追憶のアディトゥム
rating: +20+x
memoriabanner_s.jpg
追憶のアディトゥム

5……そしてイオンは、かつてキティラの街への門であった燻る廃墟の中に立った。再び一人の男として、彼の名のもとに働かれた破壊の前に挫かれて。彼は周囲を見回し、かつて彼自身が開放したいと願った者たちの苦しみを見、そして自らの手で彼らの大いなる働きを無に帰さしめたことを感じた。

彼は彼らを見て、嗚咽した。

- 失墜の書、13:5; ソロモナリ・ヴァルカザロン

サーキシズム-ハブ

これは贖罪の物語ではない。これは様々なものに打ち勝つ物語ではない。

これは権力、崩壊、そして強欲の物語である。

語り始めよう。

滅びの謡い物

はじめに言の葉ありけり

財団脅威認識: [ | | | | ]

登場人物の情報

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。