千葉県浦安市で[ハハッ]が児童を襲撃
rating: +42+x
blank.png

速報

千葉県浦安市で[ハハッ]が児童を襲撃

公開日 2020年8月9日16:30

%E5%85%AC%E5%9C%921.jpg
事件現場になった児童公園

2020年8月9日11:00頃、千葉県浦安市の児童公園に[ハハッ]を自称する着ぐるみ型異常実体が出現し、児童を襲撃する事件が発生した。遊具が破壊されるなどの被害が発生したものの、児童は無事だった。

目撃者の証言によると、実体は公園で遊んでいた児童に「僕、[ハハッ]、よろしくね」などと話しかけた。児童が「どうせ中に人が入っているんだろう」と取り合わずにいたところ、実体は次第に興奮し始め、最終的には両手から鋭利な爪を伸ばして暴れ始めた。

その後、通報で駆けつけた財団の機動部隊によって、話を合わせれば沈静化するという性質が判明し、実体は無事確保された。現在、財団のサイト-81KAに収容されており、傷害未遂、器物損壊の疑いで取り調べを受けている。実体は犯行の動機として「夢を見れないさびしそうな人がいたら、ずっといっしょにいてあげるんだ!」と答えるなど、支離滅裂な言動を繰り返しているという。

実体は3年前のTDL事故以来、浦安市内に断続的に出現しているD実体の一種である可能性が高い。ただし、モデルである[ハハッ]とかけ離れた性質など、これまでの実体とは異なる点も見られる。その原因を、財団の土橋博士(専門・理論現実学)は「3年という時間経過によって、現象が"劣化"しているためではないか」と推測している。

千葉県警超常事案課は「不審なディズニーキャラクターを見かけた場合、近付かずに警察に通報して欲しい」と呼びかけている。


財団は語る

%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AC%E3%83%A9%E5%9F%8E1.jpg
事故前の東京ディズニーリゾート

「TDL事故の本質は、現実とフィクションの滑稽な逆転」と土橋博士は語る。

2017年12月17日に発生した東京現実崩壊性広域災害(通称 東京事変)は都内のみならず、周辺他県にも少なくない被害をもたらした。その一つが東京ディズニーリゾート異常空間化事故、通称TDL事故だ。同日10:30時頃、東京ディズニーリゾート内のアトラクション施設が突如異常空間に変質し、1万人以上の来場者が登場人物と化して取り込まれた。アトラクションにはプロメテウス・ラボ社が提供した現実改変技術が多数用いられており、これが被害を悪化させた可能性もある。

東京事変によるリソース不足、 ウォルト・ディズニー・カンパニー社とプロメテウス・ラボ社の係争などの要因が重なり、全来場者の救助には丸2年を要した。最も救助が難航したタワー・オブ・テラーに取り込まれていた来場者の中には、未だに「邪神の彫像に呪われている」などの妄想を抱える人々もいる。

また、事故以来、浦安市内にディズニーキャラクターの外見をした異常実体(通称 D実体)が出現する事例が相次いだ。これはフィクションに取り込まれた来場者に"押し出される"形で、フィクションのキャラクターが現実化する現象であり、正確にはTDL事故は両現象の総称を指す。D実体の多くは社会適応性に乏しく、熊のぬいぐるみによる蜂蜜盗難、トランプの兵士による落書き、雪の女王によるコンサート会場凍結など、浦安市内で様々なトラブルを引き起こした。

現在も東京ディズニーリゾートは現実性が不安定であり、営業再開は困難と見られる。ウォルト・ディズニー・カンパニー社は新たなパークとして東京ディズニースカイの建造を計画しているが、運営担当のオリエンタルランド社は「D実体などの諸問題が解決しなければ、浦安市民の理解を得られない」と難色を示している。

「東京事変の影に隠れがちだが、TDL事故は現実改変技術の安易な利用の危険性を示す好例」と土橋博士は警鐘を鳴らす。「夢は必ず実現できる」とは、ウォルト・ディズニーの名言だが、それは必ずしも夢の物質化を意味しない。夢は子供の脳内に留めておいてこそ、その純粋さを保てるという側面もある。くれぐれも[ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハッ]の夢を、大人の欲望で金メッキの張りぼてにして欲しくはないものだ。

お詫び

購読者の皆様より、記事の一部が正常に表示されないというお声を頂いております。調査の結果、ウォルト・ディズニー・カンパニー社の超常法務部が用いている著作権保護魔法が原因と判明しました。現在、当社の記事に著作権侵害の意図はない旨を、先方に説明中です。購読者の皆様にはご迷惑をお掛けしますが、記事が正常に表示されるまで今しばらくお待ち下さい。


関連キーワード 傷害未遂 器物損壊 [ハハッ、またね!] TDL事故 東京事変


ピックアップ
政府 未だ収束の目処立たない東京事変を受け新都心構想発足
夏鳥思想連盟がヘイトスピーチ 東京事変は異常存在の陰謀
東京立ち入り禁止区域で謎の歌声

新着 国内
財団日本支部 就職説明会開催
東京立ち入り禁止区域の調査開始
東京湾内で異常なサメの発見相次ぐ

新着 海外
スリーポートランド 東京からの移民の受け入れ強化
ディア大学と聖クリスティーナ学園 交換留学生制度開始
世界オカルト連合 抗ディズニー部門設立

経済
プロメテウス・ラボ社 日本市場から撤退
アンダーソン・ロボティクス社 経営難の東弊重工社と業務提携
仏リュミエール銀行 日本政府へ巨額融資

アクセスランキング
群馬の地価高騰 新都心構想の影響か
後醍醐姉弟 全国ライブツアー開始
アド・アストラ・ペル・アスペラ 新作試写会


信濃中央新聞社関連企業
信濃中央新聞社について
信濃中央新聞電子版について


お問い合わせ | サイトマップ | 個人情報のお取扱 | 特定個人情報保護方針 | サイト利用に際して | アクセシビリティ

No reproduction or republication without written permission/CC BY-SA 3.0

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。