超常現象記録-JP
rating: +142+x

前記:
これらの超常現象に関する記録は日本国内・国外での、財団が関わったおかしな出来事です。財団の隠蔽工作チームが送られ、市民からこれらの証拠を隠しました。
—エージェント・カナヘビ



ページがロックされている場合、他のユーザーが記録を作成中である可能性があります
しばらく待ってから再度試してください

ソート方法: 高評価順, 低評価順, 古い順, 新しい順, ランダム



クレジット

著者: Ikkeby-VIkkeby-V
(旧ページより移転)

概要紹介: 国土交通省の航空路監視レーダー、航空自衛隊および在日米軍のレーダーサイトなどによって、高度約10,000 mを飛行する所属不明機が探知され、物体を投下した後に消滅しました。投下された物体は京浜工業地帯へ達するコースを取って降下していましたが、高度1,000 mに達したところであらゆる観測手段での感知が不可能となりました。財団の超々望遠カメラによる画像観測によって、投下された物体は頭長高12 mほどの人型機械であり、機体各所に「東弊警備保障」というマーキングが施されていることが確認されています。
発生日時: 20██/██/██ 17:06〜17:11
場所: 関東地方上空
追跡調査措置: 各官公庁内の情報操作および目撃者への記憶処理措置は正常通り行われました。また、同現象を観測していた世界オカルト連合極東部門との情報共有によって、人型機械が携行していた装置が、GOCがSCP-748排撃用に準備していた装備に近似するものであることが判明しており、SCP-748起源の情報で言及されている「トーキョー」との関連性が指摘されています。なお、同現象とGoI「東弊重工」との関連は不明です。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。