未解明領域記録-JP
rating: +90+x
blank.png

前記: 本記録は財団が収容している低脅威かつ未解明の異常領域の記録に充てられています。本記録に記載されている全ての領域は、様々な理由から現在以上の研究・収容が必要であるとは見做されていません。将来的にこれらの異常領域の知識が必要になる場合、本記録は情報源として活用される可能性があります。

— 未詳資料/目録編纂室:81管区室長代理、転眼式見



ページがロックされている場合、他のユーザーが記録を作成中である可能性があります
しばらく待ってから再度試してください

ソート方法: 高評価順, 低評価順, 古い順, 新しい順, ランダム



クレジット

領域番号: UE-201802-JP
概要: 約160m、傾斜5.4度の緩やかな坂道。ここを人間(Homo sapiens)が通過すると、通り終えるまで軽微な時空間異常が通過者に対してのみ発生。その結果、本来の速度から推定される通過時間よりも1.1%遅い時間で通過し終える。この異常性は徒歩で通過する場合にのみ発生する。
収容日時: 2017-04-01
場所: 日本国 石川県
保安プロトコル: カバーストーリー「遅刻坂」を適用。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。