未解明領域記録-JP
評価: +108+x
blank.png

前記: 本記録は財団が収容している低脅威かつ未解明の異常領域の記録に充てられています。本記録に記載されている全ての領域は、様々な理由から現在以上の研究・収容が必要であるとは見做されていません。将来的にこれらの異常領域の知識が必要になる場合、本記録は情報源として活用される可能性があります。

— 未詳資料/目録編纂室:81管区室長代理、転眼式見



ページがロックされている場合、他のユーザーが記録を作成中である可能性があります
しばらく待ってから再度試してください

ソート方法: 高評価順, 低評価順, 古い順, 新しい順, ランダム



クレジット

著者: v vetmanv vetman

領域番号: UE-2029157-JP
概要: 全長211cm、平均幅56cmの路地。人間(以下被験者)が通過した場合、通過時の記憶は通過の完了と共に被験者から完全に消失する。

また、通過後に被験者が路地を振り向いた際、被験者は必ず『さよならフルメタルアイズ』という文字列が一瞬だけ路地の全面に標示されていることを認識する。定点カメラなどを使用した文字列の撮影は全て失敗に終わっている。一部の被験者は文字列を視認した直後に原因不明の号泣状態に陥ることも確認されている。

異常性はどちらの端から路地に侵入した場合でも発生する。文字列の向きは被験者の通過方向に応じて変化する。
収容日時: 2021-11-07
場所: 神奈川県横浜市の繁華街
保安プロトコル: 確認できる限りの異常性暴露者に記憶処理を施し解放。領域はカバーストーリー『改装工事』を以て封鎖中


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。