思う壺
rating: +87+x
blank.png

多和田研究助手は研究室のデスクで腕を組んで唸っていた。彼の唸りは目の前の得体の知れない東洋風の壺によって生み出されていた。そこへ研究員の一人が会議を終えて帰ってきた。

「森脇さん」

森脇と呼ばれた男は多和田に歩み寄った。

「なんだ」
「この壺なんですがね」

多和田は壺を渡す。初めこそ訝しげに壺を受け取った森脇だったが、持ち前の研究者根性を働かせて壺をしばらくためつすがめつした後、物知り顔で口を開いた。

「時代のつき方からして江戸時代初期の壺っぽいな。アノマラスの倉庫から持ってきたのか」
「違います。気づいたらデスクの上に置かれていたんですよ。アノマラスの帳簿を見ても該当するものがないし、何なんだろうなって」
「誰かの悪戯じゃないか?ひとまず宮川博士に報告して…」

森脇が受話器を持ち上げようとした手を多和田は制した。森脇は当然不審に思って睨んだ。

「なんだよ」
「ここはひとまず、僕たちでこの物品の処理について考えませんか」
「なんだよ急に。ただの壺だろ」
「よく考えてみてくださいよ森脇さん。急に現れた謎の壺。妙じゃないか。僕の研究者としての勘がそう囁くんです」
「勘ねえ…」

森脇にも、そういう勘が働かなかった訳ではない。ここは極秘裏に設営された財団日本支部のサイト。そこに謎の壺が突如現れた。まだ我々に危害を加えてはいないが、このみょうちきりんな壺には異常性があるかもしれない。このまま他の人間の手に渡れば、壺の未知なる異常性が蔓延し、このサイト、ひいては日本支部全体の存続をも危うくしてしまうかもしれない。そして実務的な面では、上司の宮川博士に変な壺を研究室で発見した、というだけの半端な報告を上げるわけにもいかない。博士は忙しいのだ。

以上の事柄を勘案して森脇は多和田に言い渡した。

「よし、まずは俺たちで調べよう」

30分後。
手持ちの機材を大方動員して調べたがどうにも成果が上がらなかった。未だにこの壺の未知なる異常性を暴けないでいるのだ。先ほどの江戸のなんたらは飽くまで森脇が勝手に言っていることで客観性に欠けるし、かと言って議論がそこから進展するかと聞かれたら首を傾げざるを得ない。

森脇は痺れを切らして言った。

「佐々木を呼ぼう」

佐々木研究員の領分は非破壊検査と放射年代測定だ。それで組成が分かればよりこのアイテムの真の姿に近づけそうだと考えたのだ。

早速佐々木を呼んできたものの、彼は検査の後あっさり言った。

「よく分からない」
「分からないってなんだよ」

と森脇。
佐々木は弁解する。

「壺である事は確かだ。だが情報が少ない。考古学研究室の連中を呼ばなくては」

そして考古学研究室の連中が呼ばれたが分からず、次いで歴史学研究室の連中が呼ばれたがそれでも分からず、どんどん人が呼ばれても分からず。やがて部屋はすし詰めになったがそれでも人が呼ばれた。結果として窓が割れ棚が倒れ複数の負傷者が出た。

以下は本事案の報告書の抜粋である。

当該壺の出所について、別件にて尋問中のPOIが関与をほのめかしたため更に追及したところ、研究室に侵入し多和田研究助手の机に安置したと自供した。その異常性は軽微な認識災害によりその壺の処遇を話すという名目の下、人を一つの部屋に呼び寄せ、最終的に圧死させるという財団職員を狙い撃ちにした異常性と言える。また、この認識災害は曝露した者が他人に口頭で依頼した時点で伝播するものと考えられる。現在壺は暫定的に低脅威度物品収容ロッカー内で保管されているが、この壺の詳細な収容プロトコルの策定については、後日収容担当者、サイト管理官等を参集のうえ、協議を行うものとする。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。