより移転)

概要紹介: 神奈川県██市にある小田急小田原線██駅から少なくとも5km範囲内では、人口密度が████人/km2と高水準であるにも関わらず、財団日本支部が設立された1945年から現在に至るまでSCPオブジェクト・Anomalousアイテム・超常現象と言った異常な事象が一切報告されていません。これは財団においては特異な事象であり、ヒューム値測定や周辺の要注意団体調査、またその他の調査でも異常は見られず、原因は不明です。
発生日時: 20██/██/██
場所: 神奈川県██市
追跡調査措置: 当事象の正式な報告登録をもって異常性の喪失が宣言されます。



クレジット

著者: chuukunnchuukunn
(旧ページより移転)

概要紹介: █日後に取り壊し予定であった集合住宅「██」内部に存在していた住民が7秒ごとに消失と再出現を繰り返しました。現場に突入したエージェント・██は、集合住宅内部に存在中住民と同様にこの影響を受けました。この現象は、██分後に住民全員が消失し戻らないまま終了しました。特筆すべきこととして、エージェント・██を除く住民が動く様子は一切見られないにもかかわらず、全住民が消失時まで生存していたことが判明しています。
発生日時: 2018/█/██
場所: 東京都██区
追跡調査措置: 関係者にAクラス記憶処理を実行し、カバーストーリー「マンション全焼」を適用しました。エージェント・██が設置したGPSの検証により、消失した住民は現在マンションの地下████m地点に存在していることが判明しました。



クレジット

著者: sugoitakaiBILLsugoitakaiBILL
(旧ページより移転)

概要紹介: 帰宅途中だった東京都██区のIT企業[編集済]社の代表取締役社長である███ ██氏が、スーツ姿に首吊りロープを首にかけた男により刃物でめった刺しにされ殺害される事件が発生しました。犯人は男性を殺害した直後に死亡したと思われ、その場に倒れました。
発生日時: 20██/██/██ 22時頃
場所: 東京都██区、███駅付近
追跡調査措置: 捜査の結果、犯人は同社に勤務していた██ █であると判明しました。しかしながら██は事件発生の2年前に首を吊って自殺しており、遺体も既に火葬・納骨されていた事が判明しました。調査の結果██の遺骨は消滅などはしておらず、納骨された時のままであることが判明しています。なお、この事件の際回収された██の遺体はDNA鑑定等の結果██本人のものであり、死因は縊死、死後3日程経過している状態であると断定されました。██の遺体は現在サイト-81██にて冷凍保存されています。
なお、被害者の経営していた[編集済]社は労働基準法違反が常態化しており、2年前に死亡した██も過労自殺と認定されていましたが、その事実と今回の事件に関連性があるかは不明です。



クレジット

著者: kainndokainndo
(旧ページより移転)

概要紹介: ██県の民家にて、偶発的としか思えない数々の出来事によって、民間人1名の首と玄関扉のドアノブにロープが絡まり、財団エージェントが扉を開けた事によって頸部骨折・男性が即死する事故が発生した財団エージェントは発信者不明の通知から、現地に異常現象が発生すると通告を受け、現地に派遣されていた。男性及びその自宅周辺にこの他の異常は確認されていない。
発生日時: 2016/01/17
追跡調査措置: 警察に潜入した財団工作員により事故として処理され、全ての記録は押収された。また、関与した財団エージェントには休暇とカウンセリングの期間が設けられた。



クレジット

著者: WanazawawwwWanazawawww
(旧ページより移転)

概要紹介: 長野県小諸市に位置する実験サイト-81██に最も近い国道である国道[編集済]号の路上にて、突如スマトラサイ(Dicerorhinus sumatrensis)のオスの個体と思しいサイが後足で直立した状態で発見されました。サイ型実体は発見から54秒の時間をかけて、たどたどしい動きで同サイトの方向の約15°左へ身体を向けてから、明確に体構造的に不可能な機敏な動作でタップダンスを踊り始めます。発見から136秒後、成人女性が乱暴に発しているように聴こえる音声で、繰り返し「ミスター・犀賀 ミスター・犀賀 ミスター・犀賀 誰ですか ミスター・犀賀 ミスター・犀賀 犀賀六巳って 誰ですか ヘイ ヘイ 君だけの ミスター・犀賀を見つけたな ほんとかよ 教えてよ 犀賀六巳って 誰ですか」と歌唱し始めます。発見から3575秒後、同サイト所属の収容部隊が発見から3610秒後に発生現場に到着する直前に、サイ型実体は痕跡を一切残さず消失しました。
発生日時: 2017/10/16 02:32 サイ型実体発見
追跡調査措置: 偶然、或いはこの現象の異常性の発露の一部として、この現象を目撃した民間人は1名も確認されていません。実験サイト-81██は20日間かけて長野県内の別所へその機能を移転しました。同サイトの監視カメラの録画映像は、現在セキュリティクリアランスレベル4以上の職員に公開されています。この超常現象は、「犀賀六巳」、及び「ゲーマーズ・アゲインスト・ウィード」に関連するものであることがほぼ確実視されています。なお、このサイ型実体が、実際にこれまでに存在を予見されていた「ゲーマーズ・アゲインスト・ウィードのミスター・犀賀六巳」と呼称すべきオブジェクトであるのか否かは、現在結論を保留されています。



クレジット

著者: NagasaNagasa
(旧ページより移転)

概要紹介: 財団フロント企業である病院へ、胸から心臓にかけて円錐状にくりぬかれたような穴が空いた男性が緊急搬送されました。通報者の男性は、歩いていた男性の胸の付近に直径3cm程度の黒色の球体が出現し、気付かずに前に進み球体に接触した男性の胸元を消失させたと供述しました。
発生日時: 2018/1/1
場所: 滋賀県██市
追跡調査措置: 男性はその後死亡が確認され、カバーストーリー"銃殺"を適用しました。現場に黒色の球体は確認されず、傷口の形状から男性の体内で消滅したと結論付けられました。目撃者にはAクラス記憶処理を施しました。



クレジット

著者: kugi_8kugi_8
(旧ページより移転)

概要紹介: サイト-████のDクラスを含む全ての職員の寝室にラッピングされたプレゼントボックスが出現しました。目撃者は「空中から突然現れたように見えた」と話しました。全てのセキュリティシステムは異常を検知していませんでした。
発生日時: 2017/12/25 0時頃
場所: サイト-████
追跡調査措置: サイト-████と時差のあるサイトの職員の寝室に監視カメラの設置を指示しました。検査の結果プレゼントボックスの内容に異常性は見られませんでしたが、全て没収しAnomalousアイテムとして保管されています。



クレジット

著者: sugoitakaiBILLsugoitakaiBILL
(旧ページより移転)

概要紹介: 第██回衆議院選挙に向けて演説中だった██ ██氏およびその周囲にいた運動員及び群衆が突如未知の楽曲を合唱し始めました。合唱は4曲に渡って行われましたが、4曲目終了直後に何事もなかったかのように演説が再開されました。
発生日時: 19██/██/██
場所: 日本国有鉄道██駅(現JR██駅)前
追跡調査措置: 調査の結果██氏以下合唱をしていた人物は全員その事実を記憶していませんでした。また、当時██氏の演説等を撮影していた人物はいなかったため、特に記録の改竄等は行われませんでした。なお、██氏はその後の選挙では落選しましたが、██氏は事前より当選の可能性は薄いと見られていた候補者だったため、落選とこの出来事との因果関係は不明です。
追記:20██/██/██ 定期追跡調査の結果、この事件において合唱された曲はそれぞれOVA『銀河英雄伝説』の劇中歌である『自由惑星同盟国歌』、『星のカービィ ロボボプラネット』の劇中歌『銀河に名立たるハルトマン』、アニメ『けものフレンズ』のオープニング曲『ようこそジャパリパークへ!』である事が判明しました。残り1曲については現在も不明です。



クレジット

著者: sugoitakaiBILLsugoitakaiBILL
(旧ページより移転)

概要紹介: 海上保安庁により東日本大震災の影響で沖合に流出した船舶の回収作業が行われていた中、█隻の漁船およびプレジャーボートと共に第二次世界大戦時のドイツ軍の魚雷艇であるSボートが発見・回収されました。当時の状況にも関わらず、回収されたSボートは全くの無傷でした。
発生日時: 2011/5/██
場所: 宮城県██市南東の沖合
追跡調査措置: Sボートについては財団が回収、Anomalousアイテムとして保管しています。また回収にあたった海上保安官らに対してはクラスA記憶処理が行われました。なお、回収されたSボートを調査したところ、兵装はすべて可動状態であり、銃弾や魚雷も実物が装填されていました。しかしながらエンジン等の製造番号など個体を特定できる情報はすべて削り取られており、起源等を突き止める事は出来ませんでした。



クレジット

著者: iknowsupahackaiknowsupahacka
(旧ページより移転)

概要紹介: 2014/5/25から2017/6/11までの期間、SCP-887ログの日本語訳をサイト-8114、サイト-8181、アーカイブ保全サイト-███内のラップトップコンピューターから観覧すると、訳文と原文には存在せず、実際に言及されていないO5評議会のコメントが追加されていた。2017/6/11に当該データベースのリビジョンが更新され「銃殺」とだけ記述され差し戻しまでに事実上の“白紙化”がされていた。
発生日時: 2014/5/25から2017/6/11 0:00:14
場所: 上記の3棟の財団施設
追跡調査措置: 当概要執筆現在も調査は進められているが、リビジョン更新者と思われるIDは実在せず特定には至ってない。



クレジット

著者: kainndokainndo
(旧ページより移転)

概要紹介: インターネット百科事典サイト”Wikipedia”の「イグノーベル賞受賞者」及び「ダーウィン賞」に関する項目の各言語版において、”大便用ルンバ”や”じゃがいも溶解液”等の2014年~2016年の財団誌に掲載された研究論文及び事故報告書を元にしたと思しき記述が追加された。監視カメラの映像から、この改ざんを行った男性は書き込み直後に死亡した様に見え、にも関わらずその時点で死後3日程経過している事が判明した。
発生日時: 2017/01/01
場所: アメリカ アイダホ州のインターネットカフェ[編集済]
追跡調査措置: 記述を消去し、同サイト上に記憶処置エージェントを発見日から3か月間設置した。
SCP-███-JPの肛門の匂いを50年研究したとか、財団では特に珍しくもないんですけどね。 - 小梅博士



クレジット

著者: O-92_MalletO-92_Mallet
(旧ページより移転)

概要紹介: 前日からの豪雨の影響で土砂を含む茶色の水が流れていた大阪府███町の██川の水色が、突如として白色に変化しました。水色の変化は川が隣の██市に移行する地点で消失していました。水質を調査したところ、牛乳と同一の成分で構成されていたことが判明しました。3時間変化が続いたのち、水色は元の茶色へと復帰しました。
発生日時: 20██/07/07
場所: 大阪府███町
追跡調査措置: 確認された目撃者にはAクラス記憶処理を施し、写真・映像等は全て削除されました。██川の上流の集落全体を捜索しましたが、その時点で牛乳を流した人物は確認されませんでした。██川に生息する生物への影響は特に観測されていません。



クレジット

著者: west-plainwest-plain
(旧ページより移転)

概要紹介: 東京地下鉄██線の██駅で40代男性が列車と接触した後、男性の口内と遺体の傍にラーメンとその食器と推測されるものが発見されました。駅の監視カメラを確認したところ、男性が列車と接触する寸前突然一杯のラーメンが出現していたことが判明しました。
発生日時: 2014/█/██
場所: ██駅のプラットホーム
追跡調査措置: 男性の職場環境などの点から男性は自殺として処理されました。事故現場に散乱していたラーメンや具の成分を調査したところ、男性が高校生の時に通っていた店のものと一致しました。


page 1 of 212next »
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。