超常現象記録-JP
rating: +143+x

前記:
これらの超常現象に関する記録は日本国内・国外での、財団が関わったおかしな出来事です。財団の隠蔽工作チームが送られ、市民からこれらの証拠を隠しました。
—エージェント・カナヘビ



ページがロックされている場合、他のユーザーが記録を作成中である可能性があります
しばらく待ってから再度試してください

ソート方法: 高評価順, 低評価順, 古い順, 新しい順, ランダム



クレジット

著者: kainndokainndo
(旧ページより移転)

概要紹介: サイト‐8157の[編集済]実験後、協力したDクラス職員の終了措置が執り行われました。通例通り最後の要望が聴取され、広範な身体ダメージにも関わらず2㎏のステーキを始めとする咀嚼困難な食事をミキサーにかけないようそのまま提供して欲しいとする注文を同サイトの厨房スタッフは叶えました。Dクラス職員は隣に置かれた料理の匂いを嗅ぐ事で満足した様子でしたが、およそ30秒後にその味を報告し、隠し味として加えられた少量のカカオ粉にまで言及しました。この様子は食事が冷めるまで続き、その後Dクラス職員は目を閉じた後死亡しました。残された食事は冷めた以外の変化が見られません。
発生日時: [編集済]
場所: サイト‐8157
追跡調査措置: 遺体は焼却されています。残された食事は衛生管理上の理由から破棄されました。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。