私の親友は実在しないの
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
/*
    Penumbra Theme
    [2020 Wikidot Theme]
    By EstrellaYoshte
    Based on:
       Paperstack Theme by EstrellaYoshte
       Ad Astra Theme by NatVoltaic and stormbreath
       Inkblot Theme by Croquembouche
       Anderson Robotics Theme by Croquembouche
       BHL Style Collapsible by Monkatraz
 
    Edited for SCP-JP by ukwhatn
*/
 
@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Josefin+Sans:wght@700&display=swap');
@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Roboto&display=swap');
@import url(https://fonts.googleapis.com/css2?family=Fira+Code&display=swap);
 
#page-content { font-size: .9rem; }
 
body {
    font-family: 'Roboto', sans-serif;
    color: #EDEDED;
    background-color: #2F333C;
    background-image: linear-gradient(
        to bottom, 
        #21252E, #21252E 90px, 
        #21252E 90px, #2F333C 200px, 
        #2F333C 200px, #2F333C 100%);
    background-repeat: no-repeat;
}
 
#main-content {
    top: -1.2rem;
}
 
/* ---- SCROLLBAR ---- */
 
::-webkit-scrollbar {
  width: 9px;
  background: transparent;
}
 
::-webkit-scrollbar-track {
  background: #21252E;
}
 
::-webkit-scrollbar-thumb {
  background: #ededed;
  border: none;
}
 
::-webkit-scrollbar-thumb:hover {
  background: var(--accentColor);
}
 
/* ---- HEADER ---- */
 
div#container-wrap {
     background-image: none;
}
div#header {
    background-image: none;
}
 
div#extra-div-1 {
    height: 164px;
    width: 100%;
    top: 0;
    position: absolute;
    background: var(--lgurl);
    background-size: contain;
    background-repeat: no-repeat;
    background-position: 50% 50%;
    z-index: -1;
}
 
#header h1, #header h2 { margin-left: 0; float: none; text-align: center; }
/* Move the subtitle down a smidge */
#header h2 { margin-top: 0.45rem; }
/* Hide the existing text */
#header h1 span, #header h2 span { font-size: 0; display: none; }
/* Style the new text */
#header h1 a::before, #header h2::before {
  color: var(--accentColor);
  font-family: 'Josefin Sans', sans-serif;
  text-shadow: none;
}
/* Set the new text's content from variable */
#header h1 a::before {
  content: var(--header-title, "SCP FOUNDATION");
  font-weight: 300;
  font-size: 1.3em;
}
#header h2::before {
  content: var(--header-subtitle, "SECURE - CONTAIN - PROTECT");
  font-weight: 600;
  font-size: 1.22em;
}
 
#login-status {
    color: #ededed;
}
#login-status a {
    color: var(--accentColor);
}
#login-status ul a {
    color: #ededed;
    background: #21252E;
}
#login-status ul a:hover {
    color: var(--accentColor);
}
 
#account-topbutton{
    border: solid 1px var(--accentColor);
}
 
#footer, #footer a {
    background: transparent;
    color: #ededed;
}
#license-area {
     color: #ededed;
}
 
#search-top-box {
    top: 2.2rem!important;
    right: 8px;
}
#search-top-box-form > input[type=submit] {
    border: solid 1px #ededed;
    background: #21252E!important;
    box-shadow: none;
    border-radius: 0;
    color: #ededed;
    transition: color 0.15s linear;
}
#search-top-box-form input[type=submit]:hover {
    border: solid 1px var(--accentColor);
    box-shadow: none;
    color: var(--accentColor);
}
#search-top-box-form > input[type=text] { display: none; }
 
/* ---- TOP BAR ---- */
 
#top-bar { 
     top: 8.4rem;
     display: flex;
     justify-content: center;
     right: 0;
}
#top-bar, #top-bar a {
     color: #ededed;
     transition: color 0s;
}
#top-bar ul li ul {
    border-color: var(--accentColor);
    overflow: hidden;
}
#top-bar ul li.sfhover ul li a,
#top-bar ul li:hover ul li a {
   border-top-color: #2F333C;
}
#top-bar ul li.sfhover a,
#top-bar ul li:hover a {
    background: #21252E;
    color: #ededed;
}
#top-bar ul li.sfhover a:hover,
#top-bar ul li:hover a:hover {
    background: #21252E; /* top bar hover background color */
    color: var(--accentColor);
    transition: color 0.1s linear;
}
 
/* ---- SIDE BAR ---- */
 
div#side-bar{
    background: #21252E;
    clear: both;
    padding: .8em;
    border-radius: 0;
    box-shadow: none;
    overflow-x: hidden;
}
 
#side-bar .heading{
    color: #ededed;
    font-family: 'Josefin Sans', sans-serif;
    font-size: 0.94rem;
    border-bottom: solid 1px #ededed;
}
#side-bar .side-block {
    border: transparent;
    border-radius: 0;
    box-shadow: none;
    background-color: #21252E!important;
}
#side-bar .side-block.media {
    background-color:#21252E;
}
#side-bar .side-block.media > * {
    display: flex;
    justify-content: space-evenly;
}
#side-bar .side-block.resources {
    background-color:#21252E;
}
.side-block .menu-item > .image {
    display: none;
}
 
#top-bar div.open-menu a {
    border-radius: 0;
    box-shadow: none;
    color: var(--accentColor)!important;
    background-color: #21252E!important;
    border: solid 1px #21252E!important;
}
 
@media (max-width: 767px) {
    #main-content {
        padding: 0;
        margin: 0 5%;
        border-left: none;
    }
    #page-title {
        margin-top: 0.7em;
    }
    #side-bar {
        background-color: #21252E;
        left: -21em;
    }
    #side-bar:target {
        border: none;
        box-shadow: none;
    }
    #side-bar .close-menu {
        transition: width 0.5s ease-in-out 0.1s,
                    opacity 1s ease-in-out 0s;
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        right: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3);
        background-position: 18.6em 50%;
        z-index: -1;
        opacity: 0;
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:target .close-menu {
        width: calc(100% - 18.6em);
        right: 0;
        left: auto;
        opacity: 1;
        pointer-events: auto;
    }
    #side-bar:target .close-menu:hover {
        background: unset;
    }
    #page-content > hr, #page-content > .list-pages-box > .list-pages-item > hr {
        margin: 3em -5.5%;
    }
    #side-bar {
        top: 0;
    }
    #side-bar .heading {
        padding-left: 1em;
        margin-left: -1em;
    }
    #search-top-box {
        top: 107px;
    }
}
 
/* ---- TABS ---- */
 
/* ---- YUI TAB BASE ---- */
.yui-navset .yui-nav a,.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a{background-color:inherit;background-image:inherit}.yui-navset .yui-nav a:hover,.yui-navset .yui-nav a:focus{background:inherit;text-decoration:inherit}.yui-navset .yui-nav .selected a,.yui-navset .yui-nav .selected a:focus,.yui-navset .yui-nav .selected a:hover{color:inherit;background:inherit}.yui-navset .yui-nav,.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav{border-color:inherit}.yui-navset li{line-height:inherit}
 
/* ---- YUI TAB CUSTOMIZATION ----*/
 
 .yui-navset .yui-nav,
 .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav{
     display: flex;
     flex-wrap: wrap;
     width: calc(100% - .125rem);
     margin: 0 auto;
     border-color: var(--accentColor);
     box-shadow: none;
}
 .yui-navset .yui-nav a, /* ---- Link Modifier ---- */
 .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a{
     color: #ededed;
     font-weight: bold;
    /* ---- Tab Background Colour | [UNSELECTED] ---- */
     background-color: #21252E;
     border: unset;
     box-shadow: none;
     box-shadow: none;
     transition: background-color 0.15s linear;
}
 .yui-navset .yui-nav a:hover,
 .yui-navset .yui-nav a:focus{
     color: #ededed;
    /* ---- Tab Background Colour | [HOVER] ---- */
     background-color: var(--accentColor);
}
 .yui-navset .yui-nav li, /* ---- Listitem Modifier ---- */
 .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav li{
     position: relative;
     display: flex;
     flex-grow: 2;
     max-width: 100%;
     margin: 0;
     padding: 0;
     color: #ededed;
     background-color: #21252E;
     border-color: transparent;
     box-shadow: none;
}
 .yui-navset .yui-nav li a,
 .yui-navset-top .yui-nav li a,
 .yui-navset-bottom .yui-nav li a{
     display: flex;
     align-items: center;
     justify-content: center;
     width: 100%;
}
 .yui-navset .yui-nav li em{
     border: unset;
}
 .yui-navset .yui-nav a em,
 .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a em{
     padding: .35em .75em;
 
     text-overflow: ellipsis;
     overflow: hidden;
     white-space: nowrap;
}
 .yui-navset .yui-nav .selected, /* ---- Selection Modifier ---- */
 .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav .selected{
     flex-grow: 2;
     margin: 0;
     padding: 0;
    /* ---- Tab Background Colour | [SELECTED] ---- */
     background-color: var(--accentColor);
}
 .yui-navset .yui-nav .selected a,
 .yui-navset .yui-nav .selected a em{
     border: none;
}
 .yui-navset .yui-nav .selected a{
     width: 100%;
     color: #21252E;
     font-weight: bold;
}
 .yui-navset .yui-nav .selected a:focus,
 .yui-navset .yui-nav .selected a:active{
     color: #21252E;
     background-color: var(--accentColor);
}
 .yui-navset .yui-content {
    background-color: #21252E;
    box-shadow: none;
}
 .yui-navset .yui-content,
 .yui-navset .yui-navset-top .yui-content{
     padding: .5em;
     border: none;
}
 
/*---- TAB ANIMATION by Croquembouche ---- */
 
.yui-navset .yui-content > div {
    display: block;
    top: 0;
    overflow: hidden;
    transform-origin: 0 0;
}
 
#page-content .yui-navset .yui-content > div[style*="none"] {
    display: block !important;
    flex: 0;
    max-height: 0;
    padding: 0 0.5em;
    border-width: 0;
    /* The following transition affects the one that DISAPPEARS */
    transition: padding 0s linear 0.5s,
          border-width 0s linear 0.5s,
          flex 0.5s cubic-bezier(.18,.51,.54,.9) 0s;
    animation: tab-disappear 0.5s ease-in-out 0s 1 both;
}
#page-content .yui-navset .yui-content > div[style*="block"] {
    display: block !important;
    flex: 1;
    max-height: 9999rem;
    /* The following transition affects the one that APPEARS */
    transition: padding 0s linear 0.5s,
          border-width 0s linear 0.5s,
          flex 0.5s cubic-bezier(.18,.51,.54,.9) 0.5s;
    animation: tab-appear 0.5s ease-in-out 0.5s 1 both;
}
 
@keyframes tab-disappear {
    0% { max-height: 9999rem; }
    1% { max-height: 100vh; }
    100% { max-height: 0; }
}
@keyframes tab-appear {
    0% { max-height: 0; }
    99% { max-height: 100vh; }
    100% { max-height: 9999rem; }
}
 
/* ---- INFO BAR ---- */
 body{
     --barColour: #21252E;
     --linkColour: #ededed;
}
 
 .info-container .collapsible-block-content{
     padding: 0 .5em 30px;
}
 .info-container .collapsible-block-content .wiki-content-table{
     width: 100%;
}
 
/* Ayer's info-bar patch by Monkatraz */
#page-content .info-container .collapsible-block-folded, #page-content .info-container .collapsible-block-unfolded-link  {
    width: 100%;
    max-width: 100%;
    margin: 0 auto;
    padding: 0;
    box-shadow: none;
}
#page-content .info-container .collapsible-block-link::before, #page-content .info-container .collapsible-block-unfolded-link::before  {
    content: " ";
    display: none;
}
#page-content .info-container .collapsible-block-content::after {
    display: none;
}
 
/* ---- INFO PANE ---- */
 
#page-content .creditRate{
     margin: unset;
     margin-top: 4px;
     margin-bottom: 4px;
     margin-right: 3px;
}
#page-content .rate-box-with-credit-button {
    background-color: #21252E;
    border: solid 2px #21252E;
    border-radius: 0;
    box-shadow: 3px 0px 0px 0px var(--accentColor);
}
#page-content .rate-box-with-credit-button .creditButton p a {
    border-left-color: transparent;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .page-rate-widget-box .cancel {
    border-radius: 0;
}
#page-content .rate-box-with-credit-button .page-rate-widget-box .rate-points {
    border-left: 0;
}
 
.rate-box-with-credit-button .page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    border-radius: 0;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .fa-info {
     color: #ededed;
}
#page-content .rate-box-with-credit-button .fa-info:hover {
     color: var(--accentColor);
}
 
#page-content .creditButtonStandalone p a {
    background-color: #21252E;
    border: solid 2px #21252E;
    border-radius: 0;
    box-shadow: 3px 0px 0px 0px var(--accentColor);
    color: #ededed;
}
#page-content .creditButtonStandalone p a:hover {
    color: var(--accentColor);
}
 
#page-content .modalbox {
     background: #2F333C !important;
     color: #ededed;
     box-shadow: none;
}
.close-credits,
.credit-back {
    filter: grayscale(100%) invert(100%) contrast(275%);
}
 
/* ---- Credit Module for JP ---- */
 
#page-content .creditRate.creditModule .rate-box-with-credit-button {
    background-color: #21252E!important;
}
 
#page-content .creditRate.creditModule .rate-box-with-credit-button .creditButton {
    background-color: unset;
    border: unset;
    box-shadow: unset;
}
 
#page-content .creditRate.creditModule ~ #u-credit-view .modalbox .modalbox-title {
    background: #21252e;
}
 
/* ---- PAGE RATING ---- */
 
.page-rate-widget-box {
     margin: unset;
     border-radius: 0;
     border: solid 2px #21252E;
     box-shadow: 3px 0px 0px 0px var(--accentColor);
     background-color: #21252E;
     margin-top: 4px;
     margin-bottom:4px;
     margin-right: 3px;
}
 
.page-rate-widget-box .rate-points {
    background-color: #21252E !important;
    border: none;
    color: #ededed !important;
    text-transform: capitalize;
}
.page-rate-widget-box .rateup,
.page-rate-widget-box .ratedown {
    background-color: #21252E;
    border-top: none;
    border-bottom: none;
}
.page-rate-widget-box .rateup a,
.page-rate-widget-box .ratedown a {
    background: transparent;
    color: #ededed;
}
.page-rate-widget-box .rateup a:hover,
.page-rate-widget-box .ratedown a:hover {
    background: #21252E;
    color: var(--accentColor);
}
.page-rate-widget-box .cancel {
    background: transparent;
    background-color: #21252E;
    border: none;
}
.page-rate-widget-box .cancel a {
    color: #ededed;
}
.page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    background: #21252E;
    color: var(--accentColor);
}
 
/* ---- PAGE ELEMENTS ---- */
 
.page-source, tt{ 
    font-family: "Fira Code", monospace;
    font-size: 0.87rem;
}
 .code pre, .code p, .code {
    font-family: "Fira Code", monospace;
    font-size: 0.87rem;
    color: #21252E;
}
 
h1 {
    color: var(--accentColor);
    font-family: 'Josefin Sans', sans-serif;
    font-weight: bold;
}
h2,
h3,
h4,
h5,
h6 {
    color: #EDEDED;
    font-family: 'Josefin Sans', sans-serif;
    font-weight: bold;
}
 
#page-title {
    color: #ededed;
    font-family: 'Josefin Sans', sans-serif;
    font-size: 1.65rem;
    text-align: center;
    border-color: #ededed;
}
 
/* Clicky links */
a,
a.newpage,
a:visited,
#side-bar a:visited {
    color: var(--accentColor);
    transition: color 0.15s linear;
}
a:hover, a.newpage:hover, a:visited:hover, #side-bar a:visited:hover {
    color: #ffffff;
    text-decoration: none;
    background-color: var(--accentColor);
}
a.newpage { filter: hue-rotate(180deg); }
 
/* patch for sidebar media, collapsibles, ACS, info button and ayers module so link doesn't override */
#page-content .collapsible-block-folded a:hover, #page-content .collapsible-block-unfolded-link a:hover, #page-content .rate-box-with-credit-button .fa-info:hover, #side-bar .side-block.media a:hover, .danger-diamond a:hover {
    background: transparent;
}
.info-container .collapsible-block-folded .collapsible-block-link, .info-container .collapsible-block-link {
    background: var(--linkColour) !important;
}
 
hr{
    background-color: var(--accentColor);
}
 
blockquote,
div.blockquote,
#toc {
    background-color: #21252E;
    border: solid 2px #2F333C;
    box-shadow: -3px 0px 0px -0.1px var(--accentColor);
}
 
.code {
    background-color: #F8F8F8;
    border: solid 3px #2F333C;
    box-shadow: none;
}
.scp-image-block {
    border: solid 8px #21252E;
    border-bottom: solid 0px #21252E;
    box-shadow: 0px 0.26rem 0px 0px var(--accentColor);
    box-sizing: border-box;
}
.scp-image-block .scp-image-caption {
    background-color: #21252E;
    border: solid 4px #21252E;
    color: #ededed;
    font-size: 0.84rem;
}
.scp-image-block.block-left { margin-left: 0; }
.scp-image-block.block-right { margin-right: 0; }
@media (max-width: 540px) {
  .scp-image-block.block-left, .scp-image-block.block-right {
    float: none; clear: both; margin-left: auto; margin-right: auto;
  }
}
 
#page-content .wiki-content-table tr th {
    border: solid 1px var(--accentColor);
    color: var(--accentColor);
    background-color: #21252E;
    /* set border for table title */
}
#page-content .wiki-content-table tr td {
    border: solid 1px var(--accentColor);
    /* set border for table content */
}
 
/* fancy collapsible */
#page-content .collapsible-block-folded, #page-content .collapsible-block-unfolded-link {
    background: #21252E;
    transition: background 0.25s linear;
    padding-top: 0.5rem;
    padding-bottom: 0.5rem;
    padding-left: 1rem;
    padding-right: 1rem;
    width: min-content;
    white-space: nowrap;
    overflow: hidden;
    margin: auto;
}
#page-content .collapsible-block-folded .collapsible-block-link::before {
    content: "▷ ";
}
#page-content .collapsible-block-unfolded .collapsible-block-link::before {
    content: "▽ ";
}
#page-content .collapsible-block-link {
    text-decoration: none;
    color: #ededed;
    font-weight: bold;
}
#page-content .collapsible-block-folded:hover, #page-content .collapsible-block-unfolded-link:hover {
    background: var(--accentColor);
}
#page-content .collapsible-block-unfolded-link {
    box-shadow: 0px -0.26rem 0px 0px var(--accentColor);
}
#page-content .collapsible-block-folded, #page-content .collapsible-block-unfolded-link {
    margin-top: 10px;
    margin-bottom: 10px;
}
 
/* Selection */
::selection {
    background: var(--accentColor);
    color: #ffffff;
}
 
/* Footnotes */
.hovertip {
    font-size: .9rem;
    background-color: #21252E !important;
    border: solid 1px var(--accentColor) !important;
}
.footnotes-footer {
    background-color: #21252E;
    padding-left: 1.4rem;
    padding-right: 1.4rem;
    padding-bottom: 1.5rem;
    box-shadow: -0.24rem 0px 0px 0px var(--accentColor);
}
.footnotes-footer .title {
    color: #ededed;
}
.footnote .f-footer, .equation .e-footer, .reference .r-footer {
    display: none;
}
 
/* Tags */
#main-content .page-tags a {
    margin-top: .18rem;
}
.page-tags span {
    border-top: 1px solid #ededed;
}
 
/* Pop-Up Windows */
.owindow {
    background-color: #21252E;
    border-color: var(--accentColor);
}
 
.owindow .modal-header {
    background-color: #21252E;
}
 
.owindow .modal-body img {
    background-color: transparent !important;
}
 
.owindow .title {
    background-color: #21252E;
    color: #var(--accentColor);
    border-bottom: 1px solid #2F333C;
}
 
.owindow .button-bar a {
    background-color: #21252E;
    border-color: var(--accentColor);
    color: #ededed;
}
.owindow .button-bar a:hover {
    background-color: var(--accentColor);
}
 
/* Edit Buttons */
.buttons .btn {
    background-color: #21252E;
    border-color: var(--accentColor);
    color: var(--accentColor);
    padding: 3px 5px;
}
.buttons .btn:hover {
    background-color: var(--accentColor);
    color: #21252E;
}
 
/* Edit Lock Info*/
#lock-info {
    background-color: #21252E;
    border-color: #ededed;
}
 
/* Close Button for Page Source, Rating, Etc */
a.action-area-close:hover {
    background-color: #21252E;
}
 
/* Page-History Current */
.pager .current {
    background-color: var(--accentColor);
    border-color: #ededed;
}
 
/* History Compare */
.inline-diff ins, .inline-diff del {
    color: #21252E;
}
 
/* ---- INTERWIKI ---- */
 
.scpnet-interwiki-frame{
    filter: invert(100%) grayscale(100%) contrast(75%);
}
 
/* ---- CUSTOM SYNTAX ---- */
 
.darkbox {
    background-color: #21252E;
    border-left: solid 0.26rem var(--accentColor);
    border-right: solid 0.26rem var(--accentColor);
    padding: .4rem;
    margin-top: 12px;
    margin-bottom:12px;
}
 
.lightbox {
    background-color: #ededed;
    color: #21252E;
    border-left: solid 0.26rem var(--accentColor);
    border-right: solid 0.26rem var(--accentColor);
    padding: .4rem;
    margin-top: 12px;
    margin-bottom:12px;
}
.lightbox h2, .lightbox h3, .lightbox h4, .lightbox h5, .lightbox h6 {
    color: #21252E;
}
 
.limit {
    margin-bottom: -1rem;
    z-index: 5;
 
}
.anchor {
    position: sticky;
    height:0;
    top: 0;
    z-index: 5;
}
.sidebox {
    background-color: #21252E;
    border-top: solid 2px var(--accentColor);
    padding: .14rem;
    margin-top: 0;
    margin-bottom: 8px;
    width: calc((100vw - 870px)/2);
    max-height: calc(100vh - 18rem);
    position: absolute;
    top: 0;
    left: 103.5%;
    z-index: 5;
    overflow: auto;
    box-sizing: border-box;
}
/* Sidebox mobile optimization, courtesy of Woed */
@media (max-width: 1290px) {
   .sidebox {
        width: auto;
        max-width: 65vw!important;
        border: none;
        padding-left: 0.4rem; padding-right: 0.4rem;
        top: 0.75rem;
        right: calc(((100vw - 45.8rem)/2) * -1);
        left: initial;
        -webkit-clip-path: inset(-0.125rem -0.25rem 0 calc(100% - 0.85rem));
        clip-path: inset(-0.125rem -0.25rem 0 calc(100% - 0.85rem));
        -webkit-transition: color 0.2s ease-in-out 0.1s, -webkit-box-shadow 0.5s ease-in-out 0.1s, -webkit-clip-path 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: color 0.2s ease-in-out 0.1s, -webkit-box-shadow 0.5s ease-in-out 0.1s, -webkit-clip-path 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: color 0.2s ease-in-out 0.1s, box-shadow 0.5s ease-in-out 0.1s, clip-path 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: color 0.2s ease-in-out 0.1s, box-shadow 0.5s ease-in-out 0.1s, clip-path 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: color 0.2s ease-in-out 0.1s, box-shadow 0.5s ease-in-out 0.1s, clip-path 0.5s ease-in-out 0.1s, -webkit-box-shadow 0.5s ease-in-out 0.1s, -webkit-clip-path 0.5s ease-in-out 0.1s;
        overflow: visible;
    }
 
    .sidebox::before, .sidebox::after {
        content: " ";
        position: absolute;
        right: 0;
    }
 
    .sidebox::before {
        top: calc(50% - 0.75rem);
        width: 0;
        height: 0;
        border-top: 0.75rem solid transparent;
        border-bottom: 0.75rem solid transparent;
        border-right: 0.75rem solid var(--accentColor);
        transition: border 0.1s ease-in-out 0.1s;
        z-index: 10;
    }
 
    .sidebox::after {
        top: 0;
        max-width: 0.75rem;
        width: 100%;
        height: 100%;
        box-shadow: 0.15rem 0 0 0 var(--accentColor);
        max-height: calc(100vh - 18rem);
        background-color: #21252E;
        z-index: -1;
        transition: box-shadow 0.5s ease-in-out 0.1s, max-width 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    .sidebox > * {
        opacity: 0;
        -webkit-transition: opacity 0.2s ease-in-out 0.2s;
        -o-transition: opacity 0.2s ease-in-out 0.2s;
        transition: opacity 0.2s ease-in-out 0.2s;
    }
 
    .sidebox:hover {
        overflow: visible;
        -webkit-clip-path: inset(-0.125rem -0.25rem 0 0);
        clip-path: inset(-0.125rem -0.25rem 0 0);
        -webkit-transition: color 0.5s ease-in-out 0.2s, right 0.5s ease-in-out 0.1s, -webkit-clip-path 0.5s ease-in-out 0.1s, -webkit-box-shadow 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: color 0.5s ease-in-out 0.2s, right 0.5s ease-in-out 0.1s, -webkit-clip-path 0.5s ease-in-out 0.1s, -webkit-box-shadow 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: color 0.5s ease-in-out 0.2s, right 0.5s ease-in-out 0.1s, clip-path 0.5s ease-in-out 0.1s, box-shadow 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: color 0.5s ease-in-out 0.2s, right 0.5s ease-in-out 0.1s, clip-path 0.5s ease-in-out 0.1s, box-shadow 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: color 0.5s ease-in-out 0.2s, right 0.5s ease-in-out 0.1s, clip-path 0.5s ease-in-out 0.1s, box-shadow 0.5s ease-in-out 0.1s, -webkit-clip-path 0.5s ease-in-out 0.1s, -webkit-box-shadow 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    .sidebox:hover::before {
        border-top: 0 solid transparent;
        border-bottom: 0 solid transparent;
    }
    .sidebox:hover::after {
        box-shadow: 0 -0.125rem 0 0 var(--accentColor);
        right: 0;
        max-width: 100%;
    }
    .sidebox:hover > * {
        opacity: 1;
    }
}
 
@media (max-width:768px) {
    .sidebox, .sidebox:hover {
        right: calc(((100vw - (100% - 3rem))/2) * -1 + 1.9rem);
    }
}
 
:root {
  --accentColor: #1EB5E8;
  --lgurl: url("http://scp-jp-storage.wdfiles.com/local--files/file%3A3396310-43-tbvr/logo.png");
}
rating: +12+x


サイト-233が他のサイトと比べて殊更目立つ存在になったことはない。そこに収容されるアノマリーの数は、世界中の他の施設と比べてもかなり少なかった。とは言っても、勿論それは相対的なものであって、収容サイトの規模というのは様々だ。

しかし、このサイトには1つだけ特別なものがあった。未確認動物学部門である。

その発足は、それほど昔のことではない。財団の経済学者、生物学者、アーキビスト達は長期の検討の結果、1984年にその部門を設立するのが最良であると結論づけた。この決定は長い目で見れば賢明なものだった。特定のアノマリーの分類業務を簡素化し、財団の抱える膨大な職員達により興味深い仕事を割り振ることが可能になったのだから。

設立の決定から数年が経った2016年には、この部門はその山あり谷ありの歴史を通じて、その専門分野に完全に専念する職員のチームになっていた。その中には、部門所有の研究室に夜遅くまで篭り、超が付くほど精力的に働く熱心な海洋生物学者、ジェニヴェット・ローレンス博士の姿もあった。

ジェニヴェットは、自分の研究で最高の結果を出すため、できる限りの努力をすることが好きだった。彼女は最近になってから主任研究員の助手として未確認動物学チームに参加したのだったが、彼女のプロジェクトに対する熱意と、この部門で出会ったある種のアノマリーに対する顕著な興味から、彼女の科学的情熱はかつてないほどに燃え上がっていた。

「信じられない。素晴らしいわ。」ジェニヴェットはため息をつき、近くのコンピュータの方向へ歩いて行った。

ジェニヴェットが研究していた未確認動物学部門の建物は巨大な小屋で構成されており、小屋の内部には様々な人型アノマリー用の小型収容セルとしてカスタマイズされた小個室が並んでいた。

その中の1つに、完全に水で満たされた部屋があった。他の部屋より遥かに大きく、前面が透明で、中に入っているアノマリーを外から見ることができる。大きな大きな水槽のようなものだ。

「さて、忘れないうちに書き留めておかないと。」その研究者は、何度も行ったり来たりして、書類を動かし、持っている色々なノートに小さなメモをつけ始めた。

部屋の反対側で、かなり大きな自動ドアがゆっくりと大きく開き、上品なスーツ姿の男が現れた。

「失礼、博士。」その人物は、自分の入室を告げながら、部屋の中央に向かって静かに歩いてきた。

「はい、少々お待ち…」彼女は近づいてくる人物を見て、直ぐに発言を中断した。「管理官!すみません、今行きます。」

この身なりの良い男は、このサイトの新任の管理官、イワン・ユーヴェルマンスである。彼は今、これから担当する全ての部門を入念に評価しているところであった。

「大丈夫、落ち着いて。私はただ新しい仕事場を散歩して回っているだけだよ。私のような年寄りが、こんなに新しいことを学べるなんて、とても魅力的なことだ。もう何も驚くようなことはないと思っていたのだがね。」

「こんな時間に散歩ですか?」ジェニヴェットは軽く冗談を言いながら、承認のサインを探した。

ユーヴェルマンスは数秒間ローレンスを見つめた後、彼女を安心させるように優しく微笑んだ。

「そう、いつもの夜の散歩さ。もっと期待しても構わないけど。」新しいディレクターはそう答えた。「これが何か重要な仕事の邪魔になっていなければ良いんだが、この施設のことをもう少し知りたいと思ったんだ。というのも、私は打ち合わせ以外であまりここに来たことがなかったからね。それで、数ある部門の中で、特に目を引いたのがここだった。」

「わあ、それはそれは光栄なことです!ええ、確かにうちの部門にビッグフットを"捕獲"したかと聞いてくる人が多いのは事実ですよ。」

「それじゃあ、実際捕まえたのかい?」管理官は片方の眉を上げながら尋ねた。

「ええ…まあそうかも知れませんね。その辺りは少し複雑なんです。」ジェニヴェットは居心地が悪そうな笑みを浮かべ、そう答えた。

「いや済まない、ちょっとした冗談だよ。これ以上時間を無駄にしないためにも、この部門では何をしているのか少し教えてもらったら、他の部門に迷惑をかけに行こうかな。」

研究員は顔を輝かせ、口角を上げてニヤリと笑った。

「勿論です!少しお待ち下さい。」ジェニヴェットは手に持っていた書類をすべてテーブルの上に放り、数枚の紙が入っただけの小さなフォルダーをいくつか手に取った。「どうぞ、ついて来てください。」

「こちらです。」

2人は部屋の反対側まで一緒に歩き、鉄のカーテンで覆われ光が入らないよう改造されたセルがずらりと並んでいる前に立った。

彼女がセルの扉の近くにあるコントロールパネルのボタンを押すと、鉄のカーテンがゆっくりと上がり、人型の生物が姿を現した。

管理官は本能的に一歩退いたものの、そこに居たソレを、両者を隔てるガラス越しに驚きをもって見つめた。

「凄い…これ程アノマリーに近づいたのは久しぶりだ。ここ数年は書類仕事ばかりだったからね。」彼は咳払いをした後、話を続けた。「それで、これに割り当てられているプロトコル番号は何番だい?」

「私は、それを、知りません。」彼女は笑いながら答えた。「いつも番号を忘れてしまいます。業務の円滑化のために、俗称で呼ぶことを許されていますから。」

「なるほど。それは少し特殊だな。ああ…しかし、そういうやり方もいいと思う。ワークフローがより動的になって、ストレスも減少するだろう。ただ、覚えておいてほしいのは…」

「公式文書の上では、対応するプロトコル番号で識別しなければならない、ですね?」

管理官は少し顔をしかめ、承認の意を示した。

「その通りだ。一方、君はこれをどう呼ぶ?」

人型生物は休眠状態から、背中から覗く1対の黒い翼を広げて勢いよく起き上がった。黒光りするその姿は、威厳に満ち、かつ恐ろしい異形のものであった。

「彼は…」

その一挙手一投足に目を凝らしていた教授の目に、鮮やかな真紅の瞳が眩しく映った。

「いえ、私たちは彼をモスマンと呼んでいます。口語的に知られた呼び名です。」

「信じられない…」管理官はガラスの向こうの巨大な生物に驚きの籠った視線を向けたまま答えた。

保護ガラスの向こうの未確認生物は、ゆっくりと彼らの方へ移動し、管理官を見つめながら、数秒に渡って地道に低い唸り声を発した。

「心配無用です。彼は何もしませんから。」

「何もできない、ではなく?」

「実際のところ、できるんです。ただ…彼にはその気がありません。どういうわけか、彼はここにいることを楽しんでいるようなんです。このことは初めは難しい問題でしたが、最近になってからは収容に問題をもたらしたことはありません。」

彼女は更に多くの生物がいると思われる収容室の列に向かってゆっくりと移動し始めた。博士は1つずつ、全ての部屋のコントロールパネルのボタンを押し、ガラスの向こうのアノマリーが1つずつ姿を現した。

「どうぞご覧下さい。一部を除いて、私たちの殆どはいつでも休めるわけではありません。しかし、恐らくは理解してくれるでしょう。後で話してみます。 」

各々のセルの奥では、新しい奇妙な生物が、彼らを隔てるセキュリティ対策の内から睨みをきかせていた。

「さて、どれから始めましょうか…」博士は短い説明をしながら、1つ1つ収容室を指さし始めた。「あそこに居るのは、はるばる南米から来たものです。不気味な外見をしていますが、恐らくすぐに霊長類に似ていると分かるでしょう。」

「ふむ、よく分からないな。尻尾が見えないし、痩せすぎだ。」

「ええ、確かに。私たちは彼をド・ロワの類人猿と呼んでいますが、国際的な科学界では普通、Ameranthropoides loysiと呼びます。かなりややこしいですよね、分かります。挨拶してみて下さい。そうは見えないかも知れませんが、実は結構賢い生き物なんですよ。」

2人は、収容セルの隅に置かれた一見すると茶色と黒の毛でできたボールのようなものに対面した。近づいてみると、その霊長類が動き出す様を見ることができた。まず直立のポーズをとり、四肢の大きな筋肉と、細くて長い皺のある指を見せるが、顔は無表情のままだ。瞳孔のない目は、深い虚空を見つめているように見えた。保護ガラスの向こう側で、直立姿勢を保ったヒト科動物は、部屋の中を飛ぶ小さな虫にも目をくれず、不規則な動きで元気よく手を振っている。管理官は快く挨拶を返し、ゆっくりと次のセルへと歩を進めた。

「ここにはフレズノ・ナイトクローラーがいます。カリフォルニア州フレズノで夜間に発見されたので、そのように呼ばれています。彼らの捕獲は、まるで悪夢のような体験でした。」

セルの中には二足歩行のアルビノの実体がいた。それには胴体がなく、頭部には黒く動かない2つの丸が付いているだけだった。それは長い歩幅で左右に歩き、彼らの存在に気づくと、近づいてきて数秒間見つめ、そしてまた歩き始めた。興味をそそられた管理官がゆっくりと近づいてみると、この生物はもっとたくさんいて、装飾品の一部である小さなトランクの後ろに横たわっていたのだった。

「ハハハ、これは可笑しな生き物だ。」ユーヴェルマンスは、後退する前に、「彼らはどのような存在と考えられているんだ?」と指摘した。

「とてもいい質問ですね。残念ながら答えはありません。最初は2本足で立っている鹿だと思ったんですが…」ジェニヴェットは、独房の真ん中で動かなくなった奇妙な生き物を一瞥した。「明らかに違いました。」

2人は次のセルに向かった。そこは一見すると何もいないように見えたが、よく観察してみると、小さなナメクジのような生き物が2匹ほどいた。

彼らは通常よりかなり太い蛇のように見え、表面はざらざらしていて、皮膚には多くのひだがあった。そして、保護ガラス越しにキーキーとうるさい音を出しながら、そして、その体の大きさからは有り得ないほど大きく跳躍しながら、左右に移動しているのだった。

「ご覧下さい、ここにいるのはとても面白い生き物です。最初は非常に珍しい蛇の一種だと思ったのですが、調べてみると、日本の民間伝承に関係していることが分かりました。私たちはこの蛇を研究したいと思い、ここに連れてきたのです。彼らは驚くべき存在です。普通では考えられないような能力を持っています。例えば、彼らは自分の尾の先端を咥え、転がることができるんです。」

「転がる…だって?」

「ええ、まるで車輪のように。彼らはとても独特です。」ジェニヴェットは満面の笑みで答えたが、それはゆっくりと消え、次の生物の下へと歩き出した。「さて、次が最後です…」

2人は一緒に最後の小部屋の前まで歩いた。次の獣は、あらゆる意味でキメラであった。ヤギのような頭からは2本の角が突き出し、鱗と毛で覆われたグロテスクな背中からはコウモリのような翼が2枚生えていて、それを広げて房内の灯りを遮っていた。後肢は蹄状になっており、直立している。2人が見ていると、鼻の穴から黒い煙を吐き出した。

「おお、神よ…」

「そうですね、慣れない人にとっては、一見すると衝撃的かと思います。」

「もし私が日常生活の中でこの生き物を目撃したら、悪魔そのものだと断言するだろう。」

「まあ、それほど間違いではありません。私たちは彼をジャージー・デビルと呼んでいますからね。一般社会での彼の目撃情報は2004年が最後です。その理由はお分かりでしょう。それ以来、この子はここで私たちと暮らしているんです。」

ジェニヴェットが再びボタンを押すと、鉄のセキュリティカーテンが下がり、未確認生物達の小さな収容室を覆った。管理官は、おもちゃ屋にいる小さな子供のように、わずかだが素直な笑みを見せた。

研究者は急いで部屋の反対側、水を張った巨大な部屋のある場所に向かった。そこから、ユーヴェルマンスにこちらへ来るように身振りで合図した。

「私は…私は、今感動しているよ。私はこれまでずっと正確な科学の信奉者だった。数学は人生の礎であるという言葉が好きで、実際にそうだと思うし、全宇宙の中で最も素晴らしいものだと考えている。しかし…この地球上に生きる生命も同じように素晴らしいものになり得ることを忘れてしまっていたようだ。」

「分かります!」ローレンスは熱っぽく答えた。「物心ついたときから、動物や生物学全般を研究したいと思っていました。未確認動物学について聞いたのは、憧れと自由な時間がたっぷりとある、少女時代のことでした。認めます、ビッグフットを探すために友人とキャンプをしたことも一度や二度ではないんです。」

イワンはそれを聞くとただ笑った。

「時が経つにつれて、未確認生物がいるなんて考えからは卒業してしまいました。そして、大人になり、生物学を学び、かつてビッグフットにそう感じたように、自然の驚異に驚かされるようになりました。それでも、心の中には常に、彼らが実在すると信じたい気持ちが眠っていたんです。」

「理解できる。大切なものを捨てて、違う現実に、"実在の生物"に集中するのは大変なことだっただろう。」

「ええ、少しは。しかし、私はむしろ時間の問題だったのだろうと思います。不思議はいつでもそこにあって、私を待っていたんです。信じる人を待っているんだと思うんです。」

「なるほどな。では、どうして彼らは気づかれずにいることが可能なのだろう?こんなにも…注目されている者たちなのに?」

「ええ、その大部分は、偽情報部門や研究部門のかつての活動によるものです。現在は、私たちの部門が大衆に知ってほしいこと以上のことを知られないようにするための大規模なキャンペーンを担当しています。」

ヒューヴェルマンスは、まるで誇らしげな父親のようにゆっくりとうなずいた。

「私たちは、一般の大衆には彼らについて少しだけ知っていてもらいたいと思っています。情報操作キャンペーンが容易になりますからね。神話として、口承として、自分たちに有利なように情報を歪曲することが可能です。そして、私たちの部門には、その方法を熟知したチームがいます。インターネット掲示板からキャンプファイヤーでの話、新聞出版物、さらにはその存在を否定したり認めたりする科学論文まで。結局、曖昧なまま、どこにもたどり着けないようにしているのです。」

「…驚いたな。この種のアノマリーへの対処は複雑な問題だとずっと考えていたが、これほど大規模だとは思わなかった。」ヒューヴェルマンスは独り言を言い始めた。「よく考えてみると、かなり理にかなっている。全てが収容と情報偽装に繋がっている。」

「その通りです。」

「よし、現状の報告としてはこれで十分だろう。全ての仕組みを知って驚いたよ。それと、タイミングが悪くて申し訳なかった。また、人が多いときにでも…」

管理官の視線が室内を見回すように動くと、彼は水槽の近くのテーブルの上に散らばったノートに目を奪われ、そこに書かれた図に注目してしまう。

「話の途中だったが済まない、あれは…」

ジェニヴェットは彼が話を終える前に頷いた。彼の言いたいことが分かったのだ。

「本物の自然界の異常な標本、ジュラ紀中期のものと思われ、同種のプレシオサウルスでは唯一のものです。巨大なCryptoclidus eurymerus、この標本の異常な点は、その存在や寿命ではありません。今日我々の前に現れるまでに直面したあらゆる条件です。」

「もっと詳しく説明してくれないか?」ヒューヴェルマンスは心配そうに尋ねた。

「ネッシーです。スコットランドのハイランド地方から遥々やって来た、あのネッシーです。あの湖はスコットランドで2番目に大きな湖ですが、表面積と体積を測ると、ネッシーのような生物を受け入れるには極めて小さいものでした。Cryptoclidus属のような生物が生息できるような環境ではありません。」

ジェニヴェットは顔をしかめた。

「彼が家族を持ったという記録はありません。何を餌にしていたのか、何歳なのかも分かりません。しかも、住んでいた湖は、この種の生物が存在していたとされる時代には凍結していたんですよ。他にもおかしな事は沢山あります…そして、それでも…」研究者は目の前の水槽を見つめた。「それはここにいます。私たちと一緒に。」

「今、それを見ることは可能かな…どうだろう?」

ジェニヴェットは深くため息をついてから答えた。

そうしたいのは山々ですが、彼は少し神経質なんです。今、彼は水槽の中でうろうろしているようですが、こちら側には来たくないようですし。午後はずっと研究をしていましたから、彼は休むべきかと。」

「勿論、分かった。」ヒューヴェルマンスはそう答えてから、右腕の腕時計に目をやった。「もうこんな時間か…長くお邪魔して済まなかった。素晴らしい時間だったよ、博士。」

「研究員です。実はまだ博士号は取れていません。とは言え、それほど遠くないうちに取得できると思います。それがここに来た理由ですから。」ジェニヴェットは、サイト管理官と握手をしながら、そう指摘した。

「もっと頻繁にこの辺を見て回ろうかと思う。新しい小さな楽しみを見つけたよ。」

「私は大抵ここに居ます!心配しないでください!」彼女はそう答え、管理官が巨大な建物を後にするのを見送った。

数秒間、沈黙が続き、ジェニヴェットは永久に1人になれるのを待った。邪魔が入らないことを確認すると、彼女はネッシーの前にある1つを残して、部屋の電気を全て消した。

彼女は収容ガラスの前までゆっくりと歩いた。ノートを1冊手に取り、ため息をつきながら近くのボードにある小さなボタンを押した。すると、小さなスピーカーから甘いメロディが流れ出し、その場に溢れた。

「そこに、そこに。落ち着いて、もう2人きりだから。社交辞令のことはもう忘れた方がいい。」研究者は一見すると何もないところに向かって言った。

水槽の奥から、巨大な生物がバレリーナのような繊細さで、ゆっくりと泳いできた。それは研究者と部分的に向き合うまで近づき、動かずに静止して彼女を見つめた。

「どうしたの?お腹が空いた?」

この未確認生物は、その巨大な体躯を見せつけるかのように、その場を動かない。

「私が本当のことを言ったからって、怒らないでよ。なんて。」

すると、それは何度か回転し、元いた位置に戻った。

「よし、ちょっと待ってね。」ジェニヴェットがコントロールパネルに歩み寄り、ボタンを押すと、ネッシーのいる巨大水槽に餌が放出された。「今日はこれで十分だよ、いいね?」

ネッシーは餌に近づくと1口で平らげ、その収容槽の中をぐるぐると泳ぎながら戻っていった。

「時々、君が私のことを理解してくれているんじゃないかと思うことがあるよ。ハァ、もし君が私の声を聞く事ができているのならね。実際はそれすらも不確定なんだけど。」ジェニヴェットは慎重にガラスに近づいた。「ふふ、いい子ね。明日は新しい1日になる。せめてそこで楽しい時間を過ごしてほしいわ。」

彼女は新しいサイト管理官と交わした長い会話についてしばらく考えた後、小さな未確認生物研究者、即ち、幼かった頃の彼女自身は、消えてしまったわけではなく、自分の人生に再び現れるタイミングを待っているだけなのだと気づいた。

「また明日ね。チャンプ。」

そう言い終わると、彼女は自分の荷物を持ち、昼間に散らかしたものを全て整理してから、部屋の最後の電灯を消すためにスイッチに近づいた。そして、小屋の出口である大きな扉に向かい、自分の仕事がいかに刺激的であるかを考えながら、部屋を出て眠りについた。

unknown.png
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。