残された手段
rating: +18+x
blank.png

"筐体計画”が開始してから、37日。折り返し地点は過ぎた。各要注意団体に筐体を要請したおかげで理論設計は大幅に短縮され、筐体の設計も出来た。概ね、滞りなく進んでいる。だがそれでも「足りない」。O5-13は冷静に敗北の予兆を感じ取っていた。

人手が足りない、速度が足りない、時間が足りない。全員がやれるだけやっている、打てるだけの手を打っている。これ以上削れる所はないほどに無駄を削った。正常性維持をGOCに任せるなんて、本来なら考えられないこともした。それでも、このままでは届かない。これほどの絶望があるだろうか?

筐体計画を嗅ぎつけた敵対組織の反発も、各地で激化している。筐体計画への否定は内外から聞こえる。それでも、これしかなかったのだから仕方がないと思っていた。

……今までは。

俺は間違ったのか?そんな疑問が、頭から離れなくなっていた。通路を歩く足取りは重く、体を縛る責任は多い。だが、それでも進むしかない。O5評議会に提言して通した、何度目か分からない「最終手段」はその決意表明だ。

さて、その決意を押し通す時が来た。面会希望者の待つ部屋の扉を、呼吸を整えてから開ける。開いた先にいた女性は、こちらを見て一礼をした。サーティーンは礼を返してから、椅子に腰掛ける。

「事務次長様が直々に面会を希望してくださるとはね。光栄だよ」

机を挟んで、サーティーンは彼女と対峙する。お互いに直接会って話をしたことはない。そんなことは本来あり得ないほどの人間だ。

「受けていただけたことを感謝します」

世界オカルト連合事務次長"Veena"は無表情で短く返し、言葉をそのまま続けた。

「単刀直入に言います。先程送られた"筐体計画"についての提言。あれを取り消してください」

「……それは、却下するということか?」

鋭い台詞、だがサーティーンは動じない。受け止めたまま、その言葉の裏を取る。

「違うな。却下するならGOC全体の代表として連絡を取れば良いだけだし、そうでなくとも君はGOC代表として連絡してくるはずだろう。その発言は君のスタンドプレーだろう?」

ヴィーナの眉が動く。

「半分は不正解です。連合からこの面会の許可は降りています。我々はまだ答えを決めかねている」

「そちらの決定を待っている暇はもうないんだ。このままでは尽日に間に合わない、だからこそ俺は提言したんだ。
正常性維持の放棄。それが簡単な決断ではないのは分かってはいる」

ヴェールを捲る。今まで重ねた努力を全て放り投げるに等しい行為。サーティーンが提言したのは、それだ。O5評議会を通す時にも反発の声は大きかった。だが、最後には反対者無しで通ったのだ。何故か?そう、それは  

「だが、現状ヴェールを留めておく利点が薄いんだよ」

  理屈は、どうしようもなく正しいからだ。

「そんなことは、無いのでは」

言いかけた彼女を手で制して続ける。

「確かに、ヴェールが捲れた時の混乱は大きいだろう。だが、このまま残り1月留め続けるというのは現実的じゃない。ここまでの1ヶ月でどれだけ消耗した?考えてみろ」

ヴィーナは平静を装い、返答した。

「確かに我々の損耗は大きいです、しかしだからこそこれ以上の消耗を生むヴェール崩壊は防ぐべきだと考えますが」

サーティーンはその質問の答えを持っていた。O5評議会でも同じことが問題にされていた、討議されていた。だが、結論は出た。

「"筐体計画"に反発する奴らは、民間からその姿を隠すことを辞めた。世界が終わるなら関係ないなんて思ったからだろうな。今、俺らはその尻拭いと鎮圧までしてるんだ。壊れた神の教会の協力が得られたことでヴェールの維持こそ出来ているが、本来は筐体の作成にもっと彼等の力も借りられるんだ。ヴェールの崩壊はこれらの問題を解決できる」

ヴィーナは返答しない。サーティーンは畳みかけるように口を開いた。

「ヴェール崩壊後は民間の企業からも人を募ることができる。異常に精通していない技術者でも作れるものはいくらでもある。人手はかなり増えるだろう」

ヴィーナは、それでもまだ納得出来ず、否定のために言葉を紡ぐ。

「ですが、今まで積み重ねて来た正常性維持の意味はどうなるんです?ヴェール崩壊後の世界など予想もつかない、不慮の事態が起きる可能性もあります」

サーティーンは、全てを諦めた笑みと据わった目で答えた。

「不慮の事態が起きても、ある程度の犠牲は許容できる。あと27日耐え切れればそれでいい。大事なのは今のままじゃどうにもならないってことだ」

笑みを消して、サーティーンは付け足すように小声で呟く。

「この決断に納得できるやつなんていない。それでも、我々が人類の礎なら、決断するべきだ」

呟きのあとは、無言だった。

イレブンの時と同じだ。サーティーンは自嘲する。俺はどうやら、矢面に立って嫌われるのが得意らしい。ため息を吐いて、顔をヴィーナの方へ向ける。

「私がもしもカオス・インサージェンシーの構成員だったら」彼女は言う。「感情に任せて、あなたの首を今すぐ折る所なんですがね」

財団のトップ、O5-13は、彼女のつまらない冗談に声を出して笑った。

「出来るといいな?こう見えて、俺はフィールドエージェント上がりで武術の達人だったりするかもしれないぞ?」

世界オカルト連合事務次長"Veena"は、彼に苦笑いを返した。その後、席を立つ。

「まだ、納得は出来ていません。ですが、私は仕事は早い方と自負しています。今から1時間もせず、ヴェール崩壊後の手順を纏めて連絡します」

「ああ……そうか。よろしく頼む」

その会話を最後に扉は開かれ、彼女は護衛と共に去っていった。

それを見てから、サーティーンは部屋の時計に目をやる。8:00。今日中には世界をひっくり返すことができそうだ。それが喜ばしいとは微塵も思わないが、それでも進むしかない。

俺が間違っているのかもしれない。その不安はまだ拭えない。だが、もう揺れている時間も余裕もない。椅子に腰掛けて目を閉じる。GOCからの返答まで、休息を取ることにした。

眠る前に浮かぶイメージは、全てが荒野に変わり果てた地球。これが予知夢だとしたら、まあ。

随分、縁起がいいことだ。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。