汎スラヴ抵抗運動(PSW) - ハブ
rating: +9+x
blank.png

汎スラヴ抵抗運動(PSW) - ハブ

PSW-Logo.png

PSWの旗

汎スラヴ抵抗運動は分離主義的汎スラヴ主義1からなるペイガニズム的地下組織である。この団体はSKP宇宙に属するものであり、大ドイツ帝国に敵対的な態度を取っている。

ドイツによる欧州併合及びスラヴ問題関連の人種法改正に対抗し、1950年代にスラヴ諸国最後のレジスタンス軍がヴィシェグラードに集結した。必然的にこの会議はスラヴ抵抗組織の統一につながった。

大ドイツ帝国(GDR)によるSKPの継続的使用は、汎スラヴ抵抗運動にスラヴ地域の超常的オブジェクトを探す捜索隊を結成させるに至った。調査の結果、スラヴを起源とするスラヴのパラノーマリーが発見された。汎スラヴ抵抗運動はスラヴのパラノーマリーの力を借りて地下から進出を始め、極秘で大ドイツ帝国に対する行動を起こした。スラヴのパラノーマリーにより記録された成功のため、ロディズム2が抵抗運動の構成員間で普及し、不可欠な教義へと発展していった。

抵抗運動の指導陣は一方でスラヴ人、とりわけ高貴なスラヴ人3の保護、他方ではドイツの支配からスラヴ地域を解放するために何世代にも渡るスラヴ蜂起の準備をしていた。だが終わりなき自由への闘争はPSWを過激化させた。彼らはロディズムを認めないスラヴ人ですらも敵対的な高貴なスラヴ人と見なし、全てのドイツ人を殺そうとし、自棄になるとスラヴの悪魔崇拝すら用いた。大ドイツ帝国に行き渡っている監視装置により、大ドイツ当局は汎スラヴ抵抗運動の存在を認知している。そのため、PSWはテロ組織に分類され、見えざる戦争の最中にあらゆる手段を用いて追跡されている。

スラヴ人へのさらなる報復措置を回避するため、汎スラヴ抵抗運動はその活動を悲劇的事故に偽装するか、他の団体の活動に結びつけている。故に抵抗運動は管理されたセルの形式で組織され、仲介者を通じて指示を受け取っているが、1名あるいは極少数の仲介者としか接触しない。そのため仲介者が捕らえられた場合は-仮に彼がそれが誰か把握していたとしても-その連絡先のみが公開される。よって抵抗運動勢力は大抵偽名を用いている。さらにパラノ―マリー捜索部隊と即時介入部隊も結成されている。その指揮権は"レトラ"が有しており、その指揮官が何名存在しているのかは不明である。


PSWに関連する記事:

パラノーマリー

Tale


  • PSWに関連する全記事にはpswのタグが付与されています。
  • このハブで取り扱われなかった問題は解釈される必要があります。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。