茜刺財団新聞 33号 令和3年 5月
rating: +33+x

news2.png

令和三年
五月号

news.png

令和三年
五月号


今月の
オススメ


真実を隠して
尚も5人
戦争は続く。

« 令和3年 4月 | 令和3年 5月 | 令和3年 6月 »

SCP-JPの動作が不安定化

バックアップ作成、ログイン手段切替を呼びかけ

現在、SCP-JP及び附属サイトの動作が不安定になっている。

5月10日にはスタッフにより緊急の告知スレッドが設置された。この時点ではページの読み込みが非常に遅くなる、フォーラムへの書き込みが一時的に不可視になる、editページが開けなくなるなどの現象が数日に渡って発生し、サイト活動に支障をきたしていた。

5月19日にはrateモジュールの表示不具合、5月20日にはFacebookログインができなくなる問題が確認された。これらに関してはメンバーへ情報提供を求めている状況にある。提供された情報は細心の注意の下、サイトスタッフ内で共有される。

発生している問題はSCP財団が基盤としているwikidotに由来するため、サイトスタッフ側は即時解決は難しいとしている。しかし、可能な限り状況を把握し、wikidotへの負荷を軽くするための対応や、一時的な改善策を考えていく方針だ。サイトに参加しているメンバーには、自主的な投稿作品や下書きなどのバックアップの作成(なお、投稿作品についてはこれまでもサイトスタッフが定期的にバックアップを作成してきた)や、Facebookログインからメールアドレスとパスワードによるログインへの切り替えを呼びかけている。

詳細は各スレッドを参照。

コンテスト決着

八周年コンテスト第一弾、ちょしゃどもがなぐりがきの跡

sutegoro1.png

5月9日、素手喧嘩コンテストの全工程が終了し、順位が確定した。

要注意団体やカノンなどを主体とした記事の比率も、この一年前とは格段に上昇したサイトの状況で行われた当コンテスト。順位確定時に+1以上の評価だった作品は61作品、内訳でSCP記事50作品、Tale11作品となり、盛況のうちに終わった。結果を残せたメンバーも残せなかったメンバーも、特定の設定に寄らない記事作りの楽しさや難しさを再認識できたのであれば、これからも仲間ズットモでいられるだろう。(殴り合いの後は友情が生まれるのが定番だから)

入賞作品は以下の通り。()は順位確定時のポイント数。

金賞: SCP-2430-JP - ローズマリーに追憶を (156) by yagisawaanyagisawaan

銀賞: SCP-1783-JP - お船の中はうさぎでいっぱい (127) by dr_torayadr_toraya

銅賞(同着):
ねえ、先生 (120) by kyougoku08kyougoku08
物語の伝え方 (120) by islandsmasterislandsmaster

非SCP優秀賞
ねえ、先生 by kyougoku08kyougoku08
物語の伝え方 by islandsmasterislandsmaster

また、コンテスト閉幕に伴い、主催者のJiraku_MoganaJiraku_Mogana氏より総評を預かっている。

皆さま、コンテストお疲れさまでした。60を超える作品に恵まれ大盛況だったと思います。己の拳を突き上げた著者の方々、記事をブラッシュアップさせた批評者の方々、Voteで盛り上げてくださった読者の方々、運営を手伝ってくださったコンテスト委員"決闘者"の方々、お礼申し上げます。
さてコンテストを振り返りますと、というだけあって、強烈なパンチの効いたSCP記事揃いでした。今回の投稿作は知識や前提を必要としない作品でなければならないため、他作品からの誘導により作品を読んでもらうことは期待できないルールでした。結果として単体としてインパクトやオチが強くその良さを語りやすいSCP記事が評価を伸ばしたように思えます。そして今回は棍棒での殴り合いコンテストと異なり、SCPだけではなくTaleやフォーマットスクリューも投稿可能なルール。Tale2作品による同率銅賞や提言での殴り込みなど様々なドラマが生まれました。また、投稿開始段階ではいわゆる"ベテラン"勢の投稿で埋め尽くされていましたが、蓋を開けてみれば終盤に投稿されたyagisawaanyagisawaanさんの処女作が怒涛の追い上げを見せ見事優勝。こういうことがあるからコンテストは面白いですね。
今回参加が惜しくもできなかった方、奮わなかった方、是非コンテスト外でもステゴロ作品を作ってみてください!カノンや要注意団体をメインに使う作品でも、ステゴロ作品を書く能力は間違いなく生かされます。そして他の作品に頼らず自身だけで作品世界を作り上げる、その試みが廃れることは決してないでしょう。魂は永久不滅ズットだからよ……!
それでは、私は令和三年度三題噺言霊競演の執筆で忙しいのでこれにて失礼いたします。また次のコンテスト会場でお会いいたしましょう。

コンテストに投稿された全作品はコンテストページから確認できる。

以上、コンテスト閉幕ッ!有難あざっしたッ!

三題噺言霊競演、開幕

あの『コトダマ』が帰ってきた

%E8%A8%80%E9%9C%8A%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF.png

5月24日、令和三年度三題噺言霊競演の開催が発表された。

2016年に開催されたコトダマTale祭りと同様の形式を取るこの企画。キーワードである言霊コトダマをテーマ/単語として自由に使用することをルールとしている。Tale企画を全ジャンル記事対象に、前回3週間だった投稿期間を1週間に、前回8個だったコトダマをそれ以上に。令和に蘇ったコトダマ祭りを堪能しよう。

基本的なルール

  • 言霊は使い方、解釈ともに自由に扱ってよい。(作品の「テーマ/お題」として使用したり、要素として文中で言及するなど)
    • ただし、どう言霊が使われているか不明瞭な作品に対しては、コンテスト運営委員よりツッコミ・説明要求・参加取り消しなどの対応を行う可能性がある。
  • エントリー作品は、最低でも3つの言霊が使用されていなければならない。
  • 投稿数に制限はない。ただし、一度使った言霊をもう一度使うことはできない。
  • 投稿期間中であれば自分の作品を改稿できるが、使う言霊を増減させるような改稿は許されない。
  • コンテスト期間中、一度エントリーした作品は自主削除できない。 (低評価削除などで削除された場合のみエントリーが取り消される)

6月4日現在、以下の言霊が公開されている。なお、6月4日には「おかわり」として言霊が5つ追加された。

  1. チームコンテスト2020で作られたタグ
  2. 「子猫ちゃん」
  3. 「サンドボックス」
  4. 「スポ根」
  5. 「#」
  6. 「ロストテクノロジー」
  7. 「続きはまた今度」
  8. 「極道」
  9. 「マイ・バイブル」
  10. 「八目」
  11. 「達磨」
  12. 「埋蔵金」
  13. 「君がこれを見ているということは」
  14. 「たこ焼き」
  15. 「皇帝」

日程は以下の通り。

投稿期間: 5/31(月) 00:00 〜 6/6(日) 23:59 (一週間)
投票期間: 5/31(月) 〜 6/13(日) 23:59
結果発表: 6/14(月)

参加する場合、コンテストページをルール詳細を参照のこと。また、質問は随時ディスカッションやSCP-JPイベント委員会Discordサーバーにて受け付けている。

SCP-6000コンテスト開催

未開なる地の先頭を飾るは

nature.jpg

5月25日、SCP-ENにてSCP-6000コンテストが開幕。6月1日正午には投稿が締め切られた。

テーマは自然(Nature)。ルールはこれまでのX000コンテストに準ずる。前回のSCP-5000コンテストと同様、1週間の短い投稿期間だった。順位確定は7月1日(米国東部標準時12:01AM)となっている。

なお、SCP-4000コンテストとSCP-5000コンテストの間隔は約1年半だったが、今回は開催までに約1年5ヶ月程度だった。

ガイドラインアップデート

文章を見直しへ

5月22日、各種ガイドラインの大規模アップデートの提案が可決された。既にこの処置は実行されている。

この提案は4月23日、スタッフのShinoguNShinoguN氏により行われた。現在のガイドにはガイドとして相応しくない過度なユーモアや現状にそぐわない文面、内容の欠落があると指摘し、スタッフの代表としてこれを改善することを求めていた。

今回の見直しによって、各ガイドは以下のように変更された。

  • 各投稿ガイドの全体的なアップデート
  • 記事を作成するには?の一部記述変更
  • 翻訳投稿ガイドのメディアの取り扱いに追記
  • クレジット付評価モジュールの使用推進のため、テンプレートの順番を変更
  • 低評価削除の基準の明確化
  • 低品質な翻訳に対する削除について明記
  • 新規管理用タグ「差し止め通知」実装と、それに伴う追記

変更箇所と変更後の文面については、提案スレッドや各ガイドを参照するように。

5月の高評価記事

総合部門

 1. ねえ、先生 by kyougoku08kyougoku08
 2. SCP-1-JP-J - イチから始めるSCP by snojsnoj
 3. 日の出の刻 by MistertakoMistertako

SCP部門

 1. SCP-2903-JP - ナグファルの戦士達 by nemo111nemo111
 2. SCP-2394-JP - 遺書オークションはボロ儲け by meshiochislashmeshiochislash
 3. SCP-2377-JP - 全宇宙コスモが彼にもっと輝けと囁いている by stengan774stengan774

Joke部門

 1. SCP-1-JP-J - イチから始めるSCP by snojsnoj
 2. SCP-2430-JP-J - ミズマエハラに追撃を by crow_109crow_109,stengan774stengan774

Tale部門

 1. ねえ、先生 by kyougoku08kyougoku08
 2. 日の出の刻 by MistertakoMistertako
 3. 四季と死期 by MtKani_666MtKani_666

GoIフォーマット部門

 1. 「社会」の記事 2030年11月26日 - 帝都経済新聞電子版 by seafield13seafield13
 2. UIUファイル: 2001-745 by O-92_MalletO-92_Mallet
 3. 地下東京における人工太陽製造のための認可計画(第88稿) by p51p51

アートワーク部門

 1. ある終末たちのはなし by PhylliidaePhylliidae
 2. 極夜を明かす者達へ by AyaitoAyaito
 3. ベルの音、天使は起床。 by amasoraamasora

人気の翻訳記事

 1. SCP-6000 - 向こう側 by UraniumEmpireUraniumEmpire / 訳: Dr_KasugaiDr_Kasugai
 2. SCP-6000 - 蛇、箆鹿、放浪者の図書館 by RounderhouseRounderhouse / 訳: RAY_AFTRAY_AFT
 3.(同立) SCP-CN-2999 - Observator Ex Machina by DouglasLiuDouglasLiu / 訳: snojsnoj
 3.(同立) SCP-6000コンテスト by ProcyonLotorProcyonLotor / 訳: MisharyMishary

※6/1集計

5月の最多投稿者


1.(同率) MtKani_666MtKani_666

1.(同率) NekokuroNekokuro

1.(同率) O-92_MalletO-92_Mallet

1.(同率) stengan774stengan774

2.(同率) Ano2mousAno2mous

2.(同率) kyougoku08kyougoku08

※6/1集計

5月の最多翻訳者


1. C-DivesC-Dives

2. sharkcrashsharkcrash

3.(同率) ban-tarouban-tarou

3.(同率) DirStarFishDirStarFish

3.(同率) walksoldiwalksoldi

※6/1集計

5月の注目の記事

注目のSCP

注目のTale

注目の翻訳SCP

注目の翻訳Tale

今月の翻訳強化月間

「翻訳強化月間」とは?

  • 隔月で特定のタグがお題として公開されます。
  • お題のタグが付与されたページをその月の間に翻訳したら、翌月の新聞に掲載されます。条件を満たしているなら、EN以外の支部からの翻訳でも構いません。
  • 企画参加者は翻訳予約を徹底してください。特に罰則はありませんが、同一タグを集中して翻訳することになるため、被りが生じる可能性が高くなります。

今月のお題【/feline

上のリストは、対象となる未翻訳記事の例です。ENのものを並べていますが、他の支部からでも(該当するものであれば)構いません。

去年の今は


説明: SCP-2048-JPは落下させた際に特定の確率(SCP-2048-JP-1とする)で表が上を向いた状態になる日本国の10円貨幣です。2020/04/01まで「必ず表の出る10円玉」としてAnomalousアイテムに登録されていましたが、定期点検時に誤って落下させた際に裏が出たことが確認されたため、後述の実験2048-JP-1の結果を受け、新たにSCP-2048-JPとしてナンバリングされました。
普通のコイン by HN_410HN_410


SCP-2050-JPから3mの範囲内では、不明な知的存在(SCP-2050-JP-A)とテレパシーを介した会話が可能です。SCP-2050-JP-Aは20~30代程の女性の声で発話し、上代日本語を用いてコミュニケーションを行います。会話可能な範囲から、SCP-2050-JP-AはSCP-2050-JP内部に存在すると仮定されていますが、観測に成功した例はありません。
by MistertakoMistertako


シガスタン共和国(シガスタンきょうわこく、シガ語: Шигастан Республикасы)、通称シガスタンは、中央アジア共和制国家である。北にロシア連邦、東にカザフスタンウズベキスタン、南でトルクメニスタンと接する内陸国カスピ海アラル海に面している。首都はシガスメンバシ(ウォーツ)。旧ソビエト連邦の構成国であったが、1991年に独立した。
シガスタン共和国(削除されたページ) - Wikipedia by stengan774stengan774


私、サイト81██管理官石破いしば善嗣よしつぐはただ一人、地下シェルターにてこの短い宣言を読み始めた。中身がスカスカで笑っている。
名前の無いファイル by v vetmanv vetman


 小川さんが最初に開発した日本独自品種は『わるいざいだん』だ。これは甘みのなく、痺れるような強い苦みが特徴の品種で、今も愛好家が少なくない。しかし、これ以降、新たな日本独自品種の開発に、小川さんは失敗し続ける。「カノンは日本の土壌には根付かない、なんて言われたこともあった」と言う。
カノン収穫が最盛期 今年は大豊作 by count numbercount number


SCP-2057-JPは死亡時に視界内もしくは周囲のおおよそ球体の物質の内部へ3~4mmほどの胚1に変化した状態で転移します。転移後の胚は球体内の固体または液体を不明な原理で自身の栄養素に変換させて成長し、平均21日で幼鳥にまで成長して孵ります。この転移から孵化までの一連の流れを再誕プロセスと呼称します。この時、幼鳥になるまでに必要な環境条件は通常のニワトリのものとは異なり、どのような環境でも球体内で幼鳥まで成長することができます。ただし、孵化をするには幼鳥が生存できる環境が必要であり、適切な環境下でなければSCP-2057-JPは球体内で休眠状態に移行することがわかっています。
卵に還り、卵が孵る by nabesnabes


説明: SCP-500-JP-EXは、財団の今後の活動に致命的な悪影響を及ぼすと考えられる技術及び物質群です。現在、SCP-500-JP-EXには1件のオブジェクトが指定されています。
特効薬 by SuamaXSuamaX


昔の収容房ってのはほとんどの音はシャットアウトできるが、ドアを叩く音だけはどうしても抑えきれなかったんだ。しかも、収容された奴ら、最初の数時間はドアを叩く。そのせいで、廊下には鈍い音がずっと響いていた。俺含め、警備員たちはその騒音に悩まされ続けたもんさ。
鈍感 by H0H0H0H0


SCP-2816-JPに重ねて12時間以上他のモバイル端末を置いておくと、その3〜6日後にSCP-2816-JPのバッテリーが搭載されている部分を中心にして膨張します。また膨張が始まってから1週間が経過すると、充電効率が通常の3分の1程度まで低下する、通知や着信がないのにもかかわらずバイブレーションが発生する、等の現象が頻繁に起こるようになります。
「ごめんね、でもこれ電池じゃないの」 by MizinNusMizinNus


2019/03/31 23:50、心拍がSCP-001-JPと連動していたヒトおよびその周辺を除く一定の範囲 地球上 観測可能な全域の存在及び非存在が全て静止しました。状況からSCP-001-JPの新たな異常性が原因であると考えられますが、詳細は調査中です。不明です。
飯落の提言 by meshiochislashmeshiochislash

財団世界 隠蔽事件記録

前回掲載号

楽観主義者はあらゆる問題の中に機会を見いだす。

2017年██月██日、京都府長岡京市 セーフハウス に-65 神路紙 管理員

「クソ、一体何がどうなっているんだ!」

イラついて叩いたベッドが埃を吐き出し不健康な汚れの塊に悪態すら邪魔をされる。
めったに使われることがないフィールドエージェント用のセーフハウス、日本国内に何十も何百も設置された退避用の居住空間の中で私は……いや探偵ぶって言いつくろっても仕方がない、俺は他の巻き添えを食らった愉快な連中と共にこの埃っぽい一軒家に逃げ込む羽目になっていた。あの小さな林で襲ってきた何かを無表情の冷血女の脂っこい蝉によって攪乱した後、蝉をしこたま吐き出して気を失った朝夕を抱えて車に逃げ込んだ俺たちはナビと記憶を頼りに辛くもこのセーフハウスへと転がり込んだという訳だ。

かつて五行結社が使っていたという曰く付きの物件だが、一方でそういう相手にはおあつらえ向きの隠蔽核のおかげで今しばらくは時間を稼げそうだった。

忌々しい屍にレベルアップした足立と蝉の冷血女は比較的マシだったリビングで先に休憩に入り、誇りまみれで眠るのに苦労しそうな休憩室に男一人で押し込まれいまやモブにでもなり下がったような心境だった。

「せめて、いいところの一つくらい動ければ……」

むなしい呟きだけが自分一人の一室に無駄に響き、理想と現実の格差を自らの胸に刻んでくるようだった。
そう、確かに逃げ回っているばかりではヒーローに慣れないどころか自らの保身すら怪しいところだ、今は情報を整理し、次の手を考える必要があった。

全てを改めて精査しなおす必要がある、一体資料室で何を聞いたか。あの林で何を掘り起こしたか。襲ってきた”あれ”はいったい何だったのか。

そして、次にどう動くべきなのか……歯車は回りだしている。動き出した仕掛けが完成する前に歯車から逃れなければ挟まれて潰されるのは自明の理だった。


特集

佐藤事務員の政策レポート

先日ukwhatnukwhatnさんと2MeterScale2MeterScaleさんとH0H0H0H0さんがウマを走らせるゲームを始めたので、スタッフの業務が滞ったらきっとそれはウマのせいです。私はマンハッタンカフェとイクノディクタスの実装を待ってガチャ欲と戦う日々を送っています。地獄のタウラス杯を終えたと思ったらジェミニ杯……毎月やるんですかあれ……。
それはそうと毎度のごとく政策レポートをウィキ運営チーム/タグ専任チーム所属スタッフのNanigashi SatoNanigashi Satoがお送りします。このコーナーではスタッフが模索中・進行中の政策について一般メンバーの皆様にお届けいたします。紹介された内容は予告なく変更される可能性があることをご承知おきください。

タグ

先日、Anomalousアイテム一覧などの剪定対象合作の個別寄稿ページに専用のタグが付けられるようになりました。今まで、寄稿作品を個別の子ページで管理する新方式を採っていた合作では「全ページに必ず1つ以上のメジャータグを付与する」というルールが守られていない状況でした。それを解決したことになります

これで、タグ改革前にやっておきたかった準備の準備はほぼ完了しました。タグ改革の準備はおよそ7割を完了したことになります。
残りの大きな課題は、タグリストのFAQの整備に、GoIF隠しタグのルール策定とそれに伴うGoIF投稿ガイドの改訂案作成です。なるべく早めにみなさんの前に成果物をお出しできるように頑張るので応援していてください。

フォーラム

先月から、少しずつフォーラムの整理をしています。

  • 投稿報告などに利用されていた「お知らせ」を「報告」という名前に改称しました。これは、「スタッフからのお知らせ」との混同を避けるためです。
  • 「政策」にあったタグに関わる質問、報告スレッドを「お知らせ」改め「報告」に移動させました。政策に関する議論には殆ど使用されていないためです。
  • 「メタリアリティプロジェクト」という過去の遺物を「サイトのお知らせや提案」から「フォーラムディスカッション」に移動させました。
  • 「告知」というカテゴリを新しく作りました。サイトメンバー全体への告知や情報共有に用いられますので、暇なときは覗いてみてください。
  • 今まで注目記事更新のお知らせは^トップページのページごとのディスカッションで行っていましたが、今後は「告知」内の専用スレッドで行うようにしました。
  • 今までスタッフやコントリビューターの人員更新のお知らせはスタッフからのお知らせで行っていましたが、今後は「告知」内の専用スレッドで行うようにしました。
  • Discordの定例会の告知スレッドを、「一般」から「告知」に移動させました。
  • サンドボックスやストレージでのライセンス関連案件の報告を行うスレッドを新規に作成しました。

新規に作成した「告知」カテゴリは、スタッフに申請すれば一般メンバーも利用することができます。企画の告知などが適切な使い道です。

イベント

先日、公式イベント施行規則が制定され、いつだかのこのコーナーで予告した「重賞」というシステムが稼働し始めました。重賞について詳しくはリンク先をお読みいただくとして、初めてのSCP-JPで行われる重賞は夏のテーマコンテストということになります。
本稿が皆さんの前に出される頃にはコトダマリバイバルコンテストもとい三題噺言霊競演が始まっているはずですが、それ以降の8周年記念コンテスト群はおおまかにこんな感じの予定を組み立てています。

  • 三題噺言霊競演: 5月末~6月中旬
  • 夏の大規模テーマコンテスト(仮)/重賞指定: 7月中旬~8月末
  • 秋のコンテスト(仮): 10月
  • 冬のコンテスト(仮)/重賞指定: 12月中旬~2月頃

もしかしたら、小規模なコンテストをエイプリルフール前にもう1つ行うかもしれません。エイプリルフール後の9周年では、4回目の新人執筆者応援コンテストに加えてSCP-3000-JPコンテストを行う予定です。

文責: Nanigashi SatoNanigashi Sato

定例会予告

06/05「下書きを見てもらおう」

担当: boatOBboatOB


06/12「6000コンについて語ろう」

担当: H0H0H0H0


06/19「下書きを見てもらおう」

担当: 調整中


06/26「みんなの処女作について語ろう」

担当: aisurakutoaisurakuto


« 令和3年 4月 | 令和3年 5月 | 令和3年 6月 »

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。