終曲:終点
rating: +7+x

彼女は鏡で見てその日の服装を確認した。灰色のクローシュ、飾り気の無い灰色のドレススーツ、仕立ての良い白のシャツ、堅苦しく結ばれた黒のスカーフ、ぴちぴちのガロット。彼女は結び目を僅かに緩め、ぼんやりと思った、「いっつも黒。緑やネイビーや赤のなんてしたことない。はぁ。」と。

彼女は動きを止め、少しの間集中した。スカーフが金の糸で青みがかった深紫色に変わり、奇妙で隠されたデザインを巧妙に仄めかしている。「その方がいいわね。仕事に行くわ。」

最後に彼女はスカートを整え、ニヤリと笑い、誰もいない部屋にお辞儀をした。Nobodyは出入口を通り抜け、そこには何者もいなかった。


I'm nobody! Who are you?
(私は何者でもない!あなたはだぁれ?)
Are you nobody, too?
(あなたも何者でもないさん?)
Then there's a pair of us
(じゃあ私たちはおんなじね)
Don't tell—they'd banish us, you know.
(しゃべっちゃダメ!追い出されちゃう!)

-I'm Nobody! Who are you?, by Emily Dickinson, 1891

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。