オオサンショウウオ計画, 2006
rating: +15+x

目的: 帝国の天然カッパ個体のかなりの割合が失踪しているため、IJAMEAは水域生態系の自然秩序を維持し、国家の超自然的な完全性を保全するために、代替の妖怪1 を合成することが必要であると考えている。

オオサンショウウオ計画における重要目標は以下の通りである。

  • IJAMEAの遺伝子配合能力の有効性と効率性を測定する。
  • 妨害的で頑迷な天然実体の代替としての人工の妖怪やカミの可能性を探る。
  • カッパの生態的ニッチを満たす交換可能な一連の水生生物を作成する。

合成された生物を野生に導入し、そのような運動が必要とされなくなるまでその活動を監視する。本国での活動が困難であるため、成果が日本に輸入できるようになるまで、オオサンショウウオ計画は青海省師団に委託される。

オオサンショウウオ計画は多くの点でカエル計画の精神的後継である。カエル計画とは、より従順で柔軟性のある個体群を作り妖怪大隊で使用するために、人間的種族と非人間的種族との選択的な交配によって、在来のカッパの個体群の家畜化を試みた1942年の計画である。そのような試みは大部分が失敗に終わり、カッパは本質的に戦争には向いていないと判断された。3つの前哨地は1999年に河童が姿を消すまで、重労働をさせる動物として使い続けた。これらの実験で得られた未発達の胚や発生に失敗した胚は、1945年に破壊されるまで、エトロフ前哨地で氷の中に保管されていた。

資産: この対象の範囲のため、多くの物質的・超自然的な資産が計画には必要とされ、以下のようなものが含まれている。

  • オオサンショウウオ科のサンショウウオの繁殖させた個体群。
  • 数百人以上の志願者と徴集兵。
  • 計画のための実験室を整備するために必要な資金・資材。
  • 比較研究のためのカッパの生きた検体と保存された標本数点(ヒャルガス湖から供給されるもの)。
  • 飛騨山脈の人々の肉を作る魔法について具体的に書かれた現存する文献。

結果: 2012年現在、オオサンショウウオ計画は順調に進んでおり、3年以内に最適な段階に到達すると予測されている。序盤の結果は成功を期待できるものであった。現在の試作個体である新・カッパ2Homo sapiensAndrias davidianus3を主要素とする交配種の動物で、長期的生存に極めて重要であることが実証されているいくらかの遺伝因子をカッパ標本から移植している。

初期の実験は、主に移植とヒトの遺伝子組み換えで構成されていたが、哺乳類と両生類の生体構造に根本的な違いがあるため、残念ながらこのような実験は失敗に終わることが多く、実験室の外では長期間生存することができない弱く病弱な生物が生まれた。自然環境に多数のプロトタイプの個体が放流され、その結果、未知の実体に拉致され行方不明とされている1体を除いて全て死亡した。

第一次実験の失敗を受けて、青海省師団は異種生物をより効果的に結合させるために、肉の生成の儀式の使用に取り掛かった。初期の試みの結果、4人の兵士、220匹のサンショウウオ、そしてIJAMEAが所有する最古のカッパの生きた標本の不慮の死をもたらした後、この手段は放棄された。IJAMEAの計画は、最終的に使用するのに安全であると判断できるまでは、そのような方法を取り入れるべきではないと決められている(日本や日本国民に対する直接的な脅威があるなどの緊急事態にはこの禁則は適用されない)。

最も最近の実験では、遺伝的な基礎に立ち返った。IJAMEAの科学者たちはまずAndreas japonicas4種のサンショウウオの亜種を、遺伝物質の重要な部分を多く取り込んで作成し、12世代にわたって同一の表現型5を発現させた。その後、制御された生殖プログラムを介して、その個体のDNAの小部分は、開発の様々な段階に生体内で人間の胎児に組み込まれた。最高の成果は、これが胚盤胞構造の形成中に実施されたときにもたらされ、確実な繁殖力のある個体群を生み出した。

現在の新・カッパの個体群は飼育下で成長しており、年内には性成熟期を迎えると予想されている。最終的な生存性についてのデータが得られたら、青海湖に移して観察し、飼育下以外での生存のためにさらなる加工が必要かどうかを判断する。

観察で認められれば、青海からウラジオストクまで空輸し、北海道へ密輸船に積み込み、そこから小規模な繁殖個体群をカッパの歴史的な生息域に放流することになる。

羽島前哨地、イトウ将軍の机にて書す。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。