危機の前触れ︰財団の衰退と崩壊
rating: +7+x

過去のことは生存者によって紡がれる。

私の名前はジェイコブ・コンウェルだ。それから、説明しようとしている出来事の殆どを私は経験していない。私はその一部に居合わせ、幾人かの主要な人を知っているが、唯一あった本当の役割は危機に関する資料を可能な限り収集したことだった。

私はそれを多くの量にまとめ、その期間で注目すべき動きを取り上げた。停滞、ひび割れ、指令書、4名の管理者の時代、混乱、そして再生を。

あとから説明しない箇所以外は、順番はバラバラだ。我々にとって重要なことは、それを生き延び、そして死んだ人々と同じ順序でイベントを体験することだ。

我々は、アワードーンの裏切り、クレーターの恐怖、または北米の砂漠化を経験したことはなかっただろう。無限の不確実性と絶望。望み。私は再びリストにし始めている。

ここでの全ての死は悲劇だ。他の者達もそうだった。沢山の著名な人物がかつてはここにいた。どれだけ失ったのだろうか、我々には忘れることなどできない。絶対に忘れないだろう。

Jacob Conwell
Archivist
April 12th, 2021
ジェイコブ・コンウェル
アーキビスト
2021年4月12日


O5評議会は財団に先駆けて設立された機関であり、財団の初期から秘密裏で運営されていた。会員の地位は厳重に守られた秘密で、部屋と彼らの赤い右手に与えられている。

意のままに命令する、特異なほどの権力を持つチェスマスターはさまざまに見られる。不死の評議会に座っている有名な家系からの老いてよぼよぼな官僚。宇宙の秘密を互いに囁いている。おそらく最高の人々が歴史のページから、過去と未来のすべての人の運命が交渉用の部屋へ追われた。再び決めることができるのか?

O5評議会は決して我々を救うつもりはなかった。彼らだけができた。

この微細な狂気の調整をする科学者たち。彼らは見たことのないベールのために戦い、命を捧げる。スクラントン現実錨、エニグマグラフ、ヒュームの発見など、科学史上最大の革新の創造者。それらの革新がなければ財団は歴史のゴミ箱に追いやられていただろうな。

目の届かない場所に潜入するエージェント達は、対象を生かしたまま虐殺することかできる肉挽き器のようなものだ。彼らの命だけでなく、魂と尊厳を犠牲にして地獄への戦いを勝ち取るために、彼らは血を代償にし、誰も持ち得ない権利を獲得した。

財団は、不死の薬と地球外生命体の汚染された知識から無辜の人々を保護するアイデアなのか?

財団は全能でも不死身でもなかったのか?

どのグループも、任務を永続的に維持するための最良の、最も優秀な人材の魔法の集まりではない。それは組織であり、他のすべてと同様にその成功は保証されていない。

変化は内側から生じる。発達の増加や腐敗による空洞化は目に見えることはない。

壁が崩れ落ち始めるまでは。だが、その時にはもう手遅れだ。

1.1 - Mann and Severus and West Virginia all over.
1.2 - [機密]
1.3 - [機密]
1.4 - [機密]
1.5 - [機密]
1.6 - [機密]
1.7 - [機密]
1.8 - [機密]
1.9 - [機密]
1.10 - [機密]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。