神罰 Part2
rating: +2+x

前回の ネクサス:
神罰 Part1

落ちている。クロエは完全にパニックになっていてどれくらい落ちていたのかわからなかったが、衝撃で死ぬにはそれはとにかく長すぎだった。落下がたやすく止まった時、彼女はいっそう驚いた。彼女は底に辿り着いたが、余剰エネルギーが早めに終わりにしようとただ決めたようだった。それはありがたいことにクロエの体がぺしゃんこになるのを防いでくれた。
彼女がこの情報を処理するのに約10秒かかった。彼女の顔がぼんやりしている間に潜在意識は周囲を調べて発見を報告した。
彼女はまだ暗闇にいると判断したが、ここにはほんの少しの光が満ちていた。そして壁があった。見たところリベットで留められた金属製の壁のようだ。彼女は自分が大体2メートルくらいの高さのコンテナの中にいるのだと思った。
クロエは観察されているように感じて辺りを見回した。それで彼女は2つのことに気が付いた。1つは、光が今どこから来ているのかということ。2つは、彼女がここに一人きりだというわけではなかったということ。
だが彼女はもう一人の同席者がかわからなかった。
彼女の脳は、約5メートルほどの髭を生やした男が前に立っている、より具体的には屈んで跪いているということを納得させようとした。彼は長く、黒いローブを着ていた。彼の目は全て銀色で、大きなビー玉のようだった。それは彼女の心で見たはずのものであった。彼女の目は少し異なる視界を持っていた。例えばクロエにとって、相手が自分の目の前か部屋のどこかにいるのかを言うことはできなかった。彼が正面を向いていたか、あるいは彼の手足が何本かでさえも彼女はわからなかった。おまけに彼はあまりにもリアルに見えた。人々は彼の現在を正式に味わった。クロエはその男が彼女よりもリアルに見えるという事実を部分的にしか処理できなかった。さらに彼は内から外へと輝いていた…
その見知らぬ人物は悲しげな様子で彼女を見つめた。彼は憂鬱そうだった。
「えー…ハロー?」
男は感情を示さなかった。しかし彼は手を差し出すとクロエの鼻を注意深く小突いた。
どういうわけか彼女に静電気が充填された。
彼女の髪は四方八方に乱暴にはね始めた。クロエはどうすればいいか分からなかったが、少なくとも今は男は笑顔になった。
彼女は家に帰りたかった…
「ここはどこですか?」
巨人は頭を傾げた。それから何かを言った。クロエはその言葉がわからなかったが、与えられた情報に取り掛かれなかった理由がまだ他にあった。彼女はただ彼の言葉に耳を傾けていただけではなかった。彼女の全身は彼の声の振動で震え、頭がすぐさま爆発しなければならないように感じた。
だがミキサーによって彼女の脳を追い立てようとするその声をよそに、彼女は気が付いた。巨人は、あるいは彼が何であろうが、終わりにいた。彼は死の入り口に立っていた。だが彼は話しを止めてくれるのか?
コンテナに突然動きがあった。彼女の背後の壁が上昇し、灰色の普段着を着た男が現れた。そして彼はライフルを運んでいた。
クロエと同様に彼はこの遭遇に驚いた。彼だけがいち早く正気に戻るとクロエの知らない言語で何かを叫んだ。彼女があからさまに望み通りの反応を示さなかったので、銃を持った男は自分の肩越しに何かを叫び、さらに男4人と女1人が加勢した。全員同じような服を着て彼のように武装していた。ジーンズとクロエの読めない文字がプリントされた白いシャツを着た女性はクロエを捕まえようと続いてコンテナの中に入ったが、巨人が見た目にはゆっくりとした動きで彼女を押し倒した。
男たちの方から幅のあるうなり声が聞こえ、まるで全ての壁が滑らかな海面であるかのように急に囲いを輝く波が通り抜けた。その巨大な生物はクロエの足から力を吸い取る力強い声で叫んだ。彼女が膝をついた時、彼女の静電気が激しく流れ出た。
うなり声が簡単には消えないせいでクロエの細心の注意はそれに払われていたために、すぐに女がクロエの手を掴んで引っ張り上げ、引き寄せるのは簡単だった。グループの他の者と同様にその女は、巨人が暴れたことによる影響が少ないようには見えなかった。
クロエの後ろでコンテナが閉じられると悲嘆の声は静かになった。それにもかかわらず彼女は引きずられたが、もう今では耳鳴りは止んでいたのでついに周囲を調べる機会を得た。
彼女がいたコンテナは、あらゆる形と大きさの輝くワイヤーや管、パイプから本物の森につながっていた。それらは地面に消えていた。その全体は一部が結合される前に他のものから構築されているように見えた。クロエは何故このつながりが内側から見えなかったのか無意識に不思議に思った。彼女が今しがた引っ張り込まれた部屋は、褪せた灰色の円柱状で確実に10メートルの高さがあった。中央に装置がなければ、きっとそこでは何の問題もなく50人の男たちがバレエレッスンをすることができた。
クロエは今のところショック状態で、まだ状況を中途半端に理性的に考えていた。粗いコンクリートの床との摩擦が次第に素足に痛みを与えるようになったため、彼女を掴んでいる鉄のような握力に対して抵抗を試みた。しかし女が彼女を近くに引っ張り、腰にぶら下げた望遠鏡を意味ありげな表情で叩いたので、彼女はすぐこの試みを止めた。クロエは震えて急いで頷いた。だが少なくとも彼女は自分で歩くことは許されていた。
白いコートの男がちょうど薄い灰色でわずかに明かりで照らされているだけの廊下を通っている軍隊の前に歩み出た。クロエは引っ張られたことに恐怖の金切り声を上げ、その新顔に示された。
彼は科学者のようだった。彼は眼鏡をかけ、もつれた白髪で小さなあごひげをしていた。クロエの知らない言語で再び口論が続いた。会話の中では彼女と今連れてこられた部屋が繰り返し指し示されていた。同伴者によって更に彼女が追いやられたことで、全てがついに終わった。最終的にはドアの前で止まると、低い軋んだ音を立ててそれが開かれた。
クロエが独房と認識して恐怖を覚えたものが後方にあった。洗面台と蓋のないトイレ、椅子、机とベッドだ。そしてクロエは、優しい力で部屋に連れて行かれると彼女の後ろでドアがロックされた。
彼女が起こったことを処理して、明らかに困ったことになっていると認識するまで暫くかかった。何故ここに来たのかさえもわからなかった。このクソ小冊子! クロエがただ靴を失くしたことを受け入れただけで、この全ては起こらなかっただろうに! だがしかし、当然彼女は自分の欲望に溺れなければならなかった! 彼女は捕まった。彼女は二度と家に帰れないだろう…
クロエは堰を切ったように泣き出した。

白いコートの2人の男が1階下の小便器で出会った。彼らの間で多少の会話が交わされたが、そのせいでトイレのドアに黒い染みができているのに両者とも気が付いていなかった。そして染みは広がり、1秒後にその領域が完全に満たされた。彼らは2本の手がどうやって彼らを掴んだのかも気が付かなかった。
だが彼らはどうやっていきなり黒に引きずり込まれたかには気が付いた。

暫くした後に同じ黒が掃除用具入れのドア近くに現れた。白いコートの2人がそこから現れた。その内の1人は直方体の装置を手に持っていた。
「うん、私たちは左に行かなきゃね…」

彼女は泣いていた時間を知らなかったが、突然の「軋み」が訪問者を知らせた。それは以前の研究員だった。彼は折り畳み椅子を持って、警備員のような人物と一緒にやって来るとすぐにクロエをテーブルに押しやって椅子に座らせた。彼はたくさん話したが、クロエは彼の言っていることがわからなかった。彼女がわかるまで、彼は様々な言語を試していた。
「ええと、私はそれを理解できませんよ?」彼女は彼を助けようとした。
男は困惑して両眉をひそめた。それから彼は警備員に何事か呟くと、警備員はテーザーガンに恐ろしいほど似た装置を引き出した。恐怖で麻痺したクロエに向かって無頓着に彼は歩みを進めた…
「キィー」
「ゴンッ!」
「キィー」
警備員はすぐに身を翻すとその騒音の原因を探したが、彼が見たものは今にも顔面に触れそうな拳だけだった。これは白いコートとシャツ、靴と黒いジーンズを身につけた茶髪の男のもので、彼はすぐに追い詰めて床の上で警備員を無力化するまで殴った。それで彼は20年にわたって営業をしてきた豚屠殺業者に固有のストイシズムを示した。
「ディーン、彼を殺さないで。それか少なくとも半殺しにして」
クロエは今起こったことのせいで未だに困惑しながら、科学者を携帯用フライパンで鎮圧した2人目の新顔を見つめた。
それがクロエの救世主であることは明らかだったが、そんな風に彼女は想像したことがなかった。
世界には多くのブロンドジョークがある。クロエが思ったように全てが不当だったが、ここにいる若い女性はその全てが当てはまるような印象を与えた。彼女は白衣も着ていたが、その下にタイトな青いズボンをはいていた。彼女の青いシャツと黒いスニーカーにしても同じことが言えた。そして彼女は今にもテレビに出演することを期待しているかのように、そういった風にめかしこんでいるようだった。"ディーン"は彼女に歩み寄るとただ理解できない何かだけを呟いて、無表情にクロエをじろじろ見た。彼は恐らくその大きさと広い十字のような背中のせいで威圧的に見えた。
その間に女性は調理道具を肩にかけた大きな黒い女性用ハンドバッグに詰めた。論理的には収まることはできないが、フライパンは完全に収まった。それからその中の辺りをくまなく探して、最後に電卓のサイズと形を持った装置を引っ張り出した。装置がオンになるとガイガーカウンターのような音を発した。
「やった!」それから彼女は歓声を上げ、にんまり笑って挨拶しようと手を伸ばした。
「失礼、私の名前はエリです」
上の空でクロエは握手をした。全てが彼女にとって早すぎた…
「それで君は?」
「クロエ・ヴィンター」クロエは現状に再び追いつくことができる前に言った。
「君に会えて嬉しいです」エリは返答すると親指で彼女の連れを指した。「ついでにそこにいるのはディーンです」
「ハロー」ディーンは素っ気なく答えた。
クロエの脳はようやく通常の動作速度に戻ると、彼女に幾つかの重要な質問をするのが適切だと考えた。
「待って、ちょっと待ってください、貴方は誰ですか? それでここで何をしているんですか?」
「えっと、誰かって言うと、私たちは観光客ですね」まるでクロエが天気について会話を始めたかのようにエリは説明した。「それで私たちがここにいるのは、誰かがここで厄介なポータルジャンプをしたからですね。そして私はその方法を知りたいのです」
彼女はクロエにこの言葉を放ってウインクした。
「ポータルジャンプ?」
「そう。見たところ魔法の性質ですね。私の見積もりが正しかったら、君がとにかくどこかに出てこれたのはラッキーでした。それとも運が悪いのか…」
「一体ここはどこなんですか?」
「君は別の宇宙に放り出されたんです。犀賀派の施設に直接ね。あれは世界の自称救世主で、後でもっと詳しく説明します。とにかく君のポータルの現実性が低すぎて―」
「もう1つの宇宙!? 並行世界とかそんな感じのもの?」
エリは正しい単語を少しの間探しているようだったが、見つからなかった。
「えー、そうね」彼女は答えた。
クロエは胃がむかむかした。
「それで…私は帰れるの?」
女性の顔は明るいままだった。
「ちゃんとね。私は君を連れ戻します。結局のところ君は間違ってここに呼ばれたって聞きました。でも私たちはその前にまだ何かをしなければならないみたいです」
「え、それは何を?」
「君がポータルジャンプを失敗しただけだったら、私は君に気が付かなかったでしょうね。そんなことはいつも起こっているし。君がここに到着してたった今立ち往生している時に、この宇宙の時空間の構造に途方もない変動がありました。それを証明するのが一番でしょう」
入り口のドアの前に黒い点が現れ、広がり、一瞬にしてフレームの全領域を黒く染めた。
「それは私たちネクサスへの入り口です」エリは説明した。「まず簡単にそれを超高度な宇宙船だと思ってください。それを通って私たちはここに来たんです。歩いて通り抜けてみて」
「通り抜ける?」クロエは疑わし気に尋ねた。
ディーンはあらわに手を黒に差し込んだ。両手は抵抗なくその中に沈んだ。
クロエは諦めて肩をすくめた。本当にどちらにしても狂っていた。彼女は立ち上がってポータルに近寄った。
黒からおよそ半メートル離れていた時に、彼女は抑えつけられるようなものを感じた。その力はポータルに近づこうとするにつれて指数関数的に強くなった。彼女と入口が同一の2つの磁極であるように、相互に反発した。彼女が試しに飛び込んでみると、即座に後ろへ押し出された。
「これは何?」クロエは尋ねた。
「君の時空間の位置はこの宇宙上に固定されました」エリは言った。「それは、君がこの宇宙を去ることができないってことを意味しています。それをするには多大なエネルギーが必要です。君のポータルジャンプだけじゃそれはできないのだけれど、到着した後にここで何かありました?」
クロエは彼女がどうやってあの男に荒々しく箱の中に連れてこられたかを思い出した。彼はそのエネルギーを持っていない…
「とても大きな男が私に触れた時に、私に静電気を溜めました。それはどうですか?」
エリは眉を吊り上げて笑った。
「ああ、はい。量子の総量とひも理論は関係するけれど、静電気はその男が非常にだらしないってことを表していますね。彼について説明してもらえます?」
「彼は大体5メートルくらいの大きさで、奇妙な機械の中に入れられていました」
女性はこの情報で何かをしようとしながら眉をひそめた。
「なら、多分道を尋ねる必要があるか」彼女はついに言った。「ディーン、インテリを起こすわ。クロエ、これを持っていてください」
この言葉と共にエリはクロエに、小さくて灰色のワッペンのようなものを渡した。
「それはリサイクル可能翻訳ステッカーです」エリは説明した。「ここの人たちの言葉と文章を理解して、コミュニケーションをとれるようにしてくれます。選んだ耳の後ろに貼ってください」
「そんなことが?」クロエは驚いて言葉を漏らした。
「すぐ未来でね。私は未来由来のたくさんのもの、タイムマシンとかを持っています。今はそれを貼ってください」
クロエはするように言われたことをした。突然彼女はディーンが今までに加減した暴力を使って研究員から引き出していた泣き声から実際の情報をふるい分けることができた。
「殴るのを止めてくれ!」
「オーケー」ディーンは素っ気なく言うと、ベッドにいる男を掴み上げて直立の姿勢をとらせた。
「ハロー!」エリはまるで道で旧友に出会ったかのように挨拶をした。「質問していいですか?」
「何を?」男は震えた。
「見てください、私たちは大きな誤解をしているの。彼女がここに閉じ込められたこととか全部、本当にこの女の子には関係がないの。でも、それはこの宇宙に間違いなく彼女を固定したのです。それが何で、どこにあるのか教えてくれませんか?」
彼女はそう言いながらまるで観光客が地元の人に道を尋ねるかのような表情を作った。
「俺がやるべきか? お前は誰で―」ディーンが意味ありげな表情で自由な拳を上げると、科学者はビクッと動いた。
「わかった、わかりました! 話します! 彼は二階の110F室にいます!」
エリは再び眉を吊り上げた。クロエは眉だけで感情を表現するにはたくさん練習する必要があると気が付いた。
「本当ですか?」
彼女は自分のカバンの中をひっかき回して探すと、ついにその中からビー玉以下の大きさの黒い球体を取り出した。研究員が何とか反応することができるより先に、彼女は練習された動きで物体を彼の開かれた口に弾き飛ばした。
「貴方がたった今飲み込んだものはマイクロ爆弾です」エリは説明した。「貴方が星の反対側にいたとしても、私はこれを遠隔操作で爆発させることができます。どんな状況下でそれが爆発するのか、説明する必要はないと私は考えています。貴方は利口な脳を持っている、でしょう?」
彼女は表情を加虐的に見せるための、眉の扱いにおいての長年の練習を再び証明した。クロエはエリが眉オリンピックがあるところから来たのかどうかを無意識に不思議に思った。
研究員はこの顔が約束することのために急いで頷いた。
「それで、貴方が言ったことは本当ですか?」
研究員はまた急いで頷いた。
「さて、貴方が私が今まで見てきた一番の弱虫の1人なのか、心理ゲームで非常に上手くいっているかのどっちかですね。今何が起きたとしても、私はこの小さなお友達を捕らえているものがまだなのかわからないのでしょうか? さあ貴方はとっても優しくなれますか?」
「それはクーだ!」それは拳銃から放たれたようだった。
「クー?」エリはおうむ返しすると次第に苛立った。「どのクーですか? それが最も一般的な名前の宇宙があります!」
「クー神だ!」
彼女は目を大きくした。
「'破壊者クー'のような?」
研究員は頷くことで確認した。エリとディーンは目線を交換した。女性の瞳に見える不吉な魅力のようなものをクロエは思った。
「それは興味深い…その方法は尋ねませんが、どうして貴方たちは彼を捕まえたんですか?」
「彼が兵器だからだ。我々は他の現実の破壊のための兵器を操作するために彼の力を使いたい。抑止力としてだ。だから誰も侵略なんて考えて―」
「それは貴方たちの組織ではとても典型的なことです」エリはイラついた、呆れた眼差しで彼を遮った。「ディーン、彼を殴ってK.O.して、私たちは行くわ。彼らは私が監視カメラにループを挿入したことをすぐに気づくでしょ。ああ、それは素晴らしい。」
くすくす笑って彼女が部屋から出る一方で、ディーンは適度な力と最小限の騒音で言われた通りにして、クロエに加わった。
「いつもこんな感じなんですか?」彼女は質問した。
「ああ、残念ながら。彼女は冒険のために生きている」それは諦めているような答えに聞こえた。
ディーンは彼女の手首を掴んでドアの方へと引っ張った。彼の手は固く感じた。
クロエは彼の手を解こうとした。
「あの! 私は自分で歩けます!」
「ここでは違う」ディーンは一向に握力を緩めずに否定した。「もしお前が自由に歩き回れば、混乱を引き込むだけだ。だがお前が研究員に連れて行かれれば…」
「わかりました」
エリは再びドアに頭を突っ込んだ。彼女はクリスマスプレゼントを開くのを待つことができなかった子供と合致するような顔をしていた。
「ねぇ、貴方たちは何を待っているの? ここの犀賀派はずっと盲目ではないでしょう」
溜息をついてクロエは動き始めた。彼女はここで何をしているのかわからなかったが、ここで留まっているよりましだと何かが彼女に言った。彼女はまだ室内にいて動かない意識のない研究員をもう一度心配した。
「教えて、本当に爆弾を取り外したの?」彼女はエリに尋ねた。
「何ですか? いいえ、あれは原料ガラス。ブラフなの」エリは答えると邪悪に笑った。
クロエは思わず自問した。それは本当に良かったのだろうか…

次回のネクサス:
神罰 Part3

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。