超常現象記録-JP
rating: +143+x

前記:
これらの超常現象に関する記録は日本国内・国外での、財団が関わったおかしな出来事です。財団の隠蔽工作チームが送られ、市民からこれらの証拠を隠しました。
—エージェント・カナヘビ



ページがロックされている場合、他のユーザーが記録を作成中である可能性があります
しばらく待ってから再度試してください

ソート方法: 高評価順, 低評価順, 古い順, 新しい順, ランダム



クレジット

著者: kainndokainndo
(旧ページより移転)

概要紹介: [編集済]で営業する牛丼チェーン店「すき家」にて、深夜02時15分に突如店内で象の顔を持つ人型の実体が顕現した。実体は店内を見回すと、当時別件でアルバイトとして潜伏中の財団エージェントに「粗末なもん食っとんなぁ」と日本語で声をかけ、直後に消失した。財団の調査では、店内に残っていた全ての食材が干し草に似た風味に変化している事が判明した。
発生日時: 2017/██/██
場所: [編集済]
追跡調査措置: 監視カメラは回収され、カバーストーリー「機材の不調」が適用された。当時店内には財団エージェント以外存在しなかった為、記憶処置は行われていない。当該店舗は2020/██/██まで監視下に置かれる


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。