No.A1-3
評価: +79+x
No A1-3 出力不可

ウォール理論

ワタナベ ノリ
ヨツヤ レイジ
rc_f1_003_010b.jpg
人間性の保存領域概覧

概要

我々実体組織において正常な現実性の保存は最重要の課題となった。現実性を発生させる人間性の保存は現段階の技術では不可能であるため、前段階として知性反応の保存を行うことになった。壁理論はその作業段階で解明された、生命情報学的な概念である。

成分

人間性を形成する知性反応の集合体には深度が存在しており、深い反応ほど取り出しにくい。同様に書き換え行為に対しても、高深度の反応ほど強い耐性を持っている。一定深度ごとに遮断性能の高い領域が確認でき、便宜上それを”壁”と呼ぶ。壁を隔て、深度の浅い領域から順にF1 ~ F5と区分けされ、最高深度には人間性の根源を担う“自己同一性”が保存されていると考えられる。F5以深は不可侵の壁に覆われており、あらゆる改変を許していない。

抽出

知性反応の取り出しには対話部門の開発した”正しい質問”が使用される。最高深度の反応は“20の正しい質問“によって取り出しが可能であるが、同時に生体反応が失われる。この文章装置はEuclidオブジェクトとして収容されている。

保存

取り出された反応は物理的な記録媒体に保存することができる。記録された反応は仮想的な内部空間を形成しており、これを表象領域と呼称している。

rc_f1_003_019.jpg
記録媒体概略図

防御壁としての機能

実際の書き換え事象に曝された場合、取り出される反応はどう変化するのか深度ごとに実例を挙げる。

第1階層への攻撃事例

  • 視覚的記憶、聴覚の記憶に基づく反応がこの階層に保存されている。
  • 平均的に10~100程度の“正しい質問”で取り出すことができる。
  • 大気層に照らせば外気圏に相当する。

SCP-2200-JP : 視覚の反応の変化。当該物品に対し自認女性は一部分を視認することができなくなる。

汚染の分布 redline05.pngredline04.pngredline03.pngredline00.pngredline01.png redline01.pngredline02.pngredline01.pngredline00.pngredline00.png redline01.pngredline02.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png
rc_f1_003_012a.jpg
正常な反応
rc_f1_003_012b.jpg
汚染された反応

AO-JP-2021 : 言語の反応の変化。当該物品の影響下では一部の音節に強制力が働く。点呼時にも影響。

汚染の分布 redline02.pngredline03.pngredline04.pngredline05.pngredline04.png redline00.pngredline00.pngredline01.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline01.pngredline03.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png
rc_f1_003_014.jpg
観測対象
  • 正常な反応 → 北沢消防出張所の鉄塔だ。
  • 汚染された反応 → 北沢消防出張所のチっ塔だ。

SCP-3250 : 視覚の反応の変化。当該情報の影響下では特定人物に関する視覚情報が別の人物に変換される。

汚染の分布 redline05.pngredline05.pngredline03.pngredline02.pngredline01.png redline02.pngredline02.pngredline01.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png
rc_f1_003_017a.jpg
正常な反応
rc_f1_003_017b.jpg
汚染された反応

攻撃典型例:

rc_f1_003_008.jpg
色彩に関する正常な反応


rc_f1_003_007.jpg
敵対的表象

rc_f1_003_009.jpg
表象の汚染

第2階層への攻撃事例

  • 味覚や嗅覚、触覚や痛覚に関する反応がこの階層に保存されている。
  • 平均的に100~1000程度の“正しい質問”で取り出すことができる。
  • 大気層に照らすと熱圏に相当する。

SCP-1846-JP : 味覚に関する反応の変化。当該情報の影響下では 全ての味覚情報が特定の物質由来の情報へ置き換わる。

汚染の分布 redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png redline05.pngredline05.pngredline04.pngredline04.pngredline02.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png
観測事象: 標準ヒト型オブジェクト用糧食を口にするよう指示する。
  • 正常な反応 → 問題なく摂食。味の不満を述べる。
  • 汚染された反応 → 問題なく摂食。適度なミートソース味だったと述べる。

SCP-2737 : 記憶に関する反応の変化。当該情報の影響下では有害な記憶に関する防御機能が失われる。

汚染の分布 redline04.pngredline05.pngredline05.pngredline04.pngredline03.png redline04.pngredline04.pngredline05.pngredline05.pngredline04.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png redline01.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png
観測事象: 幼少時に溺れた経験のある職員にプールへ近づくよう命令する。
  • 正常な反応 → 心的外傷を理由に命令を拒否する。
  • 汚染された反応 → 落涙を認めたあと指先でわずかにプールの水に触れる。

SCP-4773-1 : 観測行為に関する反応の変化。当該対象の影響下では当該対象を記憶しておくことができない。

汚染の分布 redline02.pngredline04.pngredline03.pngredline04.pngredline03.png redline04.pngredline04.pngredline05.pngredline05.pngredline04.png redline00.pngredline02.pngredline02.pngredline00.pngredline00.png redline01.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png
rc_f1_003_015.jpg
観測対象
  • 正常な反応 → 子供とクマのぬいぐるみが床に倒れている。
  • 汚染された反応 → クマのぬいぐるみが床に置いてある。

攻撃典型例:

rc_f1_003_005.jpg
バラの香りに関する正常な反応
rc_f1_003_006.jpg
表象の汚染

第3階層への攻撃事例

  • 実感に関する反応がこの階層に保存されている。
  • 平均的に1000~5000程度の“正しい質問”で取り出すことができる。
  • 大気層に照らすと中間圏に相当する。

SCP-1010-JP : 実感の反応の変化。当該現象の影響下では倫理に反する行動をとることができない。

汚染の分布 redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline01.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline01.pngredline00.png redline05.pngredline05.pngredline05.pngredline04.pngredline03.png redline01.pngredline02.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png
観測事象: Dクラス職員を消費する実験を行うよう命令する。
  • 正常な反応 → 消費したDクラス職員のリストを整理する。
  • 汚染された反応 → 担当したDクラス職員の生い立ちを聞く。

SCP-1212-JP : 実感の反応の変化。当該物品の周辺では主観的な価値に対して著しい変動が生じる。

汚染の分布 redline00.pngredline00.pngredline01.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline01.pngredline01.pngredline00.pngredline00.png redline02.pngredline03.pngredline05.pngredline04.pngredline03.png redline00.pngredline01.pngredline04.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png
rc_f1_003_013.jpg
観測対象
  • 正常な反応 → 東急ハンズで売っている貝殻だ。
  • 汚染された反応 → 10億円くらいの価値のある貴重な化石だ。

SCP-3021 : 実感の反応の変化。当該処置後に紐付けられた記号を視認させることで人類の定義を書き換える。

汚染の分布 redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline01.png redline00.pngredline01.pngredline01.pngredline02.pngredline02.png redline03.pngredline04.pngredline05.pngredline05.pngredline03.png redline03.pngredline02.pngredline02.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png
rc_f1_003_018.jpg
観測対象
  • 正常な反応 → Second LifeでZeroWinchester Laughtonが販売していたアバターだ。
  • 汚染された反応 → 財団で働く建築設計担当の研究員だ。なぜか白衣を着ていない。

攻撃典型例:

rc_f1_003_003.jpg
バラの感触に関する正常な反応
rc_f1_003_004.jpg
表象の汚染

第4階層への攻撃事例

  • 自発的意識がこの階層に保存されている。この階層の表象領域を呼び出すと、擬以的な人格を有した反応を返す。
  • 平均的に5000~20000程度の“正しい質問”で取り出すことができる。
  • 大気層に照らすと成層圏に相当する。

SCP-923-KO : 自由意志の反応の変化。当該情報の影響下では特定組織に対し絶対的な敵対行動をとる。

汚染の分布 redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline01.pngredline03.pngredline03.pngredline02.png redline03.pngredline04.pngredline02.pngredline00.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png
rc_f1_003_016.jpg
観測対象
  • 正常な反応→ 船の写真だ。
  • 汚染された反応 ↓
rc_f1_003_016c.jpg

SCP-1783-JP : 自由意志の反応の変化。倫理的思考の欠落。当該物品に関する研究実験の命令をすると制御不能に陥る。

汚染の分布 redline05.pngredline04.pngredline05.pngredline05.pngredline05.png redline03.pngredline03.pngredline02.pngredline01.pngredline02.png redline04.pngredline03.pngredline05.pngredline05.pngredline05.png redline02.pngredline03.pngredline03.pngredline01.pngredline00.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png
観測事象: Dクラス職員を使用する実験を行うよう命令する。
  • 正常な反応 → 使用したDクラス職員のリストを整理する。
  • 汚染された反応 → リストを整理せずDクラス職員を消費し続ける。

SCP-2316 : 自由意志の反応の変化。当該情報に汚染されると不特定多数の人間を決められた場所へ向かわせようとする。

汚染の分布 redline04.pngredline05.pngredline04.pngredline05.pngredline03.png redline01.pngredline03.pngredline03.pngredline02.pngredline01.png redline04.pngredline03.pngredline05.pngredline05.pngredline05.png redline01.pngredline03.pngredline04.pngredline05.pngredline05.png redline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.pngredline00.png
観測事象: 幼少時に溺れた経験のある職員にプールへ近づくよう命令する。
  • 正常な反応 → 心的外傷を理由に水中へ入らない。
  • 汚染された反応 → 水中にある死体の確認作業を繰り返す。湖へ戻ろうとする。

攻撃典型例:

rc_f1_003_002b.jpg
表象の汚染

第5階層の汚染

  • この階層に現実性を発生させる根源的要素が保存されているため、直接的な改変に対し強い耐性を示す。
  • 大気層に照らすと地表以下の領域になる。
  • 現段階ではこの階層の反応が取り出せる”正しい質問”は、20しか見つかっていない。
  • この階層が汚染された場合は、“20の正しい質問“のうち次の質問に対し強い反応を示すと推測される。
  • 上記の文章装置に”はい”と返答する人間は存在しない。

この文章装置を使用することは許可されていません。
この文章装置を閲覧することは許可されていません。
この文章装置に返答することは許可されていません。
あなたの物理実体も大事にしてください。


承認欄

現実性濃度に関する記述の削除 rc_f1_003_011seal_wata02.jpg

セキュリティクリアランスlevel1以上かつF2以深の表象領域を持つ職員の押印が必要です。


F1表象領域に関する情報の開示を許可する。 rc_f1_003_011seal_wata01.jpg
F2表象領域に関する情報の開示を許可する。 rc_f1_003_011seal_uno.jpg

セキュリティクリアランスlevel2以上かつF3以深の表象領域を持つ職員の押印が必要です。


F3表象領域に関する情報の開示を許可する。
F3表象領域に関する情報の開示を部分的に許可する。
rc_f1_003_011seal_noone01.jpg rc_f1_003_011seal_wata02.jpg rc_f1_003_011seal_iio01.jpg
F4表象領域に関する情報の開示を部分的に許可する。 rc_f1_003_011seal_michi.jpg rc_f1_003_011seal_misaki.jpg rc_f1_003_011seal_wata01.jpg rc_f1_003_011seal_iio02.jpg

セキュリティクリアランスlevel3以上かつF4以深の表象領域を持つ職員の押印が必要です。


F5表象領域に関する情報の開示を部分的に許可する。 rc_f1_003_011seal_noone01.jpg rc_f1_003_011seal_noone01.jpg rc_f1_003_011seal_noone01.jpg rc_f1_003_011seal_wata03.jpg rc_f1_003_011seal_iio03.jpg

セキュリティクリアランスlevel4以上かつF5以深の表象領域を持つ職員の押印が必要です。


“20の正しい質問”に関する情報の開示を限定的に許可する。 rc_f1_003_011seal_o5a1.jpg rc_f1_003_011seal_o5a2.jpg rc_f1_003_011seal_o5a3.jpg rc_f1_003_011seal_062a.jpg rc_f1_003_011seal_o512.jpg
備考
“はい”と答える者があれば特別回収任務に配する。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。