子守唄
rating: +5+x
blank.png

「ちくしょう、SCP-204は本当にこの場所をめちゃくちゃにしやがった」ウィリアムズ捜査官はKeterのSCPが収容セルに引き起こした損傷を調査し、しかめっ面をした。

「同感だ。この収容違反によって引き起こされた金銭的損害はゆうに数百万ドルに達する」とギアーズ博士はいつものように無表情で無関心な声で言った。

ウィリアムズはため息をついた。彼はギアーズ博士と一緒に仕事をするのが好きではなかったが、彼は担当の博士であった。そしてウィリアムズは正直言って、この混乱を解決するために必要なすべての書類に記入する気にはなれなかった。本当に悲しかった。彼は、いくつかの書類に記入するよりも、むしろ収容手順204の運用を監督したいと思っていた。

「どこまで行ったんだ?」ウィリアムズは尋ねた

「SCP-204-1は、収容されたセルから脱出し、いくつかの研究室を通過し、敷地内の寮を通過してユークリッド格納容器棟に向かっている。 幸いなことに、SCP-615の収容施設に通じる廊下に迷い込み、SCP-204-1とSCP-204-2の両方がSCP-615の封じ込め対策によって焼却された」

「今収容手順204は発効中だろう」

「その通り。候補者を集めている」

「犠牲者の総数は?」

「現在の犠牲者数は16名 、死者1名、負傷者1名」

彼らがSCP-204の破壊した跡を追跡するにつれ、ウィリアムズはしかめっ面した。ここまでやりすぎる必然性があるはずがない。EMPジェネレーターだけで、SCPを封じ込めるには十分だったに違いない。

ギアーズはウィリアムズの心を読むかのように言った。 「今日は電源が入っていなかったので、起動した時にはすでにSCP-204は通常手段で収容されていた。責任のあるスタッフは適切に叱責処分をうけるだろう」

破壊した跡をさらに下っていくと、ついに現場の寮の廃墟にたどり着いた。幸いなことに、スタッフの大半が勤務中だったため、寮はほとんど空っぽだったが、ウィリアムズとギアーズが見たように、救助隊が残骸の中から生存者や遺体を掘り出していた。

「慎重に行動することをしますよ」とギアーズは警告した。 「この地域はまだ完全には保護されておらず構造的に壊滅的な危険性がある」

「心に留めておこう…」

ギアーズとウィリアムズは寮の一角に残っている人影を見つけた。隅には、子供と一緒に身を寄せ合っている女性がいた。ウィリアムズはその光景を見て、ポンペイの人々の不気味な遺体を思い出し、少し不穏な気持ちになった。その女性は、破れてボロボロになった研究室のコートから判断して、どうやら新人か助手研究員のようで、8歳か9歳以上とは思えない幼い女の子を抱いていた。現場の人間に子供がいることは珍しくはなかったが、それにしても衝撃的な光景だった。

「訂正する、犠牲者は23人に増えた」とギアーズは冷酷に言った。「彼女の死因は、落ちてきた破片によるものと思われる」

「いや…」ウィリアムズは遺体を調べるために近づいた。「彼女の手…指のかさぶたは何かと戦っていたことを示唆している」

「それは彼女がSCP-204-1と肉体的な戦闘をしていたと言っているのか?」ギアーズは尋ねた

「証拠は嘘をつかない」

「そのシナリオは絶対にありえない」

「なら君は子供を守る母親の能力を考慮していない」ウィリアムズは首を振った「子供を救うために車を持ち上げたり ドアの蝶番を外したりする女性の話を聞いたことがある。多分、SCP-204-1をその一覧に追加できるかもしれない」

「まあ、それは何か違いがあったような気がしないでもない。どちらにせよ彼女と子供は両方とも死亡しています」

「ギアーズ!」ウィリアムズは叫んだ

「死者に敬意を払う傾向があるのは知っているが、しかし…」

「そうじゃない!」ウィリアムズはひざまずいて少女の脈を確認した。「二人ともまだ生きている!」

「何?」ギアーズの瞳孔は数マイクロメートル拡大し、口の周りの筋肉はわずかに締め付けられた。これはおそらく、彼がこれまでに得た中で真性の驚きに最も近いものだった。

「思うに」ウィリアムズは母親の口元に耳を近づけて言った。「子守唄を歌っているのだろう」


「彼女らはどうやって生き残ったと思う?」医療チームがアン・ウェルズ副研究員と娘のジル・ウェルズを医務室に運んだ時、ウィリアムズは考えた。「SCP-204-1は仕事を中途半端な状態で放棄したりはしない」

「おそらくSCP-204-1は費用対効果の分析を開始し、結論ウェルズ博士と娘の終了は有益ではないという結論を出したのだろう」

「はぁ?本当にそうなのか?」

「別の説明があるのか?」

「ある。でもバカげてると思う」ウィリアムズは肩をすくめた。

「そんな風に決めつけるなんて、君は随分愚かな奴だ。私はその種の情けなさには到底勝てそうにないな」

「まあ、これを裏付ける証拠は何もないが、もしかしたら、『SCP-204-1は、自身とウェルズ博士がそう変わらないということに気付いた』のではないか?」

「それはSCP-204-1が我々の研究に基づくと前代未聞のレベルの知性を持っていることを示唆している」

「分かっている。ただの直感だ」


「この展開は非常に珍しい」とギアーズは言った。

SCP-204の収容違反から4日が経過していた。 収容手順204は直後に発動され、ついにその効果を発揮したが、誰もが予想していなかった結果となった。

「誰よりもジルを選んだ」ウィリアムズは首を振った。

「ジルはもはや存在しない書類上の名前にすぎない。彼女は今はSCPだ」ギアーズは自身に冷たく言い聞かせた。

「母親はどうなるんだ?」ウィリアムズが尋ねた。

「ウェルズ博士は厳格な記憶喪失処置を受け、別の施設に移されます」

「ということは、ジルは存在しなかったことになるのか」

「財団に感傷の居場所は無い。会ったこともない二人の人間をなぜ心配しているのか不可解だ」

「君に理由を説明すると君の頭が爆発すると思うが」ウィリアムズは首を振って立ち去った。

そうは言っても、ギアーズは監視室に留まることを選択し、非常に長い時間セキュリティ画面を見つめていた。彼が何かを考えていたとしても、その場にいた誰もそれが何であるかを推測することはできなかった。彼らはただ、彼がそこにいないふりをして職務を続けていた。再構築されたばかりの格納庫の中央には、ウェルズ博士か、少なくとも彼女に似た者が座っていて、ジルが寝ているのを見守っていた。

一方、独房内の録音装置は、奇妙でかすかな音を拾い始めた。 当直の音響技師はそれをランダムな干渉だと無視しようとしていたが、子守唄のような漠然とした親しみのある音が聞こえてきた。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。