企画案2014-234: “型通りの屋外物品”
rating: +12+x

タイトル: Outdoor Object of Ordinance / 型通りの屋外物品

必要素材:

  • 長さ7フィートの公園用ベンチ 1脚

要旨: 型通りの屋外物品は1脚の公園用ベンチである。初対面の人々が最大3人まで、長い付き合いのある人々ならば最大5人まで快適に着席できるという観点において、完全な機能性を備えている。1人の人物がベンチの表面に横向きの、または仰向けの体勢で快適に平臥することもできる。型通りの屋外物品は他の物品を配置する表面の役割を果たす場合もあるが、ベンチの隙間よりも小さい、またはほぼ同じ大きさの物品は注意深く取り扱わなければ地面に落ちる可能性がある。

本来の意図に合わせて、この作品は公園に展示し、一般の人々が自由に見学・使用できるようにするべきである。

意図: 私はインスピレーションを求める中で、私にとっての偶像たち、専門家たち、そして少なからぬ数の同僚たちが制作した、現代アートの最も型破りな手段による目覚ましくも卓越した作品を幾つも見届けてきた。私は彼らの創造物に驚嘆し、一体どうすれば彼らの段階まで辿り着けるだろうと考えを巡らせる。斯くも危険で、物議を醸し、勇猛果敢なまでに超現実的な作品たちを超えるには、より危険で、より物議を醸し、より超現実的な作品を作るしかない。

ある月曜日の午後、私は腰を下ろして、全ての思考や発想をスケッチブックに流し込もうと無益に試みた。人類が最初に書き留めた歌に合わせてソビエトの秘密を暗唱するヨシフ・スターリンの頭部の実寸大レプリカ。実際の飢饉を伴なうレ・ミゼラブルの学芸会。ミツバチ版の北朝鮮。どれも満足のいくものではなかった。座っていた席から立ち上がった時、ふと閃いた。

このムーブメントの全ては、ごく型通りの物で破壊できるはずだ。私は異常の中における異常を作ることにした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。