オネイロイ・カードゲーム
rating: +45+x
blank.png

オネイロイ・ウエスト

接続された意識

"すべてはただの夢!"

クローラー: OWL BOT | クエリー: 謎のカード出た 何これ? | サーチ: OW SUBNET
オプションフィルタ | アンド: ONEIRIC FALLING DOWN | 設定保存: 有効



[ TOP ] [ NEW PAGE | EDIT | DIFF PAGE | HISTORY | RELOAD | RECENT CHANGES ] Last-edited: 2020-11-18 02:37:45

ONEIRIC FALLING DOWNオ ネ イ リ ッ ク ・ フ ォ ー リ ン グ ・ ダ ウ ン


NEXT: AWAKENING OF DREAMERS
BEFORE: NIGHTMARE DISCHARGE

2020年10月31日実装。5枚入り、全61種類。略号は「ONFD」。

夢界戦争編の第11弾レギュラーパックであり、パッケージイラストは《零れたる終焉マーマリー・マザー》《貪竜鯨スコロペンドラゴ・アエリアナ》《夢繰りの化身仏》が務めている。

キャッチコピーは「混沌なる意識が集いし時、夢界に終焉が訪れる! 夢現の力で崩壊を喰らい尽くせ!」

  • レギュラーパックでは初めて、ナンバー00のカードが収録されている。
    • そのため、収録カードが通常の60種類ではなく61種類となっている。
  • なお、ナンバー00として収録されている《░▓▒█▓▓▒█▓▌》は公式リスト上にも記載がなく、販売元であるDOWNER-BACKもその存在を認めていない。そのため、ユーザーからは通例的なシークレットカードの1種として扱われている他、今までの例に違わず封入率が異常に低いことで知られており、希少価値も高く、オネイロイ市場への流通も全く確認されていない。
  • 公式CMのナレーションは、現在タイアップ中のオネイロイ・ウエスト公認OnTuverであるMorphium氏が担当している。
  • このレギュラーパックから、販売価格が1.4オネイロイ夢ドルから1.5オネイロイ夢ドルへと引き上げられている。実は今までの歴史の中で、パックの価格改正が行われたのは初めてのことである。

収録カード [EDIT]

参考リンク [EDIT]


おや?


今日発売日だけどシークレットカード当たったヒトいる?
10箱開けたのに出ないんだけど・・・

+ 18件の文章が省略されています……

>>
聞くところでは、数十万枚に一枚の封入率という噂もある
どっちにしても、今までのシークレットカードに比べて厳しすぎ
>>
マジかよ……当たっても傷付けないか不安で使えないじゃん……
いや、そもそも当たるのかも怪しくなってきたけど
>>
もともと鑑賞向きの実用性ってうわさだしセーフ
>>
フリマコレクティブですら出回ってないみたいだし相当だな
下手すれば1枚当てただけで数カートン分の元取れるぞ
>>
パック買いまくってる転売夢見のおかげで他のシングルめっさ安くて美味美味
>>
空想獣民の我、高みの見物

> 偽のトレーディングカード1枚を販売した肉体者(無職26歳)を逮捕
obcworldnews-threeport.net

ついに偽造カードまで出回ってて大爆笑

+ 100件以上の文章が省略されています……

>>
5万とかOCGの中だとトンデモナイ値段だぞ
そんなんで良く買い手が付いたな
>>
未だにオネイロイ市場に流通してないせいで希少価値がエグイことになってんのね・・・
本当に当たったヤツいるのかよ もうデマだったんじゃねーかな
それか運よく転売屋じゃなくてコレクターが引き当てたか
>>
リア友が当ててたから、デマじゃないぞ
自慢されまくったから、今はミュートして遊んでるけど
>>
グギイイイイイイイイイイイイ!!!(嫉妬のオネイリック・ファイヤー)
>>
マリリリリリリリリイイイイイ!!!(憤激のオネイリック・バースト)
>>
リアルオネイロイハンター来たな・・・(ていうか百年戦争時代のネタとか古すぎない?)
>>
まじで当てたやついたのか、リア友おめでとさん
でも冗談抜きでヤバイコレクターとかから襲撃されないか不安になるな
最近、やたらマナー悪かったり、攻撃的で異常なOCGプレイヤーも多いって聞くし
>>
気付いたら自慢メッセージの連打が止まってたわ
間違いない、これは大会参加する前に逝ったなlol
>>
はようミュート解除して 喜びを分かち合ってやんな

今までにシークレットカードを手に入れたオネイロイたちが,実は何か特別な力を手に入れていたとか聞いたんだけど.そんでもって,話題のレアカードも手に入れたら最強のオネイロイパワーが手に入るとか,なんかの王様になれるとか,実は謎の組織からの裏夢大会の招待状だった,って都市伝説があるらしいのホント(?_?)
>>
ウエストでググってろ肉体持ち



やっと見つけた。



通知: 新しいダイレクトメッセージが 1件 あります。

From: オネイロイ・コレクティブ ドリームエンタテインメント事業部
To: Guest 様
Subject: キャンペーン当選のご連絡


Guest 様

いつも弊社サービスをご利用いただきましてありがとうございます。
オネイロイ・コレクティブ ドリームエンタテインメント事業部です。

今回、弊社の期間限定スペシャルキャンペーンが勝手に当選いたしましたので、お知らせのメールをいたしました。

当選の履行は現時刻をもってとなります。お楽しみに、その場でお待ちください。

引き続き、弊社をご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

https://████████████████.brain




添付のアクセスポイントへと強制的に接続しています…


どうか恐れないで。


自動診断中です。しばらくお待ちください。


Guest 様から、有害な形而上的要素は検出されませんでした。


診断作業が完了しました。アクセスポイントへの接続を許可します。
オネイロイ・コレクティブ ドリームエンタテインメント事業部へようこそ、Guest 様。




meeting_space.jpg

どうぞ、Guest 様。ご自由な席にお座りいただいた上で、モニターをご覧ください。

ようこそ、オネイロイ・コレクティブ ドリームエンタテインメント事業部へ。少々強引な手段でお越し願う形になりましたが、そこはどうかご容赦を。何も恐れる必要はありません。私どもは、貴方に危害を加えるつもりなどないのですから。ふむ、"消息不明になる"? "身体を混合物に改変される"? いえいえ、弊社はそのような反社会的活動は行っておりません。ですので、リラックスした状態で、席に深々と腰掛けていただければ何より。

おや? どうやら、言葉が喉に詰っていらっしゃるご様子。ですが、言わんとされていることは概ね理解しています。"なぜ、自分が連れてこられたのか"。そこが大いに気になっていらっしゃることでしょう。

掻い摘んで説明すれば、先ほど貴方が"非常にレアなカードを当てられた"から、というのがそもそもの理由です。おっと、 キョトンとされていますね。では、しばらくは受け応えも困難かと思いますので、弊社とオネイロイ・カードゲーム — 毎度正式名称を言うのは長ったらしいですし、以降はOCGと略称を用いましょうか — の関係についてお話していきましょう。

今では社外で知る者もほぼ居なくなりましたが、元々OCGとは、弊社ドリームエンタテインメント事業部にて開発・販売展開されていた商品でした。しかしながら、当時の事業展開時はコチラ側での夢界特許対策・整備に手が回り切らず、突然としてOCGの独占販売権を掛けた競合他社との裁判が巻き起こります。そしてその結果、OCGに関する弊社のあらゆる権利は、名も無き第三者の手に易々と奪われてしまうこととなりました。

これだけで終わっていれば、悔し涙を滲ませつつも、次の商品展開への高い勉強代と受け流すこともできたでしょう。しかし、本当の問題はこれからです。新たに販売され始めたカードには、看過し難いある特徴がありました。

貴方も、都市伝説で聞いたことくらいはあるでしょう。異常アノマリーを収容・研究するコレクティブの噂を。仮に、この集団を"FC"としましょう。手段は不明ですが、新たなカードは、そのFCデータベース上の報告書に記録されたアノマリー群をモチーフとしていたのです。(この情報漏洩は、通称"W"なる人物の仕業では、とも噂されましたが定かではありません)

そしてあろうことか、一部のレアカードはモチーフとなったアノマリーに由来する異常性質を、部分的に獲得しているという事実まで判明したのです。それらは"アノマリー・カード"と別称され、所有者となったオネイロイへと多様で異常な影響を与えます。この事態のおかげで、弊社はFCから痛くない腹を探られる羽目になりました。そして — 詳細にお話しはできませんが — 彼らの報告書がどのような形であれ夢界へと漏洩するのは、弊社としても快い状況ではありません。

ええ、無論ですが、アノマリー・カードの回収計画を、FCとの共同作戦として実施した経歴もあります。しかしながら作戦実施の結果、まるで"古いお約束事"のように、なんと所有者からカードを奪い取るには、そのオネイロイと"カードゲームで戦って勝つ"他ないという、あまりにも衝撃的で古典的な事実が発覚することとなった次第です。(よもや、犯人の趣味でしょうか?)

さて、ここからが本題です。なぜレアカードを当てた貴方を、弊社オフィスに招待したのか。その理由がこれです。


oneiroi_battle_coliseum.jpg

Augmented_Dream_Vision の更新に成功しました。

失礼、少々部屋の模様替えをさせていただきました。話を続けましょう。

まず私どもは対抗策として、カードパックに"弊社製のアンチ・カードを混入させる"という手段を講じました。そう、貴方が手に入れた"シークレットカード"として一般認識されているそのカードも、その内の1枚です。それらはアノマリー・カードに匹敵する強力な性質と性能を有していますが、同時に周囲や所有者への未知なる異常性も持ち合わせています。

そのため、未知なる力に下ることなく制御可能な者、つまりはある種の素養ある良き精神性のオネイロイの手元にのみカードが行き着くよう、パックやカード自体にも特別な仕掛けを施す必要がありました。

もうお分かりいただけたでしょう。カードに選ばれし貴方には、弊社及びFCの収容ミッションに協力して頂きたいのです。 — 具体的に説明するならば、貴方は手に入れたアンチ・カードを使い、アノマリー・カードに汚染されたオネイロイたちを倒して、所有カードを回収して周る任務に就くことになるでしょう。無論、その活動に応じた報酬はお支払いいたします。

そして、戦いの舞台は既に用意されています。それがここ、"オネイロイ・バトル・コロシアム"。

今から1ヶ月後、オネイロイ・ウエスト全域から参加者を募ったOCGトーナメントが開催されるよう、弊社とFCによる裏工作を行いました。このトーナメントには、アノマリー・カードの所有者であるオネイロイが大勢出場します。そこで貴方のような選ばれし"アノマリー・ハンター"が秘密裏にトーナメントへと参加し、戦いを通してアノマリー・カードの回収を行うのです。

おや? ポカンとされていらっしゃるようですが。ふむ、突然のことで戸惑っていらっしゃるのでしょう。ええ、無理もありませんね。ですがご安心を。弊社としましても、強引にでも参加させよう、などとは考えておりません。次、あるいはその次、もしくはその次の次に貴方が眠りに就いた時、お答えいただければ構いませんので。

では、そろそろ出口へとご案内しましょう。間もなく目が覚める頃合いでしょうから。



おっと、そういえば言い忘れておりました。 起きなさい、遅刻するよ! 貴方が手に入れたアンチ・カード、実は特別な仕様がありまして。

一見すれば、単なる白紙のエラーカード。ですが、なんと戦いの際中、所有者に見合ったカードへと覚醒する仕様となっているのです。 今日はアンタが朝食当番だったでしょ! ええ、肉体持ちの方は"こういうの好きだ"と、ある情報筋からのリサーチで知りまして。

起きろ! おや、今のは揺れましたね。足蹴で済んでいるうちに、そろそろ起きられた方が賢明かと。

では、またのご愛顧を、弊社主催トーナメントへのご参加を、心よりお待ちしておりますので。やっと起きた。もう、先に出てるからね。後、なんか白紙のカードみたいなのが枕元から落ちたけど、何それ?

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。