超常現象記録-JP
rating: +141+x

前記:
これらの超常現象に関する記録は日本国内・国外での、財団が関わったおかしな出来事です。財団の隠蔽工作チームが送られ、市民からこれらの証拠を隠しました。
—エージェント・カナヘビ



ページがロックされている場合、他のユーザーが記録を作成中である可能性があります
しばらく待ってから再度試してください

ソート方法: 高評価順, 低評価順, 古い順, 新しい順, ランダム



クレジット

著者: MistertakoMistertako

概要紹介: 日本語を話しキネトグリフを操るタスマニアデビル(Sarcophilus harrisii)と、全身が赤熱したナイフで構成された人型実体が出現し、戦闘を開始した。戦闘はおよそ5分の間行われ、タスマニアデビルが勝利した。両者は互いを讃えるようなボディランゲージを行い、付近のファミリーレストランで食事をとり、退店後に消失した。料金は人型実体が取り出した携帯端末を介して電子決済で支払われていた。
発生日時: 2000/██/█
場所: 秋田県 潟上市の路上
追跡調査措置: 目撃した民間人はこれらの出来事に違和感を抱いておらず、記録情報の削除以外に事後処理を必要としなかった。電子決済に使用された口座の確認を試みたが、存在しない口座からの入金であった。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。