車両進入禁止
rating: +7+x

「あの、サー?」

「何だ、エージェント?」

「えぇと… 実はその… スリー・ポートランドはご存じですね、サー? そこに駐在しているエージェントたちも?」

「スリー・ポートランドは俺たちのメインの取締先だ、エージェント。アホな質問するな」

「はい、しかし… 彼らが何と言いますか… 異常な物を発見したのです、サー」

「俺たちUIUが何の略か分かってるか? 異常事件課だぞ?」

「はい、サー、その通りです、それで—」

「いいからさっさと言え!」

「そこに車があるのです、サー」

「は?」

「スリー・ポートランドに」

「く… 車? しかし…」

「はい、サー、スリー・ポートランドに自動車は存在しないはずです。しかし現に1台あるのです。それも街のど真ん中にです、サー」

「バカにしてんのか?」


「なぁエージェント。俺はこの話を聞いた時、お前がジョークを言ってんのかと思った」

「ジョークではありません、サー」

「黄色のスマートカー。誰が乗り付けたにせよ、明らかにセンスの無い奴だ」

「世間がスマートカーをどう評しているかご存じですか、サー?」

「うん? どう言われてるんだ?」

「今のは質問です、サー。私は世間がスマートカーをどう評しているか知りません」

「…さ、始めるか。エージェント、車がここに現れた時の目撃証言は?」

「上空に出現したとのことです、サー。そして落下しました」

「上空の“道”の有無はチェックしたんだろうな?」

「はい、サー。ありません」

「面白い…」

「それで、あの、サー。じっくり考える前にですね、まずはこの車を外に出す方法を見つけるべきではないでしょうか」

「しかし、害は無いんだろう、エージェント?」

「市民が動揺しています、サー。彼らは車を好んでいません — この通りを下った先にあるキッチンカーは別ですが」

「キッチンカーはあるのか?」

「はい、サー。非常に美味いタコスを売っています。しかし、あれは動きません」

「心に留めておくよ、エージェント。さて、話を元に戻そう」

「無論です、サー。私が思うに、後ろから押してやればこの車を“道”まで転がしていけるかと」

「押す?」

「その、レッカー車を呼ぶわけにいきませんので」

「そりゃそうだ、エージェント。ふん。お前と話してて思うんだがな、なんでスリー・ポートランドは車両進入禁止なんだ?」

「私にもよく分かりません、サー。インフラを心配しているのではないでしょうか? 道路はかなり高価です。それに、街自体がそれほど広くありませんから…」

「いい線突いてるぞ」

「勿論です、サー、私はいつもそうです」

「自惚れんのもいい加減にしろよ、エージェント」

「ユーモアを忘れないようにしているだけです、サー」

「ふん。とにかく… 車をここから出すとしよう」

「押す準備はもう宜しいですか、サー」

「俺はここ3週間ずっと事務椅子に座って過ごしてたんだぞ、エージェント。どういう答えが返って来ると思った?」


「サー、スリー・ポートランドから報告が来ました、それによると—」

「また別の車か?」

「いえ、サー、実はその車を作った犯人を逮捕しました」

「ほう?」

「はい、サー。Are We Cool Yet?のアナーティストでした。彼女は独自に“道”をこじ開け、そこに車のパーツを1つ1つ密輸して組み立て直したそうです」

「すると何か象徴主義的な芸術運動なのか?」

「かなり短かった取り調べによると、その通りです。こちらが書き起こしです」

「…なんでこんなに削除まみれなんだ? さてはうっかり蛍光ペンのつもりで黒マーカーを引いたか?」

「あー、いえ、サー。そのまま載せるには少々卑猥すぎたもので」

「犯人の発言で塗り潰されてないのは“車”と“石油燃料をガバガバ使う奴ら”だけじゃねぇか」

「非常にパワフルな芸術運動の証というやつです、サー。取り調べを担当したエージェントは危うく涙が出そうになったと言ってました」

「面白い。それじゃ、エージェント、今回の事件は既に対処済ってことだよな?」

「はい、サー。ただ — あ、少々お待ちください。電話に出なければいけませんので」

「構わないさ」

「ありがとうございます。ん? あなた — 待ってください。落ち着いて。何を見つけたんです?ああ。へぇ。すぐ知らせます。はい、サー」

「おい、あいつら何を見つけたって、エージェント?」

「ええと、ガソリンスタンドですね、サー」

「ふざけんなよ… 仕事が山積みになるだろうが…」

「はい、あそこで私たちが対処する大抵の事と違って、今回は押し出すこともできません、サー」

「そうとも。なぁエージェント、いっそ—」

「あっ! 失礼、サー、また向こうから電話です。ふむ。成程、それで? えっ。待ってください、それは… はい。あー、ありがとうございます。はい、すぐ知らせます」

「今度は?」

「暴動です、サー」

「おい嘘だろ、何でだよ?」

「その、市民がインフラを不安視しているのです、サー。それというのも-」

「へッ。インフラか。さっきお前が言ってたのは正しかったらしいな、エージェント」

「はい、サー、ですが別な事件が発生しています」

「別な事件?」

「街中の自転車が、えー、自動車に変形したと… あの、サー? そのボトルは何ですか?」

「ウィスキーだ」

「その… 私も頂いて宜しいですか?」

「勿論、エージェント」

「ありがとうございます」

「クソッ、こんな仕事は大っ嫌いだ」

「ええ、サー… 皆そうですとも」

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。